ページの先頭です
メニューの終端です。

市民文化賞を贈呈しました

[2018年5月2日]

ID:4440

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

関西創価小学校及び児童に市民文化賞を贈呈

枚方市では、全国規模の大会やコンクールで最優秀の成績を収められた個人や団体に対して市民文化賞を贈呈しています。

この度、関西創価小学校は、昨年度に実施された第61回全国書きぞめ作品展覧会の小学生団体の部で、5年連続11回目の全国優勝に輝かれ、また、馬場萌亜さんは小学校個人の部で全国1位に相当する文部科学大臣賞を受賞されました。全国書きぞめ作品展覧会は、今年で61回目を迎える歴史ある展覧会で、全国から約17,000点もの応募作品がある中、団体の部においても個人の部においても、見事、日本一に輝きました。

この功績をたたえ、関西創価小学校代表として出席された羽川明日菜さん、文部科学大臣賞受賞の馬場萌亜さんに市民文化賞を贈呈しました。

shoujou

左から羽川明日菜さん、伏見市長、馬場萌亜さん

市民文化賞贈呈後、馬場萌亜さんは、「努力は嘘をつかないということを心から実感したので、この受賞を力にもっと強くたくましく、誇りをもって成長していきたい。」、学校代表の羽川明日菜さんは、「毎日練習すると上手く書ける回数が増え、前より習字が好きになった。これからも努力して、もっと上手くかけるように練習したい。」とコメントしました。


贈呈式では、馬場さんと羽川さんが受賞した際の作品を披露してくださいました。

sakuhin

第61回全国書きぞめ展覧会受賞作品の披露


市民文化賞を贈呈しましたへの別ルート