ページの先頭です
メニューの終端です。

救援物資としてダンボール間仕切りとダンボール畳を送付しました

[2011年4月4日]

ID:4271

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東日本大震災枚方市支援本部は、岩手県宮古市への救援物資として、平成23年4月1日、ダンボール製の簡易間仕切りと約2畳分のダンボール畳を送付し、4月2日到着しました。「私たちは被災されたみなさんを応援しています。大阪府枚方市」のメッセージを添えて、それぞれ200セット(合計360万円相当)を送付したもので、4月11日から始まる宮古市市民総合体育館への避難者の受け入れに先立ち、床板の硬さを和らげるダンボール畳とプライバシーを確保するダンボール間仕切りを設置し、避難所生活のストレスを緩和しようとするものです。

宮古市市民総合体育館へ救援物資を運び込む様子
ダンボール間仕切りと畳を組み合わせることで面積2メートル四方・高さ90センチメートルの独立スペースを確保できます。