ページの先頭です
メニューの終端です。

東日本大震災による枚方市内への避難者を招いて交流会を開催

[2012年1月17日]

ID:4256

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

枚方市は東日本大震災による市内への避難者を招いて、平成24年1月15日に枚方市民会館で交流会を開催しました。

マジックを楽しむ市内避難者ら

この交流会は昨年5月に引き続き開催したもので、11世帯34人が参加しました。参加者は被災時の状況や現在の心境を語り合い、料理研究サークル「くらわん会」が作った昼食を食べながら、「マジック・くらわんか」によるマジックや「Teatro姐」による人形劇、「人形劇屋 de・コッペ」による腹話術を楽しみました。その後、参加者は大阪弁護士会による法律相談を受けたり、「モンステラの手」が行うアロマテラピーコーナーのマッサージでリラックスしました。交流会の最後には、枚方市農業研究会がJA北河内から提供を受けたブランド米、市職員や市社会福祉協議会、化粧品・作業着関係企業などから集まった生活用品の提供を行いました。