ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方市民からの義援金と市寄附金合わせて約9500万円を岩手・宮城・福島県に送金

[2011年4月20日]

ID:3822

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東日本大震災枚方市支援本部は、平成23年4月20日に、枚方市民からの義援金5623万5千円と市寄附金3900万円を岩手県・宮城県・福島県の3県に等分して送金しました。市民からの義援金は、募金箱を設置した3月14日から4月15日までの約1か月で集まったもので、被災者の生活支援に充てることができます。市寄附金は、行政が行うべき公共施設の復旧などに活用できるものです。
送金するにあたって、同日、竹内脩枚方市長が岩手県大阪事務所(大阪駅前第1ビル内)を訪れ、同事務所長と同席した宮城県大阪事務所長、福島県大阪事務所長に直接目録を手渡しました。各県の皆さんの「ありがとうございます。皆さんからの温かい支援に心から感謝します」というお礼の言葉に、竹内市長は「大変だと思いますが頑張ってください。枚方市は、被災者の方を受け入れる準備をしています。いつでも安心してお越しください」と話しました。

温かい善意とご協力に改めて御礼申し上げます

このたびは、市民の皆さんから多額の義援金の募金にご協力いただき、本当にありがとうございました。
今後も引き続き義援金の募金箱を設置していくとともに、市民の皆さんからの復興支援寄附金も募っておりますので、温かい善意とご協力をよろしくお願いします。

岩手県大阪事務所を訪問した竹内脩枚方市長ら