ページの先頭です
メニューの終端です。

準防火地域が拡大しました(平成23年7月1日から)

[2011年10月1日]

ID:2619

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

準防火地域の指定拡大について

平成23年7月1日から準防火地域が拡大しました!

指定拡大の考え方

防火地域・準防火地域は、市街地における火災の延焼拡大を抑制し、都市の不燃化を図るため定める地域です。枚方市では地震などの災害の際に倒壊や延焼の危険性が高い木造建築物などが多く立地する市街地を準防火地域として平成23年7月1日より指定拡大いたしました。くわしくは関連情報をご覧ください。

指定拡大の範囲

平成23年6月30日までは枚方市では、商業地域に防火地域、近隣商業地域に準防火地域(一部防火地域)の指定をしていました。
平成23年7月1日より、建ぺい率が60%となる用途地域の中で木造建築物や住宅が多く立地する用途地域(第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域、一部を除く準工業地域)を準防火地域に指定しました。

建築物の構造

準防火地域内の建築物は、建築基準法第62条の規定により構造に制限がかかります。新築の際だけでなく、増築などをされる場合にも、制限がかかる場合があります。(「準防火地域の指定拡大のおしらせ」参照)
また、増改築の場合小規模でも建築確認申請が必要となりますので、ご注意ください。

関連情報