ページの先頭です
メニューの終端です。

脳脊髄液減少症に関する情報

[2014年11月21日]

ID:2350

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

脳脊髄液減少症とは

交通事故やスポーツ外傷、転倒転落など、体に衝撃を受けたことが原因で脊髄硬膜から脳脊髄液が漏れ出し減少することにより、さまざまな症状を引き起こす病気とされています。
現在、国において、脳脊髄液減少症の診断や治療の確立に関する研究がすすめられています。

主な症状

  • 頭痛、首の痛み
  • めまい、吐き気、倦怠感
  • 目の奥の痛み、視力障害
  • 集中力、思考力、記憶力の低下

など

関連情報リンク

大阪府や国では、「脳脊髄液減少症」についての情報提供を行っています。ご参照ください。