ページの先頭です
メニューの終端です。

人・農地プラン(地域農業マスタープラン)について

[2014年8月28日]

ID:1160

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

人と農地の問題

高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など、農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。

地域の皆さんで話し合いを行い、地域の中心となる担い手、中心となる担い手への農地集積、地域農業のあり方といった地域が抱える人と農地の問題を解決するために「未来の設計図」を作成し、実行していくことによって「人と農地の問題」を解決しましょう。

地域の農業者や農地の所有者、就農を考えている方など、プランの作成や農地の集積を応援します。

地域における話し合いにより

  • 今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)はどこか
  • 中心となる経営体へどうやって農地を集めるのか
  • 中心となる経営体とそれ以外の農業者(兼業農家、自給的農家)を含めた地域農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化)

などを決めていただきます。

詳細につきましては、下記のパンフレットをご参照ください。

人・農地プランのメリット

人・農地プランに位置づけられると

  • 青年就農給付金(経営開始型)※準備方(研修中)は、人・農地プランと関係なく給付します。
  • 経営所得安定対策の産地交付金の人・農地プラン加算
  • スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者)

といった支援を受けることができます。(ただし各種要件があります)

詳細につきましては、農林水産省のホームページをご覧ください。

関連リンク


人・農地プラン(地域農業マスタープラン)についてへの別ルート