ページの先頭です

住んでくれるなら、マイカタでもいい

四季のイベント

[2017年8月1日]

ID:14132

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

四季折々のイベントや花の見どころを紹介

お花見を楽しむ親子

平安時代、枚方は桜の名所として在原業平の歌にも詠まれました。市内には桜を楽しめるスポットが数多くあり、お花見に訪れる人でにぎわいます。

枚方・百済フェスティバル

枚方・百済フェスティバルの様子

朝鮮半島との交流の歴史が残る国の特別史跡・百済寺跡の魅力を知ってもらおうと、古代をイメージした衣装をまとった市民がチャング(太鼓)をたたきながらにぎやかに行進します。

花しょうぶ

花菖蒲園の様子

市のほぼ中央に位置する山田池公園の花しょうぶ園には約140種1万株以上が咲き誇り、大阪府内有数の名所として多くの人でにぎわいます。

枚方まつり

仮装パレードの様子

夏を彩る枚方最大級のイベント。2日間にわたって枚方市駅周辺で開催され、約10万人が訪れます。

街道菊花祭

ひらかたパークの大菊人形展で全国的に知られた枚方の菊。現在は10月~11月に市民による2000鉢以上の菊や菊人形が枚方市駅周辺や歴史街道を彩り、秋の枚方は菊一色に染まります。

ふとん太鼓

ふとん太鼓の様子

五穀豊穣を願い約300年前に始まったといわれる伝統行事。「エラサッサー」の掛け声とともに、あふれんばかりの熱気で4町のみこしが枚方宿地区周辺を練り歩きます。

平和の燈火(あかり)

キャンドルを見る親子

毎年3月には、多くの市民の平和への願いを込めたキャンドルを灯し恒久平和を誓う「平和の燈火」をはじめ、さまざまな平和事業を実施しています。

新春走ろうかい

走る小学生

成人の日に約5000人が淀川べりを駆け抜ける恒例のマラソン大会。新成人が晴れ着姿で走るイベントもおなじみです。