ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・医療・福祉 > 医療 > 医療費助成 > 障害福祉室のページ-医療費
トップページ > 分類でさがす > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 障害者 > 障害福祉室のページ-医療費

障害福祉室のページ-医療費

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

障害者の医療費

障害者(児)医療費の助成自立支援医療(育成医療、更生医療、精神通院医療)障害者(児)歯科診療老人医療(一部負担金相当額等一部助成)重度障害者(児)訪問看護基本料の助成後期高齢者医療制度

1.障害者(児)医療費の助成

対象者

  1. 身体障害者手帳1級・2級の方
  2. 療育手帳Aの方
  3. 身体障害者手帳の所持者で、かつ療育手帳B1の方

 上記1~3のいずれかに該当し、健康保険に加入していること
 なお、前年の所得が基準額を超える方には助成できませんので、注意してください。

【窓口】医療助成課

障害者(児)医療費助成についての詳細はこちらをクリック

このページの先頭へ 障害福祉室のトップページへ

2.自立支援医療(育成医療、更生医療、精神通院医療)

 自立支援医療は、心身の障害を除去・軽減するために自立支援医療の指定医療機関で受ける医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担制度です。 
 医療保険が適用される医療費のうち9割までを健康保険やその他の制度を組み合わせて公費で支払われ、残りの1割が自己負担になります。ただし、世帯の所得状況や疾病等に応じて一ヶ月あたりの自己負担上限額が設定されます。
 また、受診者の世帯の市町村民税額に応じて対象外となる場合があります。

育成医療

 身体上に障害を有する、またはそのまま放置しておくと将来障害を残すとみられる児童(18歳未満)で、育成医療の指定を受けている医療機関において、その障害を除去・軽減する手術等の治療によって確実な治療効果が期待できる場合に医療費を助成します。

育成医療の詳細はこちらをクリック

 【窓口】 障害福祉室

このページの先頭へ 障害福祉室のトップページへ

更生医療

 身体障害者手帳をお持ちの方(18歳以上)で、更生医療の指定を受けている医療機関において、その障害を除去・軽減する手術等の治療によって確実な治療効果が期待できる場合に医療費を助成します。

更生医療の詳細はこちらをクリック

【窓口】 障害福祉室

このページの先頭へ 障害福祉室のトップページへ

精神通院医療

 精神疾患(てんかんを含む)を有し、通院による精神医療を継続的に必要とする方で、精神通院医療の指定を受けている医療機関において治療を受ける場合に医療費を助成します。

精神通院医療の詳細はこちらをクリック

このページの先頭へ 障害福祉室のトップページへ

3.障害者(児)歯科診療

対象者

 近隣の歯科診療所で治療が困難な障害者(児)(受診の場合は電話予約が必要)

医療機関

  1. 枚方休日歯科急病診療所(枚方市立保健センター内)
    枚方市禁野本町2-13-13、電話072-848-0841 Fax072-848-0841
    毎週木曜日13時~17時
  2. 枚方療育園
    枚方市津田東町2-1-1、電話072-858-0373 Fax072-858-9521
    月曜日~金曜日 10時~16時

このページの先頭へ 障害福祉室のトップページへ

4.老人医療(一部負担金相当額等一部助成

老人医療(部負担金相当額等一部助成)

 65歳以上で、規定の障害等の認定を受けている方(所得制限有)。

【窓口】 医療助成課 老人医療(一部負担金相当額等一部助成)の詳細はこちらをクリック

このページの先頭へ 障害福祉室のトップページへ

5.重度障害者(児)訪問看護基本料の助成

 訪問看護にかかる基本利用料の一部を助成します。

【窓口】 医療助成課 重度障害者(児)訪問看護基本料の助成の詳細はこちらをクリック

このページの先頭へ 障害福祉室のトップページへ

6.後期高齢者医療制度

対象者

 65歳以上75歳未満の方で、申請により一定の障害があると認めた場合、健康保険による医療費の本人負担が、1割負担(一定以上所得者は3割負担)となります。 

【窓口】 国民健康保健室  後期高齢者医療制度の詳細はこちらをクリック

障害福祉室のトップページへ


このページのトップへ