ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津田生涯学習市民センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月23日更新

お知らせ 

 暴風警報発表時の生涯学習市民センター施設利用等の取扱い変更について

生涯学習市民センター一覧のペ-ジヘ


地図

利用方法 | 施設紹介 | 施設の予約画面へ | 使用料 | イベント情報 | センターだより


多種多様な生涯学習活動に使えます

津田生涯学習市民センターの外観生涯学習市民センターは、市民の皆さんの自発的な学習活動・芸術等の文化活動を支援し、地域のコミュニティ活動を活性化することで、生涯にわたって学び続ける環境をつくります。また、これらの活動を通じた市民との協働によるまちづくりを推進することを目的としています。
生涯学習市民センターは枚方市内に9施設ありますが、津田生涯学習市民センターは、JR藤阪駅から南東へ徒歩15分で、自然が残されている立地条件を生かし、里山散策シリーズをはじめとした歴史や自然の良さを感じていただく事業なども行っています。

平成19年4月利用分から使用料をお支払いいただきます

光熱水費や清掃費用等の一部を平成19年4月利用分から使用料として負担していただくことになりました。子どもの活動や障害者団体等については減免を行います。また、申し込みが集中している部屋については、1日の利用枠を3区分から4区分に増やしました。

利用方法

利用条件

学習・芸術・文化活動やコミュニティなど、施設の設置目的にあえば、すべての団体・個人に利用いただけますが、下記に該当する活動では使用できません。

施設を使用できない活動

  • 公の秩序を乱し、善良な風俗を害するおそれがある活動。
  • 施設等を損傷・滅失するおそれがある活動。
  • 宗教団体による祭事等の宗教行事・布教活動、入会・寄附等の勧誘。
  • 政治団体による入会・寄附等の勧誘。
  • 専ら営利を図り、または、それに附随する活動をおこなうおそれがあるとき。
     例)企業組織による物品(商品)の販売・勧誘・注文をとる契約行為等。
  • 施設の設置目的から著しく逸脱すると認められるとき。
  • その他、施設の管理者が不適当と認めるとき。
     例)施設内の秩序の維持・静穏の保持など、管理運営上必要な職員の指示に従わない。

ページの先頭に戻る

団体区分

団体区分によって、申請方法、部屋の予約時期等が変わります。団体区分は次のとおりです。なお、すべての区分について、1か月に予約できる区分数は、8区分までです。

A区分

  • 市民サークル
  • コミュニティ団体
  • NPO団体
  • 社団法人等
  • 商店街等
  • 伝統芸能団体等

利用方法

各団体が施設を予約するときに、ID番号の申し込みが必要です。申し込みは所定の用紙にご記入いただき、各センターの窓口に提出してください。1週間程度で発行しますので、窓口でお受け取りください。発行が完了すると、枚方市の公共施設に設置されている市民用パソコンおよび一般のインターネットより予約可能になります。ID番号の有効期間は2年度です

通常利用の予約(抽選)は、2か月前からインターネットか生涯学習市民センターの窓口で予約することができます。詳しくは、枚方市・ホームページの「施設予約」から「はじめてご利用される方へ」をご覧ください。

B区分

  • 企業等
  • 政治・宗教団体

利用方法

所定の申請書に記入し、事務室へ提出していただくと、インターネットで施設予約を行うためのID番号発行の手続きを行います。1週間程度で発行しますので、窓口でお受け取りください。ID番号の有効期間は2年度です。

通常利用の予約は利用する日の4週前からです。インターネットで予約する場合は、枚方市ホームページの「施設予約」から「施設の予約画面へ」をご覧ください。

C区分

  • 市内の個人
  • 市外の団体・個人

利用方法

利用当日に窓口のみの受け付けとなります。部屋の空き状況は事前に枚方市のホームページか電話で確認できます。

ページの先頭に戻る

イベント利用

イベントの予約は、いずれの団体区分についても3か月前から窓口で予約できます(個人を除く)。

イベント予約の詳細はこちらから

ページの先頭に戻る

その他

印刷室にはコピー機、輪転機、裁断機などの備品を設置しており、用紙類も販売しています。

印刷代金表

ロビーは、個人でも利用できます。詳しくは施設までお問い合わせください。

ページの先頭に戻る

施設紹介

施設概要

 所在地:枚方市津田北町2丁目25-3
 開館:平成2年5月
 構造:鉄筋コンクリート造4階建
 1階駐車場
 2階津田図書館
 3・4階部分津田生涯学習市民センター

交通機関

 電車…JR藤阪駅下車南東へ徒歩15分。
 バス…京阪バス津田本通バス停下車すぐ。津田中学校前バス停下車7分。
 駐車スペースが少ないので車での来館はお控えください。

開館時間

 午前9時~午後9時まで。日曜、祝日は午後5時まで。

休館日

 毎月第4月曜日、祝日の場合は開館。年末年始

施設内容と定員

 ロビー、音楽室(50人)、 和室(30人)、第1~第3集会室(50・25・40人)、印刷室、保育室(幼児30人)、カーペットコーナー、フリールーム(70人)、料理室(30人)、録音室(5人)、ホール(120人)。

生涯学習市民センターは市民の文化活動、学習活動の広場です。

施設の紹介(個別)

3階平面図 917.32平方メートル
4階平面図 869.92平方メートル

フリールーム第1集会室第2集会室第3集会室録音室ホール和室印刷室事務室3階ロビー料理室音楽室保育室カーペットコーナー

ページの先頭に戻る

使用料

平成19年4月1日の利用分から、光熱水費、修繕費等の施設維持に必要な経費を一部利用者にご負担いただくことになりました。

津田生涯学習市民センターの使用料一覧表を印刷する(PDFファイル/12.1KB)

施設の使用料

●和室:広さ54.1平方メートル、定員30人

 午前9時から午後0時30分…800円
 午後1時から5時…900円
 午後5時30分から9時…800円

音楽室:広さ55.6平方メートル、定員50人

〈月曜から土曜〉
 午前9時から午後0時…700円
 午後0時15分から3時…600円
 午後3時15分から6時…600円
 午後6時15分から9時…600円

〈日曜・祝日〉
 午前9時から11時30分…600円
 午前11時45分から午後2時15分…600円
 午後2時30分から5時…600円

●料理室:広さ74平方メートル、定員30人

 午前9時から午後1時…1,200円
 午後1時30分から5時…1,100円
 午後5時30分から9時…1,100円

保育室:広さ77.1平方メートル、定員30人

 午前9時から午後0時30分…1,100円
 午後1時から5時…1,300円
 午後5時30分から9時…1,100円

●ホール:広さ140.7平方メートル、定員120人

 午前9時から午後0時30分…2,100円
 午後1時から5時…2,400円
 午後5時30分から9時…2,100円

●フリールーム:広さ100.8平方メートル、定員70人

〈月曜から土曜〉
 午前9時から午後0時…1,300円
 午後0時15分から3時…1,200円
 午後3時15分から6時…1,200円
 午後6時15分から9時…1,200円

〈日曜・祝日〉
 午前9時から11時30分…1,100円
 午前11時45分から午後2時15分…1,100円
 午後2時30分から5時…1,100円

●第1集会室:広さ66.6平方メートル、定員50人

 午前9時から午後0時30分…1,000円
 午後1時から5時…1,100円
 午後5時30分から9時…1,000円

●第2集会室:広さ45.6平方メートル、定員25人

〈月曜から土曜〉
午前9時から午後0時…600円
午後0時15分から3時…500円
午後3時15分から6時…500円
午後6時15分から9時…500円

〈日曜・祝日〉
 午前9時から11時30分…500円
 午前11時45分から午後2時15分…500円
 午後2時30分から5時…500円

第3集会室:広さ66.6平方メートル、定員40人

 午前9時から午後0時30分…1,000円
 午後1時から5時…1,100円
 午後5時30分から9時…1,000円

●録音室:21.9平方メートル、定員5人

 午前9時から午後0時30分…300円
 午後1時から5時…400円
 午後5時30分から9時…300円

(注)この使用料はA区分(市民サークル、コミュニティ団体、NPO団体、社団法人等、商店街等、伝統芸能団体等)と市内個人の使用料です。B区分(企業等、政治・宗教団体)、C区分(市外団体・個人)については、上記使用料の2倍になります。

ページの先頭に戻る

減免対象団体・活動

●子ども…減免率100パーセント

 主に18歳以下の者で構成される団体で、子ども自らが文化学習活動で使用する場合

●福祉…減免率50パーセント

 主に障害者・児(身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の交付を受けた者・知的障害があると判定された者)により構成される団体

●市民活動…減免率50パーセント

 校区コミュニティ協議会及び自主防災組織

●協働事業…減免率100パーセント

 行政と協働して実施する企画事業、まちづくり事業で使用する場合
(注)詳細は事務所へお問い合わせください

ページの先頭に戻る

使用料の納付方法

部屋の使用料は、利用当日の使用を開始するまでにお支払いください。利用時間の直前は、窓口が混雑するおそれがありますので、予約が確定した後にできるだけ早めにお支払いください。

予約時期が「4週間前」となるB区分(企業組織等、政治・宗教団体)は、利用日の1週間前までにお支払いください。その際、利用内容についてお聞きし、資料を確認させていただくことがあります。

使用料の納付と引き換えに、使用許可証(兼領収書)を発行します。使用許可証は利用する当日にお持ちください。

(注)使用料の減免を受けようとする団体は、使用料を納付する時(減免率100パーセントの場合は使用前)、利用区分ごとに使用料減免申請書を事務室に提出してください。

ページの先頭に戻る

予約のキャンセルと使用料の還付

やむを得ず部屋の利用をキャンセルされる場合は、限られた施設を有効に利用していただくためにも、早めにインターネットで中止の手続きをしてください。当日の無断キャンセルを重ねる利用者については、ID番号の付与を一時停止したり、利用をお断りしたりする場合があります。

利用日の1週間前までにキャンセルの手続きが終了している場合は、納付された使用料を還付します。早めに使用許可書(兼領収書)を事務室窓口に提出し、使用料の還付を受けてください。還付の際には印鑑(シャチハタ等のスタンプインクを使用するものは不可)を用意してください。

利用日の6日前から利用日までのキャンセルは、使用料を全額負担していただきます。

ページの先頭に戻る

附属施設の使用料

附属施設の使用料は無料ですが、印刷にかかる紙代等の実費は有料です。

印刷代金表

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ