ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市長室へようこそ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月24日更新

新着情報

2月24日、平成29年3月定例月議会において、平成29年度市政運営方針を表明しました。

平成29年度 市政運営方針(要旨) -平成29年2月24日-

市民の皆様へ

【神奈川県の障害者支援施設で発生した事件について】

平成28年7月26日未明、障害者支援施設「神奈川県立津久井やまゆり園」において、同園の元職員の男が侵入し、多数の利用者を殺傷するという、大変痛ましい事件が発生しました。障害のある人を狙った、このような残忍かつ凶悪な行為は、到底許すことはできず、強い憤りを感じております。被害にあわれた方だけではなく、ご家族や関係者の方々も心に深い傷を負われていることと思います。お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、負傷された方々の一日も早いご回復を願っております。

本市では、障害のあるなしに関わらず、全ての人が基本的人権を尊重され、障害のある人が地域社会の中で自立して生活できる社会をめざして、障害者施策を推進しております。今後も、障害のある人が差別や偏見を受けることなく、個人として尊重されるとともに、誰もが安全で安心して暮らせるまちづくりに取り組んでまいります。

 

【熊本県熊本地方などで発生した地震について】

熊本県熊本地方などで発生した地震災害により、亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたしますとともに、被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。現在の本市の支援状況につきましては、次に掲載するとおりです。熊本地震における本市の支援について

私も、平成28年8月に熊本県宇土市を訪問し、現地の被災状況を視察するとともに、宇土市の元松市長と意見交換を行いました。災害発生時の初動や避難所運営を含めた防災体制のあり方について、熊本地震の被災体験を踏まえた貴重なご助言を頂くことができました。災害から市民の皆さんの命と暮らしを守るために、今後も防災力の更なる向上に取り組んでまいります。

ごあいさつ

皆さん、こんにちは。枚方市長の伏見 隆です。

『市長室へようこそ』にアクセスいただき、ありがとうございます。

現在、枚方市は他市への人口流出や超高齢社会の到来といった極めて厳しい状況に直面しており、いかにして人口減少を食い止めるかが、本市の最も大きな課題です。
わがまち・枚方を、多くの人に住みたいと思っていただける「豊かで誇りあるまち」へと発展させるために、「人が集まるまちづくりの推進」「高齢者が健康でいきいきと暮らせるまちづくりの推進」「協働によるまちづくりの推進」「将来世代に大きな負担を残さない徹底した市政改革」の4点を重要施策の柱に掲げた市政運営に、スピード感を持って全力で取り組んでまいります。

新しい枚方のまちづくりに、皆さんのご理解、ご支援をよろしくお願い申し上げます。 

◆私の日々の公務風景の一部を、枚方市公式フェイスブックで紹介しております。ご覧いただければ幸いです。

  枚方市公式フェイスブック『マイカタちゃいます、ひらかたです。』

枚方市長伏見隆 

市長プロフィール

氏名 

伏見 隆(ふしみ たかし)  

                    伏見市長の写真

出身地

 大阪府枚方市

生年月日

 昭和43年4月25日(48歳)

家族構成

 妻、子ども2人(双子の息子と娘の間に「小」の字になって寝るのが幸せなひと時)

経歴

 うみのほし幼稚園、高陵小学校、第一中学校を経て、
 昭和62年3月 大阪府立寝屋川高校卒業
 平成05年3月 京都産業大学経営学部卒業 
 平成05年4月 極東貿易株式会社入社
 平成13年8月 同社退職
 平成15年4月 枚方市議会議員当選(2期)
 平成23年4月 大阪府議会議員当選(1期) 
 平成27年9月 枚方市長就任

趣味

 野球、柔道、旅行


このページのトップへ