ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 山田中学校
小中連携・人権教育に関する取組み
学校紹介
学校だより
山田 Hotnews
行事予定
お知らせ
学習指導
研究実践
教育内容
学年
保健室
枚方市学校事務支援センター
山田中事務室
30周年記念事業
PTA
青少年育成地域協議会
リンク集

山田中学校のホームページへようこそ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月12日更新

新着情報

新着情報のRSS配信


  ごあいさつ 

 山田中学校のホームページにアクセスいただき、大変ありがとうございます。
本校がある交北付近一帯は「交北城ノ山遺跡」と呼ばれ、本校の建設に伴う発掘調査で旧石器時から鎌倉時代の遺構・遺物が数多く見つかりました。このような歴史的価値のある場所に立つ山田中学校は、校訓「探求 友愛 剛健」を大切にした学校として地域から愛される学校をめざして『チームYamada』で取組みを進めています。

校舎 校舎 校舎

交北城ノ山遺跡(こうほくじょうのやま いせき)  

この付近一帯は「交北城ノ山遺跡」と呼ばれています。1981年5月から翌年3月まで山田中学校の建設に伴う発掘調査によって、旧石器時代から鎌倉時代の遺構が複合し、かなり広範囲におよぶ遺跡であることが判明しました。主な遺構・遺物としては、旧石器時代のナイフ形石器や縄文時代後期・晩期の土器や石器が多数出土し、縄文晩期の深鉢を用いた埋甕(うめがめ)も見つかりました。弥生時代中期の遺構が最も多く検出されており、平面が円形をした竪穴式住居8棟や掘立柱ほったてばしら)建物跡などの住居のほか、方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)42基、土壙墓(どこうぼ)10基が見つかっています。古墳時代の全期間におよぶ須恵器(すえき)等の遺物が出土し、遺構としては、平面が方形をした竪穴式住居6基が検出されています。古代末から中世にかけての主な遺構は、掘立柱建物跡、井戸状遺構、白磁(はくじ)椀や土師質皿(はじしつさら)が副葬されていた木棺墓(もっかんぼ)などのほか、耕作に関連すると考えられる長さ50mにおよぶ17条の溝状遺構があります。                       2005年8月  枚方市教育委員会

本ホームページについて

  • 当サイトは枚方市立山田中学校の公式サイトです。
  • 当サイトの画像及びテキストは、枚方市立山田中学校に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。