ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

木造住宅の耐震改修(工事)補助制度

木造住宅耐震改修工事補助制度

木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助する制度です。
補助制度の利用をお考えの方は、必ず耐震改修工事等を行う前に建築安全課へご相談下さい。

制度概要

対象となる木造住宅

  • 昭和56年5月31日以前に木造在来工法または伝統工法で建てられた、階数2以下(地階を除く)の一戸建ての住宅、同工法による長屋または共同住宅。
  • 耐震診断の結果、「倒壊する可能性がある」または「倒壊する可能性が高い」と判定されたもの。
  • 個人の所有する住宅であること。
  • 申請者の直近の所得が1,200万円以下であること。

対象となる工事

  • 耐震診断の結果(評点)が1.0未満であった木造住宅で、評点を1.0以上に高めるための工事、または耐震シェルター(木造住宅から独立して一部の部屋の耐震性能を確保するもの)設置工事。

木造住宅耐震補強工法紹介(大阪府ホームページ)      

補助対象シェルター (PDFファイル・92KB)

  • 建築基準法に適合する計画となっていること。

補助内容

70万円(一定所得以下の世帯においては90万円)または耐震改修工事に要した費用のうち、いずれか少ない額。

詳しくは、木造住宅の耐震化 (PDFファイル・168KB)をご覧下さい。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ