ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 枚方市立教育文化センター

枚方市立教育文化センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月10日更新

新着情報

新着情報のRSS配信


平成27年度 教文子どもサイエンスフェアについて

平成27年度 教文子どもサイエンスフェを8月7日 金曜日 に開催します。

・フェアの参加には必ず往復はがきによる事前申し込みが必要です。内容、申込方法等は下記の詳細ページをご覧ください。

平成27年度 教文子どもサイエンスフェアの詳細ページ (PDFファイル・479KB)

 

平成26年度 教文子どもサイエンスフェア(平成26年度 枚方市こども夢基金活用事業)について

平成26年度 教文子どもサイエンスフェアを8月8日 金曜日 に開催しました。

 児童・生徒が工作・パソコン・科学講座やサイエンスショー・科学の不思議体験をとおして、科学にふれ、科学に対する興味・関心を深める1日となりました。各講座では、子どもたちが自分で作ったおもちゃを使って楽しそうに遊ぶ姿やサイエンスショーをじっと見入る姿が見られました。                                                        

 多数のご参加ありがとうございました。

 aa
      真剣にラジオ作りの説明を聞いています          パソコンでカレンダー作り
  aa 
          どれを作ろうか悩むなぁ高校生のお兄さん、お姉さんの説明、わかりやすかった
  a a
            液体窒素って不思議           火を起こすのは大変だ
  a a
        タブレットを使って算数の勉強       本当にレモンが電池になるのかな
  a a  
      四足歩行ロボット作り、みんな真剣です        いろいろな動きがあって面白い
  a a
          みんな工作に夢中です        教えてもらって上手にできました

【受講者の感想】

・毎年楽しみにしています。アイデアがいっぱいあって、とても楽しかったです。

・いろいろなものの仕組みがよくわかって、勉強になりました。

・ピンポンキャノンの仕組みがわかって、とても勉強になりました。高校生のお兄さん、

 お姉さんの説明もすごくわかりやすかったです。

◎平成26年度 教文子どもサイエンスフェア出展者◎

○枚方市立教育文化センター      「ラジオ作り」 「親子でパソコン」

○Saひらかた      「4枚羽根とんぼ」 「ぞうさんの曲芸」 「ブンブンごま」

○大阪ガス株式会社 「火育体験 (火おこし体験)」 「おでかけガス科学館(科学の不思議体験)」

○大阪工業大学      「レモンで電池をつくってみよう」 「タブレットでさんすうを学ぼう」 

○大阪府立大学工業高等専門学校   「紙コップロボット」 「プログラミングロボット」 「四足歩行ロボット」

○大阪府立枚方なぎさ高等学校  「サイエンスショー(ピンポンキャノン)」

○グループG        「新型分光万華鏡」 「ビー玉万華鏡」 「ソーラーオルゴール」

○奈良女子大学   「室内凧」 「空気砲」  「ストロー笛」 「おりがみ」

 

児童生徒支援室

教育研修課

 


教育機関 教育文化センター

所在地:枚方市磯島北町37-1 
電話:050-7102-3150 
Fax:072-848-2960           電話・Fax番号をお確かめの上、お間違いのないようお願いします。 

電子メール:ky-kensyu@city.hirakata.osaka.jp

教育文化センターの写真

このページのトップへ