ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 枚方幼稚園

枚方幼稚園(ヒラカタヨウチエン)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月29日更新

新着情報

新着情報のRSS配信


3月24日(金曜日) 終業式

1 2 3

 一年間、未就園児もみんなが遊んできた砂場の道具をスポンジで使ってきれいに洗いました。次に使う人のことを思ってみんなが一緒に頑張っているばら組さん、この一年間で友達っていいな、仲間っていいな、みんな違ってみんないいなを園生活や行事、季節の遊びで何度も味わい、みんなと一緒にいることが当たり前になりました。

 二人組になる時も誰と一緒でも笑顔がこぼれます。互いに支えあい、認め合える集団に育ったのは、お家の人や先生達から一杯ほめてもらい自分に自信があるからでしょう・・・年長ほし組でのお兄ちゃんお姉ちゃんぶりが今から楽しみです!

3月23日(木曜日) ほし組さんがいないとさみしいな・・・

1 2 4

 卒園式でほし組さんに任されたウサギのハッピーちゃんのお世話をはりきってしてくれていました。時間の見通しを持って好きな遊びをした後に枚方保育所まで歩いて行きました。今まで手をつないでくれていた年長さんがいません。そのことで不安になるのではなくむしろ今度は自分で気をつけないと!頑張っている姿がとてもかわいかったです。

 保育所では同年代のお友達とわらべ歌遊びをして、手と手をつなぎ少しずつ笑顔が増えて再会を楽しみにすることができました。一年間の交流で互いに刺激しあい、新しい友達を作る方法をたくさん経験してほしいなと思います。

 最後のチャレンジ弁当はお母さんの愛情がタップリでした。好きなものをつくってくれる事と嫌いなおかずを入れることはどちらも愛情です。一年間お弁当を作ってくれた感謝の気持ちを絵手紙と言葉で伝えました。ありがとうの伝え合いは笑顔が優しくなりますね・・・

3月22日(水曜日)第80回卒園式

1 2 4

 お天気の中、お母さんの手作りのコサージュをつけた32名の卒園児が登園しました。今日が最後の幼稚園であることを分かっているのか、大人側が意識してしまうのか、一つ一つのしぐさや目の動きさえ、成長とその子らしさを感じて愛おしく感じる半日でした。

 年少さんが歌や言葉、花束贈呈やアーチ作りでお祝いの気持ちを見せてくれる中、年長さんもかっこいい姿と嬉しい笑顔を存分に見せてくれました。同年代にもまれ、異年齢でしなやかに育ったほし組さん、自信を持って小学校へいってらっしゃい!

3月21日(火曜日) 雨の幼稚園

1 2 5

 三日連休の春の陽気とは違い、肌寒い朝になりました。園庭は淋しそうでしたが部屋で遊ぶことでみんなの顔が見えやすくみんなの笑い声が伝染しやすくてみんなの声が聞こえてきて、楽しく遊ぶ事ができました。卒園式の最後のおけいこでは、年長ほし組さんが堂々とかっこいい姿を見せてくれて年少ばら組さんは微動だにせず見つめていました。

 ぼくたちわたしたちの幼稚園にしっかりと足跡を残し、小学校へ義務教育へはじめの一歩を踏み出すほし組さん、キラキラにキラキラにキラキラに輝いていました!明日、みんなが元気にそろいますように・・・

3月17日(金曜日) ずっと忘れないでね!

1 2 4

 集いで懐かしいダンスや体操をしているように、久しぶりにおっとっとで遊ぶと自分でも成長が分かるようで得意げに楽しんでいます。逆に怖がっている子には周りの友達がすぐに手を差し伸べてくれています。一緒に頑張ってきたことだから、できる喜びもできない悔しさも練習したらできるようになる期待も共有できるのでしょう・・・

 ペア・トリオでプレゼント交換をしました。感謝の気持ちがうまく伝えられない子でも作っている時には相手に対する思いをしっかりと持っていました。そのことが形に残ることで一緒に過ごした時間を思い出してくれそうです・・・

 今日の年長さんの一人一言は、ばら組さんへの思いを伝える子が多かったです。卒園式ではどんなことをどんな表情どんな声で伝えてくれるのか楽しみです・・・

3月16日(木曜日) 異年齢仲良しペア・トリオ

1 2 4

 今年度最後のチャレンジ弁当は、異年齢で食べました。嫌いなものがない子は初めて見る食材にチャレンジして菜の花を入れてきた子もいました。励まされ、触発され、一緒に頑張ることができました。相手が食べ終わるまで待ち、砂場の砂運びにはりきって参加してくれました。

 楽しいことばかりでなく、頑張ること、大変なことも一緒に経験してきたことでつながりが強くなっています。来年一年離れてもすぐに関係を思い出しそうです・・・小さいかもしれない人と人とのつながりが地域のネットワークになっていくといいなぁと思います。

3月15日(水曜日) 卒園式の予行

1 4 6

 足音を立てずに真剣な表情で遊戯室に入ってきた年少さん、10日ぶりに式に参加しました。毎月のお誕生日会でみんなの前で話をすることの緊張感と言えたときの達成感を経験してきていることで、お兄ちゃんお姉ちゃんが必死に思いを伝えようとすることに心を傾けて聞いている年少さんでした。今日は一緒に遊んだ友達への感謝とこれからもよろしくねという話が多く、毎回、いろいろなことを自分の言葉で伝える年長さんの成長に胸が熱くなります。

 式の最後に異年齢仲良しペア・トリオで年少さんが花束を渡すおけいこでは、安心感と嬉しさで笑顔があふれていました。友達同士の時の笑顔が一番自然で本当にかわいいかわいい枚方幼稚園ハッピーチルドレンです。

 つぼみ・たんぽぽの会は今年度最後の日でした。たくさんの親子が集まってくださり、おなじみのハッピージャムジャムから始まり、担任の先生と一緒にパネルシアターやふれあい遊びを楽しみ、一人ずつメダルをもらいました。照れながらも大好きな先生のところに駆け寄る姿がとてもかわいかったです。楽しい時に親子で目と目を合わせて笑顔になる瞬間瞬間の積み重ねが、親子のつながりを深めているように思います。一緒に楽しんでいただいた保護者の皆さん、ありがとうございました。

3月14日(火曜日) 一年を振り返って

1 2 4

 集いでは懐かしい体操やダンスをして暑かった時やドキドキしていた時を思い出しながら、異年齢で身体を動かしました。絵の整理をしていてもカエルやアジサイ、いもほりやトンボなど季節を思い返しています。

 絵本読み聞かせサークルのバオバブさんは、ペープサートやOHPを使って月ごとに行事や遊びを振り返ってくださり、子ども達はより鮮明に幼稚園の一年を思い出していました。 どんな日もどんな時もお母さん達はずっと応援していることが伝わってきました。絵本を通して子ども達といろいろな思いを共有し一緒に楽しんだことを喜んでくださり本当にありがとうございました。

 進級、入学を控えた子ども達へのあたたかいエール、今日という日も大切な思い出になりました・・・

3月13日(月曜日) 3月のお誕生日会

1 2 5

 この日を心待ちにしていた3月生まれの4人のお友達、クラスの友達からのプレゼントに大喜びでした。同じロボットを作ってもみんな形が違い、思いも違います。大きさや本物そっくりかどうかではなく、友達が思いをこめて喜んでくれるように一生懸命作ってくれたことを知っているからこそ、喜びもひとしおなのでしょう・・・

 年長さんが最後の出し物で♪すうじのうた♪に合わせて自分がイメージした物を絵と言葉で伝えました。♪すうじの8はなぁに?横にしたらめがね!キョロキョロ等々・・次々と面白い発想が出てくることをお客さんが感心して見て聞いてくれました。出し物係の9人もその反応に勇気をもらい、声もリズムも笑顔もどんどんあふれていきました。

 みんなが喜んでくれることが嬉しいと思えることを心に刻むことができました。これからもこの気持ちを大切にしてほしいなと思います。

3月10日(金曜日) 進級、卒園に向かって

1 2 5

 卒園式での証書授与での今日のお題は「一年生になったら友達何人作りたいか」でした。言葉の使い方がそれぞれ違い、言葉に詰まっても言い直し、友達の話をうんうんと心を寄せて聞くクラス集団の育ちがはっきりと見えました。互いに認め合う支えあう関係性が確実に育っています。これから出会う仲間とも毎年、こんな関係になれたらいいなぁ~

 幼稚園ではいつも弟妹である4歳児ばら組さんが、今日はお兄ちゃんお姉ちゃんになって一緒にお弁当を食べたり部屋で遊んだりしました。昨日からペアになることを楽しみにしていたばら組さんが、名前を呼んで部屋まで案内し、お弁当の準備や片付け方を優しく教えてくれていました。食べ終わってからは一緒に絵本を読んだり、コマ回しをしたり、緊張が和らぎ笑顔がたくさん見られました。

         ほし組さんが学校に期待を持つように、つぼみ組さんも幼稚園を楽しみにしてくれたらいいな~

3月9日(木曜日) 小学校で授業体験

1 2 3

 卒園式のおけいこでも椅子に長時間、座ることを頑張っている年長さん、今日は大きな一人用の机と高い椅子に座って45分間の授業体験をさせていただきました。集中力、理解力の差がありますが、全体の指示を聞いて書いたり手を上げたり道具を用意したりすることを経験することができました。授業見学とは違う違う貴重な体験でした。

 「先生が優しかった」「勉強が楽しかった」と意気揚々と帰ってきて、卒園式のおけいこでは一人一言のお題が「一年生になって楽しみなこと」でした。休み時間の遊び、生活科、音楽、図画工作、体育など授業体験で教えてもらった言葉を使って話すことができました。

 日々、成長を見せてくれる子ども達の話で職員室は大盛り上がりです・・・

3月8日(水曜日) わらべ歌遊び

1 2 4

 異年齢仲良しペア・トリオでわらべ歌遊びをしました。伴奏はなく声だけの歌を繰り返し口ずさむことで、気持ちのいいリズムにのってふれあい遊びを楽しみました。二人組で目と目を合わせてのにらめっこは視線をそらさないで瞬きもせず見つめ合い、緊張とリラックスの差が大きくていつもとは違う表情でした。二人から四人とつながっていくと一つの輪になり歌と遊びとがみんなの気持ちを一つにしてくれました。

 関係性が深まったペア・トリオが心和やかに遊び、更に親しくなりました。きっとずっと忘れないでしょう・・・

3月7日(火曜日) こうなりたい 

1 2 3

 少しの時間でもコマ回しにチャレンジする子が増えています。手回しゴマは下敷きのせやジャンプ、きのこ回しや散歩などいろいろな技をあみだし、互いに認め合って競い合って楽しんでいます。自分なりの目標を周りのお友達の刺激から立てています。

 できるできないでなく昨日の自分より頑張っている自分をよしとし、友達の頑張りを喜ぶことができるのは「みんな違ってみんないい」が心に沁みてきているからかなぁ・・・

3月6日(月曜日) 入学に向けて

1 2 3

 枚方保育所の友達と入学先の小学校別に分かれて自己紹介をした後に、ドッジボールや鬼ごっこ、遊具で遊び小学校での再会を楽しみにしてさよならをしました。そのまま枚方第二小学校で給食体験をさせてもらいました。先週の経験があり、ご飯やおかずの量を調整し、全部食べることで自信をつけました。特に牛乳は前回よりもたくさん飲めたことで苦手な子もいつかは全部飲めるようになると見通しが持てました。次回は新しい仲間との給食、楽しくしっかりと食べることができますように・・・

 道路を歩いていると「こども100当番の家」の目印の旗を見つけました。困ったときに助けてくれるお家がたくさんあることで安心できたようです。親子で歩くことより友達と歩くことが多くなります。地域のみなさんの見守りが本当にありがたいです。小学校へ向けて少しずつステップアップしている年長ほし組さんです・・・

3月3日(金曜日) 安心できる2つの居場所 

1 2 4

 卒園式のおけいこでは年長さんが年少さんの名前を台の上から呼び、座っている年少さんが恥ずかしそうに返事をしました。名字から呼んでみたり、語尾を柔らかくして投げかけてみたり・・ペア、トリオの間柄が垣間見れたような気がしました。

 ひなあられをペア・トリオで分け合いっこをすると、一緒に一粒ずつ食べたり、交互に食べたり、同じ味を選んだり、好きな味を譲ったり・・ここでも兄弟のようなかかわりが見られました。

 サッカー教室で年長と年少が交替してすれ違うときは、互いに名前を呼んで「頑張ってね」と年長さんが声をかけていました。同年代のクラス集団と仲良しペア・トリオとが安定する帰る場所になりました。お別れがさみしく悲しくなってきます・・・

3月2日(木曜日) お別れ遠足

1 2 4

 最後までお天気が味方をしてくれて、楽しい楽しい遠足になりました。プレイルームでは汗びっしょりになって遊び、プラネタリウムではしっとりと星を眺め、梅を見ながらおやつをいただき、バスの中は大盛り上がりでした。全員参加で集団としてのルールを守りながらけじめをつけて大家族のように過ごし、仲良しペア・トリオが兄弟のように気にかけていました。

この仲間と出会えて幸せだなぁ~

3月1日(水曜日) お茶会

1 2 4

 タイムスリップしたような昔ながらのたたずまいを感じる玄関を入るとあったかい笑顔で迎えていただきました。初めての経験に子ども達は恐る恐る前へ前へと進みますが、困らないように声をかけてくださり、したいようにさせてくださり、気持ちを汲んでくださり、子ども達は一つ一つの所作を楽しむことができました。「お先に」と声をかけることが多く、隣の友達を気遣い、周りの雰囲気を感じ取る思いやりを学ばせていただきました。

 つぼみ・たんぽぽの会ではプラ版作りをしました。絵が小さくなることが嬉しく、楽しくみんな大喜びでした。外でマラソンや体操もして身体を思い切り動かして元気もりもりでした!また遊びに来て下さいね。

つぼみ・たんぽぽの会の日々の様子をこちらのページで見ることができるようにしました!

施設区分

 公立幼稚園

所在地・電話・Fax番号

 〒573-0037 枚方市枚方上之町11番16号
         (京阪電車 枚方公園駅下車徒歩8分)
 電話/Fax 072-841-2180

設置・経営主体

 設置:枚方市  経営:枚方市教育委員会

開設・認可年月日

 昭和12年4月

入園対象年齢・定員

 4歳児・5歳児(4学級)  定員140人

ワンポイントアピール

 豊かな体験 生きる喜びを!

 ・一人一人の発達の個人差をとらえながら個々の子どもが力いっぱい遊べるように。
 ・人との関わりや自然との触れ合いを大切に。
 ・幼児期にふさわしい生活が展開されるように。
 ・よく考え、工夫し最後までやりとげる力を。
 ・小・中学校や地域との連携を図ることを大切に。

保育時間

  8時50分~14時00分まで。水曜日は11時40分まで。
  土曜日、日曜日、祝祭日は休業日とする

主な取り組み

 ・小学校・中学校・地域との交流
 ・小さな国際交流(外国人)
 ・その子らしさを大切に受けとめ育む造形遊び
 ・子育て支援(未就園児の会・園開放・子育て相談)