ページの先頭です
メニューの終端です。

検診・予防接種等の検診(接種)料金免除について

[2018年4月1日]

ID:2097

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

検診・予防接種等の検診(接種)料金免除方法について

以下に該当する人は、がん検診・歯周病検診および予防接種等の自己負担金が全額免除になります。

手続き方法をご確認ください。

対象

(1)生活保護受給者

(2)市民税非課税世帯の人

(3)中国残留邦人等支援給付者

 

手続き方法

方法(1):保健センターに来所して申請する場合

・保健センターの窓口での手続きを行います。受付にてお声掛け下さい。

《注意1》H29.1月2日以降に枚方市へ転入された方はマイナンバーの記入もしくは前市での非課税証明が必要です。

《注意2》必ず検診(接種)前に保健センターへ申請し、無料受診(接種)券の交付を受けてください。検診(接種)時に無料受診(接種)券がない場合、検診(接種)料金をお支払いいただくことになりますので、ご注意ください。


方法(2):保健センターに書類を郵送して申請する場合

・下記の「無料受診(接種)券交付申請書兼同意書」をご記入の上、保健センターに郵送して下さい。
・「無料受診(接種)券交付申請書兼同意書」は保健所、市役所(市民室・医療助成課・障害福祉室)、各支所、枚方市駅市民室サービスセンターにも設置しています。

《注意1》H29.1月2日以降に枚方市へ転入された方はマイナンバーの記入もしくは前市での非課税証明が必要です。

《注意2》必ず検診(接種)前に保健センターへ申請し、無料受診(接種)券の交付を受けてください。検診(接種)時に無料受診(接種)券がない場合、検診(接種)料金をお支払いいただくことになりますので、ご注意ください。

方法(3):医療機関で直接手続きをする場合

受診当日に取扱医療機関で、下表の確認書類と、必要事項を記入した「費用免除申告書兼同意書」をご提出ください。「費用免除申告書兼同意書」は医療機関にも設置しています。

ただし、65歳未満の非課税世帯の人は従来どおり無料受診券の交付手続きが必要です。

なお、がん検診(予防接種)等を複数受診する場合は、必要枚数の申告書をご記入いただく必要があります。
《注意》確認書類の再発行は行っておりません。紛失された場合は方法(1)~(2)の手続きで申請を行って下さい。

確認書類と該当要件(検診(予防接種)日時点で下記に該当していること)
 確認書類免除対象者記載事項
(1)生活保護
受給者
生活保護受給証明書交付年月日から、受診(接種)日が1年以内であること

(2)市民税
非課税世帯

枚方市介護保険料決定通知書保険料算定の基礎欄で、被保険者世帯課税区分が、第1・第2・第3段階であること
(2)市民税
非課税世帯
枚方市介護保険料決定通知書兼更正決定通知書更正後の被保険者世帯課税区分が、第1・第2・第3段階であること
(2)市民税
非課税世帯
枚方市介護保険料納付通知書(更正決定通知書)更正後の被保険者世帯課税区分が、第1・第2・第3段階であること
(3)中国残留邦人等本人確認証有効期間内であること

検診・予防接種等の検診(接種)料金免除についてへの別ルート

ページの先頭へ