広報ひらかた

市制施行70周年記念事業

ひらかたアルテアチェンバーオーケストラ

2017特別演奏会

9月24日(日曜日)午後3時、市民会館大ホール

 NHK交響楽団の白井篤さんと日本センチュリー交響楽団の松浦奈々さんをコンサートマスターに迎え、関西トップクラスの奏者によるこの日限りの室内合奏団が名曲を演奏。曲目はS.プロコフィエフのピーターと狼 Op. 67他。▼チケット 一般2000円(当日2500円)、中学生以下500円、親子ペア(一般・中学生以下各1枚)2000円(当日2500円)。全席指定。市民会館(電話843-1122、ファクス843-5062)、ひらかた観光ステーション(窓口のみ)、ローソンチケット(電話0570-000-777)、大東楽器MuseDuo(電話841-5000)で6月23日発売。就学前児入場不可。

プレイベント 議場コンサート

 普段は市議会が開かれている市役所本館4階の議場で弦楽四重奏を鑑賞しませんか。出演は枚方出身の神戸市室内合奏団首席ヴァイオリン奏者・西尾恵子さんほか。▼日時など 8月29日(火曜日)(1)午前11時(2)午後2時、市議会議場。▼申込 上記演奏会の前売りチケットを購入の上、7月26日から電話で枚方市文化国際財団へ(1人につき2人まで。2人とも要チケット)。先着順。席数に限りあり。

 問合せ先、枚方市文化国際財団 電話843-1123、ファクス845-1896

ひらかた発! ワールドミュージックフェス2017

7月29日(土曜日)午前11時、メセナひらかた会館

 アフリカやアイルランド、ロシアなど世界の音楽やダンスのステージ(無料。投げ銭制)やワークショップ・講座(要申し込み)を通して世界の文化を体感・感動・発見しましょう。当日直接会場へ。こども夢基金活用事業。

ワークショップ・講座

 ダンスや楽器のワークショップや、外国語の講座など12種類。参加費各500円、4歳以上中学生以下無料。▼申込 6月20日から電話で枚方市文化国際財団へ。詳細は同財団へお問い合わせを。

 問合せ先、枚方市文化国際財団 電話843-1123、ファクス845-1896

AMANOGAWA TANABATA ゆめのほし2017

ゆめのほしフェスタ

7月1日(土曜日)正午〜午後9時、天津橋周辺

 ポップスやジャズなどの音楽イベント「天の川音楽祭」をはじめ、日没後は願いをのせたランタンを天野川へ一斉に流します。近隣の飲食店などによる特別出店も。午後3時から小学生以下を対象にランタン制作ワークショップとランタン流しの体験あり(先着50人)。入場無料。当日直接会場へ。詳細は株式会社 IFA住宅設計室内ひらかたゆめのほしプロジェクト(電話846-1225)へお問い合わせを。

 問合せ先、賑わい交流課 電話841-1475、ファクス841-1278

バスケットボールカーニバル

7月15日(土曜日)午前9時〜午後1時、総合体育館

バスケ体験教室

 プロバスケットボールチーム大阪エヴェッサの選手が指導。

車いすバスケ体験会

 パラリンピック元代表選手が指導。

 対象は小学3年生〜6年生。無料。こども夢基金活用事業。▼申込 6月1日〜15日にはがきまたは枚方体育協会ホームページのメールフォームに住所・氏名・年齢・電話番号、学年、学校名またはチーム名、バスケットボール歴、ボールの有無、下肢機能障害があり車いすバスケのみ参加の場合はその旨を書いて同協会(〒573-1178渚西3-26-10)へ。6月15日必着。抽選で80人。

 問合せ先、枚方体育協会 電話898-8181、ファクス898-8585、ホームページアドレス、http://hirakata-taikyo.org/

ほっこりひらかた2017

メセナひらかた会館。無料。当日直接会場へ

 障害のある人が地域で生き生きと活動できる社会の実現を目指すイベント。先着各150人。

映画「風は生きよという」

 人工呼吸器ユーザーの日常生活を描いた映画。7月15日(土曜日)午後1時。81分。字幕あり。上映終了後、出演者による舞台挨拶(手話通訳あり)も。

映画「むかしMattoの町があった」

 イタリア精神保健改革の最初の20年を描いた映画。7月16日(日曜日)午前10時から休憩や講演を挟み約200分。字幕あり。日本の精神保健の現状についての講演(手話通訳あり)は午後1時から約30分。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123