広報ひらかた

お知らせ

福祉

障害者社会参加促進事業 スポーツ講習会

 対象は障害者・児とその家族。無料。【かんたん卓球教室】 6月3日(土曜日)午後1時〜4時45分・16日(金曜日)午後2時30分〜4時45分、総合体育館。6月4日(日曜日)・6日(火曜日)・17日(土曜日)正午〜午後2時45分、18日(日曜日)午後3時〜4時45分、伊加賀スポーツセンター。【フライングディスク】6月3日(土曜日)午後1時〜4時45分、総合体育館(卓球教室と同時開催)。【ボッチャ】 重度脳性まひ障害者・児向け。6月25日(日曜日)正午〜午後2時45分、渚市民体育館。▼申込 開催日の前日までに電話またはファクス(住所・氏名・年齢・電話番号、教室名を明記)で枚方障害者スポーツ連絡会(電話・ファクス896-2861)へ。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

母子・父子家庭の自立・就労を支援

自立支援教育訓練給付金

 指定講座を修了後、受講料の6割を限度に給付(上限20万円)。

高等職業訓練促進給付金

 看護師・保育士・介護福祉士・理学療法士・作業療法士等の資格取得のために、1年以上養成機関で修業が必要な場合、修業期間に月額で非課税世帯10万円、課税世帯7万500円(期間・金額等は変更の場合あり)を給付。支給上限3年。

▼申込 子ども総合相談センターへ電話の上、サンプラザ3号館4階同センターへ。事前面談と事後審査あり。

 問合せ先、子ども総合相談センター 電話050-7102-3227、ファクス846-7952

上下水道基本料金の減免

 住民基本台帳に登録されている人で該当する世帯の水道料金と下水道使用料の基本料金を減免(既に減免を受けている世帯、施設入所者、長期入院者を除く)。

▼上下水道基本料金の減免対象

(※各項目、対象、要件、必要書類の順で)

生活保護世帯
生活保護受給世帯
保護受給証明書

母子・父子世帯
児童扶養手当受給世帯(市民税非課税世帯に限る)
※二世帯住宅など複数世帯が同居し同一の水栓を使用されている場合は、一つの世帯とみなします。
児童扶養手当証書、所得証明(1月2日以降に他市から転入した人)

身体障害者(児)世帯
(1)身体障害者手帳1級・2級の所持者がいる世帯(2)特別児童扶養手当・障害児福祉手当・特別障害者手当のいずれかを受給している世帯
(1)身体障害者手帳(2)特別児童扶養手当証書、障害児福祉手当証書、特別障害者手当証書

知的障害者(児)世帯
(1)療育手帳(判定書)Aの所持者がいる世帯(2)特別児童扶養手当・障害児福祉手当・特別障害者手当のいずれかを受給している世帯
(1)療育手帳(2)特別児童扶養手当証書、障害児福祉手当証書、特別障害者手当証書

精神障害者(児)世帯
(1)精神障害者保健福祉手帳1級の所持者がいる世帯(2)特別児童扶養手当・障害児福祉手当・特別障害者手当のいずれかを受給している世帯
(1)精神障害者保健福祉手帳(2)特別児童扶養手当証書、障害児福祉手当証書、特別障害者手当証書

介護保険要介護世帯
要介護度4・要介護度5の人がいる世帯
介護保険被保険者証または要介護認定・要支援認定等結果通知書

震災支援世帯
平成23年3月11日に福島県、岩手県、宮城県の対象区域に住所を有しており、平成29年3月31日までの間に枚方市に転入した人がいる世帯
※平成29年度から要件が変わりました。対象区域は市ホームページをご覧いただくか窓口までお問い合わせください。
罹災証明書または当時、対象区域に居住していたことを証明するもの

生活困窮高齢者世帯
「高齢者」ページ「高齢者の水道基本料金免除」参照。

 転居時は再申請が必要。▼申込 必要書類と印鑑、ご使用水量等のお知らせか領収書を持って上下水道局お客さまセンターまたは市役所本館1階上下水道局窓口へ。

 問合せ先、上下水道局お客さまセンター 電話848-5518、ファクス898-7760

精神保健福祉推進協議会からのお知らせ

 (1)(2)(3)の場所はいずれもラポールひらかた。当日直接会場へ。(1)心の病の当事者クラブ(ひらりの会) お茶を飲みながらゆっくりしませんか。▼日時など 6月1日(木曜日)・7月6日(木曜日)午後2時〜4時。参加費各100円。(2)わかちあおう金曜会・土曜会 ▼日時など 第1金曜=6月2日、第3土曜=6月17日のいずれも午後1時30分。無料。(3)自死遺族わかちあいのつどい「ふきのとうの会」 自死で家族を亡くした人であれば誰でも参加可。▼日時など 6月24日(土曜日)午後2時〜4時。参加費300円。(4)こころの電話相談 苦しいときは一人で悩まずにお電話(電話846-5758)を。秘密厳守。名前を告げる必要はありません。無料。

 問合せ先、精神保健福祉推進協議会(社会福祉協議会内) 電話807-3017、ファクス845-1897

うつ病情報交流会

 当事者や家族、うつ病に関心のある人の情報交換の場。▼日時など 6月24日(土曜日)午後2時〜3時30分、菅原生涯学習市民センター。無料。当日直接会場へ。見学可。

 問合せ先、菅原生涯学習市民センター 電話050-7102-3141、ファクス866-8820

障害者ふれあいスポーツ交流会

 短距離走・二人三脚・玉入れなど個人・ペア・団体種目各種。▼日時など 7月8日(土曜日)午前10時〜午後3時、総合体育館。対象は障害のある15歳以上。参加費300円。手話通訳あり(要予約)。▼申込 6月5日までに電話またはファクス(氏名・電話番号、手話通訳希望の有無を明記)で社会福祉協議会地域支援センターゆいへ。

 問合せ先、地域支援センターゆい 電話808-2422、ファクス808-2423

市民後見人養成講座 オリエンテーション

 市民後見人は認知症高齢者や知的・精神障害者の財産管理、身上監護などについて市民の立場で後見活動を担います。同講座の受講希望者は必ず参加を。▼日時など 7月1日(土曜日)午後2時〜4時30分、ラポールひらかた。無料。▼申込 前日までに電話またはファクス(住所・氏名・電話番号を明記)で府社会福祉協議会大阪後見支援センター(電話06-6764-7760、ファクス06-6764-7811)へ。

 問合せ先、地域包括ケア推進課 電話841-1458、ファクス844-0315

心臓病の子どもに見舞金

 心臓病の子どもまたはその保護者が市内に引き続き1年以上居住し、18歳未満で心臓病の手術を受けた人に見舞金2万5000円を支給(対象者1人につき1回限り。生活保護受給者を除く)。手術後1年以内に申請を。

 問合せ先、医療助成課 電話841-1359、ファクス841-3039

ひとり親家庭等の就労を応援

 いずれも対象は母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦。保育あり(2歳以上の就学前児。無料。要予約)。

(1)パソコン初級〜ワード試験対策講座

▼日時など 9月9日〜10月28日の毎週土曜午前10時〜午後4時、大阪府谷町福祉センター。全7回。無料(教材費5000円)。

(2)簿記3級受験講座

▼日時など 9月9日〜11月18日の毎週土曜(9月23日除く)午前9時30分〜午後3時30分、大阪府谷町福祉センター。全10回。無料(教材費5000円)。

▼申込 いずれも6月9日〜8月9日に往復はがきに住所・氏名・年齢・職業・電話番号、講座名、志望動機、大阪府母子寡婦福祉連合会で受講済みの講座名(該当者のみ)、保育希望の有無を書いて〒540-0012大阪市中央区谷町5-4-13大阪府谷町福祉センター内「大阪府母子家庭等就業・自立支援センター」へ。抽選で(1)20人(2)15人。詳細は同連合会(電話06-6762-9498)へお問い合わせを。

 問合せ先、子ども総合相談センター 電話050-7102-3227、ファクス846-7952