広報ひらかた

国民健康保険

安心で健康な生活を助け合って支える

 国民健康保険は、加入者の皆さん、国・府・市がお金を出し合い、医療費の負担を分かち合うための制度です。

 問合せ先、国民健康保険室 電話841-1403、ファクス841-3716

平成29年度の保険料率

 保険料は前年の所得により年度ごとに決定します。平成29年度の保険料率・算定方法は。

平成29年度国民健康保険料の算定
年間保険料=医療分+後期高齢者支援金分+介護分
医療分(0歳〜74歳):限度額54万円=(1)所得割額+(2)均等割額+(3)平等割額

(1)所得割額=基準総所得×8.27%
(2)均等割額=2万350円×国保加入者数(人)
(3)平等割額=2万5400円

後期高齢者支援金分(0歳〜74歳):限度額19万円=(1)所得割額+(2)均等割額+(3)平等割額

(1)所得割額=基準総所得×3.03%
(2)均等割額=7300円×国保加入者数(人)
(3)平等割額=9110円

介護納付金分(40歳〜64歳):限度額16万円=(1)所得割額+(2)均等割額

(1)所得割額=基準総所得×2.78%
(2)均等割額=1万5430円×国保加入者数(人)

基準総所得とは
給与所得者の場合
給与収入-給与所得控除(所得税法で定められた額)
事業所得者の場合
事業所得ー基礎控除(33万円)
公的年金等受給者の場合
公的年金等収入-公的年金等控除(所得税法で定められた額)

 ※上記以外の所得(不動産・株式等)がある人は別途計算されます。

 ※1人で複数の所得がある場合の基礎控除は1回のみです。

年度途中に40歳になる人

 誕生月(1日生まれの人は前月)から介護分が新たに賦課され保険料が変更。

年度途中に65歳になる人

 65歳から国民健康保険料とは別に介護保険料を納めます。誕生月の前月(1日生まれの人は前々月)までは国民健康保険料の介護分が賦課され1期〜10期に均等に割り振られますので保険料変更はありません。

年度途中に75歳になる人

 75歳からは後期高齢者医療制度の被保険者となります。誕生月の前月分まで国民健康保険料が賦課されます。世帯で他にも国民健康保険の加入者がいる場合は、世帯として算定した年間保険料を1期〜10期に均等に割り振って賦課されますので、75歳になった後も保険料の納付が必要。

6月中旬に納付通知書を送付

 4月分・5月分を含む12カ月分の保険料を6月から来年3月までの10回で均等に割り振ります(端数は1期分で調整)。納期限は各月の末日(12月は25日)、土曜・日曜、祝日の場合は次の平日。

保険料の納付は原則口座振替で

 普通徴収の場合、原則として口座振替での納付となります。▼申込 納付通知書に同封の申込書を市役所別館2階国民健康保険室または取扱金融機関へ持参。郵送(〒573-8666市国民健康保険室)可。キャッシュカードで手続きができる「ペイジー口座振替サービス」も同室・各支所で利用可。

納付相談

 保険料の支払いが困難なときは分割納付等のご相談を。また、前年の世帯総所得が一定以下で、災害や特別な事情で支払いが困難なときは、申請により減免となる場合あり。

年金からの引き去り(特別徴収)

 次の(1)〜(4)の要件全てに当てはまる人は2カ月に1回受給する年金から保険料を引き去り(特別徴収)します。(1)特別徴収の対象となる年金の受給額が年額18万円以上(2)国民健康保険の加入者全員が65歳以上75歳未満の世帯の世帯主(国民健康保険以外の保険に加入している世帯主を除く)(3)介護保険料が年金からの引き去り(特別徴収)(4)国民健康保険料と介護保険料を足した額が特別徴収対象年金の受給額の2分の1を超えない-。特別徴収から口座振替変更も可能。希望者は申し出を。

非自発的失業者の保険料の軽減

 倒産・解雇・雇い止めなどで職を失った人の国民健康保険料の負担を軽減。離職日の翌日の属する月〜翌年度末を対象期間として、「倒産、解雇などによる雇用保険の特定受給資格者」または「雇い止めなどによる雇用保険の特定理由離職者」に該当する失業者の国民健康保険料は前年の給与所得を100分の30として算定。軽減を受けるにはハローワークで交付された雇用保険受給資格者証を提示しての届け出が必要。

加入、脱退等の届け出は14日以内に

 職場の健康保険がなくなった場合は速やかに届け出を。届け出が遅れると資格ができた時点までさかのぼって保険料を納めなければならなくなるほか、届け出日までに支払った医療費は全額自己負担となります。また、職場の健康保険に加入した場合も国民健康保険をやめる届け出が必要。

後期高齢者医療制度

 平成29年度の保険料額は7月中旬に通知書を送付。8月から新たに特別徴収(年金からのお支払い)となる人には、開始通知書を6月下旬に送付します。

 問合せ先、国民健康保険室(後期高齢者医療担当) 電話841-1334、ファクス846-2273

6月は窓口が込み合います

 待ち人数をスマホで確認できます。市役所駐車場は有料です。市役所への所用の場合は60分間または90分間が無料になりますが、窓口の混雑などにより長時間駐車した際は料金の負担が発生します。できるだけ公共交通機関や自転車などで来庁ください。身体障害者手帳などをお持ちの人はご提示を。