広報ひらかた

お知らせ

第87回 広げようコミュニティの わ

食べて歌って笑顔満開

藤阪ハイツでさくらまつり

 4月1日、藤阪ハイツ商店街前広場で地元有志の実行委員会による「第8回さくらまつり」が開かれました。住民や地元店舗によるぜんざいやマグロ販売の露店のほか、和楽器演奏や警察官の寸劇などのステージもあり、約1000人でにぎわいました。長尾西中ブラスバンド部の娘の演奏を聴きに来た40代の女性は「すごい人の数に驚きました。食べ物もたくさんあって楽しい」と話しました。

 開催のきっかけは7年前。商店街に誘致したスーパー開店の応援で、「以前のスーパーが撤退してから、誘致成功はみんなの願いでした」と当時の管理組合理事長で実行委員長の津田進さん(76歳)。「初回はチンドン屋にお願いして、まち中に宣伝しました」と振り返ります。今では春恒例のイベントになり、250人以上が所属する老人会「藤友会」の部会「童謡唱歌の会」として舞台に立った立花元子さん(86歳)は「皆さんに聴いてもらえるのがうれしい。毎年楽しみ」と話します。津田さんは「みんなの力を合わせて元気なまちであり続けたい」と話しました。