広報ひらかた

お知らせ

高齢者

介護保険料 特別徴収開始通知書を送付

 65歳以上で、6月から新たに特別徴収(年金からの支払い)を開始する人には5月中旬に、8月から開始する人には6月初旬に、9月までの徴収額(仮徴収額)等を通知する特別徴収開始通知書を送付します。今年度の年間保険料額が決定していないため、前年度の保険料額に基づき仮徴収額を決定します。10月以降の特別徴収額(本徴収額)等は年間保険料額が決定する6月中旬に通知。

 問合せ先、介護保険課 電話841-1460、ファクス844-0315

後期高齢者医療保険料 特別徴収開始通知書を送付

 6月から新たに特別徴収(年金からの支払い)となる人に、平成29年度分の後期高齢者医療保険料特別徴収開始通知書を5月下旬に送付します。

 問合せ先、国民健康保険室(後期高齢者医療担当) 電話841-1334、ファクス846-2273

障害者手帳等を持つ65歳以上74歳以下の人へ

 65歳以上74歳以下で次の(1)〜(5)のいずれかに該当する人は、申請により後期高齢者医療制度に加入できます。(1)身体障害者手帳1級〜3級(2)身体障害者手帳4級のうち音声・言語機能障害、下肢機能障害の一部(3)精神障害者保健福祉手帳1級・2級(4)療育手帳A(5)国民年金法等における障害年金1級・2級。医療費の一部負担金の割合は1割(現役並み所得者は3割)で保険料は本人および世帯主の所得により決定されます。現在加入している健康保険(国民健康保険など)に比べ、医療費の一部負担金の割合や保険料の負担が少なくなる場合もありますので、国民健康保険室後期高齢者医療担当へお問い合わせを。

※すでに後期高齢者医療制度の被保険者となっている人は申請不要。

※後期高齢者医療制度の障害認定を撤回し同制度以外の健康保険への加入を希望する場合は後期高齢者医療担当へご相談を(撤回した場合でも75歳になれば後期高齢者医療制度の被保険者となります)。

 問合せ先、国民健康保険室(後期高齢者医療担当) 電話841-1334、ファクス846-2273

70歳以上の高額療養費制度 見直しで負担額増に

 高額療養費制度は、医療機関の窓口で支払う1カ月当たりの自己負担額に上限を設け、超過分を申請により払い戻しが受けられる制度です。平成29年8月と30年8月の2回に分けて、70歳以上の自己負担限度額が段階的に改正され、一般所得者の負担上限が上がります。詳細は国民健康保険室へお問い合わせを。

65歳以上の入院時生活療養費の見直しで負担増

 介護保険施設や在宅との公平性を図るため、65歳以上で病院の療養病床に入院した場合、食費のほか光熱水費相当額(居住費)の負担を求めることになりました。平成29年10月と30年4月の2回に分けて変更となります。難病患者は現行どおり負担はありません。

現行(限度額)

(※各項目、所得区分、外来(個人)、外来+入院(世帯)の順で)

現役並み課税所得 690万円以上
4万4400円
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

現役並み課税所得 380万円以上
4万4400円
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

現役並み課税所得 145万円以上
4万4400円
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

一般
1万2000円
4万4000円

住民税非課税世帯
8000円
2万4600円

住民税非課税世帯(年金収入80万円以下など)
8000円
1万5000円

平成29年8月以降(限度額)

(※各項目、所得区分、外来(個人)、外来+入院(世帯)の順で)

現役並み課税所得 690万円以上
5万7600円
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%
<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

現役並み課税所得 380万円以上
5万7600円
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%
<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

現役並み課税所得 145万円以上
5万7600円
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%
<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

一般
1万4000円(年間14万4000円)
5万7600円<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

住民税非課税世帯
8000円
2万4600円

住民税非課税世帯(年金収入80万円以下など)
8000円
1万5000円

平成30年8月以降(限度額)

(※各項目、所得区分、外来(個人)、外来+入院(世帯)の順で)

現役並み課税所得 690万円以上
25万2600円+(医療費−84万2000円)×1%<4回目以降14万100円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>
25万2600円+(医療費−84万2000円)×1%<4回目以降14万100円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

現役並み課税所得 380万円以上
16万7400円+(医療費−55万8000円)×1%<4回目以降9万3000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>
16万7400円+(医療費−55万8000円)×1%<4回目以降9万3000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

現役並み課税所得 145万円以上
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>
8万100円+(医療費−26万7000円)×1%<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

一般
1万8000円(年間14万4000円)
5万7600円<4回目以降4万4000円(直近の12カ月間に該当回数が4回以上になったときの4回目以降。)>

住民税非課税世帯
8000円
2万4600円

住民税非課税世帯(年金収入80万円以下など)
8000円
1万5000円

▼65歳以上の入院生活療養費
現行 負担額(日額)

(※各項目、医療区分1(2、3以外)、医療区分2、3(医療の必要性の高い人)の順で)

320円
0円

平成29年10月以降 負担額(日額)

(※各項目、医療区分1(2、3以外)、医療区分2、3(医療の必要性の高い人)の順で)

370円
200円

平成30年4月以降 負担額(日額)

(※各項目、医療区分1(2、3以外)、医療区分2、3(医療の必要性の高い人)の順で)

370円
370円

 問合せ先、国民健康保険室(後期高齢者医療担当) 電話841-1334ファクス846-2273、(国民健康保険担当) 電話841-1403ファクス841-3716

枚方体育協会のお知らせ

 電話898-8181、ファクス898-8585

こころの健康・からだの健康まつり2017

 シニア向けの楽しいイベントがたくさん。▼日時など 6月28日(水曜日)午前10時〜午後4時、渚市民体育館。対象は65歳以上。無料。上靴・靴袋・飲み物・タオル持参、運動のできる服着用。▼申込 要予約のプログラムのみ5月2日午前11時から電話またはファクス(氏名・年齢・性別・電話番号、講座名を明記)で総合スポーツセンター(電話848-4800、ファクス840-4495)へ。先着各30人(1回の申し込みで2人2講座まで。空きがあれば当日参加可)。予約不要プログラムは当日直接会場へ。

▼こころの健康・からだの健康まつり2017

(※各項目、時間、要予約プログラム(講座)の順で)

午前10時〜11時
(1)動脈硬化とアンチエイジング(2)脳トレ・ロコトレ体操(3)ひざ・腰の痛み改善!ダイエットエクササイズ

午前11時30分〜午後0時30分
(4)おいしく長生き〜食事で伸ばそう、健康寿命(5)ひらかた元気くらわんか体操〜ご当地体操で健康に(6)リズムにのって♪歌でダンスエクササイズ

午後1時〜2時
(7)アロマテラピーで認知症予防〜脳はよみがえる(8)今すぐ使える!ウォーキングエクササイズ(9)美姿勢ヨガ〜やさしい動きでリフレッシュ

予約不要プログラム

午前10時〜午後4時
緑内障健診、歩行チェック、筋力測定、認知機能チェック、血圧測定、立位バランス測定、ロコモ度チェック、ボッダー式リンパマッサージ、血流測定・血管年齢測定・骨密度測定などの健康測定会。

 ※希望者多数の場合は受け付けを早く終了する場合があります。

ひざ痛改善運動

 簡単なストレッチ。▼日時など 5月18日(木曜日)午後1時30分〜3時、菅原生涯学習市民センター。対象はおおむね65歳以上。無料。▼申込 5月10日までに電話またははがき・ファクス・総合スポーツセンターホームページのメールフォーム(住所・氏名・年齢・電話番号、教室名を明記)で同センター(電話848-4800、ファクス840-4495、〒573-0004中宮大池4-10-1、ホームページアドレス、http://hirakata-taikyo.org/sc/)へ。抽選で20人。

シニアのためのメディカルフィットネス

 運動負荷テストの結果をもとに個人に合った有酸素運動や筋力トレーニング。▼日時など 【1】運動負荷テスト 6月10日(土曜日)午前10時〜午後4時の間で指定する30分、関西医大附属病院(新町2)。【2】運動教室 6月26日〜9月11日の毎週月曜(7月17日・8月14日を除く)午前9時〜10時30分、スタジオAYA(新町1)。全10回。対象は【1】に参加でき、次の(1)〜(3)の全てに該当する人。(1)おおむね65歳以上(2)1年以内の健診結果を提出できる(薬を服用している場合は内容が分かるもの)(3)現在治療中の人は主治医の了解がある。参加費1000円。▼申込 はがきまたはファクス・総合スポーツセンターホームページのメールフォームに住所・氏名・年齢・性別・電話番号、教室名を書いて同センター(電話848-4800、ファクス840-4495、〒573-0004中宮大池4-10-1、ホームページアドレス、http://hirakata-taikyo.org/sc/)へ。電話・窓口可。5月14日必着。抽選で20人。

 ※医学的検査の結果、運動プログラムに参加できない場合や精密検査が必要な場合あり(別途費用要)。

ひらかた元気くらわんか体操を学ぼう

 ラジオ体操、ロコモ体操、ひらかた体操がセットになりました。

マスター教室

▼日時など (1)5月17日(水曜日)午前10時〜11時30分=牧野生涯学習市民センター。(2)5月24日(水曜日)午前9時〜10時30分=渚市民体育館。対象はいずれもおおむね65歳以上。無料。▼申込 電話またははがき・ファクスに住所・氏名・年齢・電話番号、教室名、希望日を書いて総合スポーツセンター(電話848-4800、ファクス840-4495、〒573-0004中宮大池4-10-1)へ。5月10日必着。抽選で(1)20人(2)30人。

介護施設等事業者スタッフ向け指導講習会

▼日時など 5月31日(水曜日)午後2時〜4時、メセナひらかた会館。対象は市内施設等で介護予防の運動指導をしている人。無料。▼申込 5月2日午後2時から電話またはファクス(住所・氏名・年齢・電話番号、講習会名、介護施設名を明記)で総合スポーツセンター(電話848-4800、ファクス840-4495)へ。先着40人。

地域に運動指導者を派遣

 高齢者の健康づくりのため、地域の高齢者団体にスポーツレクリエーション指導者を派遣します。▼日時など 6月以降の希望する日時(土曜・日曜、祝日も可)。無料。指導回数は2回以内(1回90分以内)。会場は各団体でご用意を。▼申込 5月11日までに電話で総合スポーツセンター(電話848-4800)へ。抽選で3団体。

はり・きゅう・マッサージ施術費を一部負担

 市内実施施術所の協力で、はり・きゅう・マッサージ施術費の一部を負担します。1回2600円以上の施術を受けた際に施術所が900円、市が900円を負担。医療保険各法・高齢者の医療の確保に関する法律・生活保護法による医療費の支給や扶助が適用される施術は対象外のためご注意を。対象は利用日現在65歳以上の人。▼利用料 1回800円以上(各施術所の料金から、施術所と市の負担額1800円を差し引いた額)。ただし、初検料や往療料は利用者負担。▼回数 1年度につき6回まで(1日1回。全て同一施術所で)。▼申込 市役所別館2階長寿社会総務課、各高齢者サポートセンター、各支所、市駅市民室サービスセンター、各施術所にある用紙(施術所一覧表も配布。市ホームページから取り出し可)を受療時に施術所に提出。施術時に介護保険証など年齢を証明できるものと印鑑持参。詳細は各施術所へお問い合わせを。

 問合せ先、長寿社会総務課 電話841-1461、ファクス844-0315

▼はり・きゅう・マッサージ施術費の一部を負担する施術所
施術所の名称
北部
あずま治療院(牧野本町1。電話855-3137)
加藤鍼灸接骨院(牧野下島町。電話809-0318)
武田鍼灸整骨院(牧野下島町。電話851-8100)
たけるはりきゅう接骨院(東牧野町。電話807-4670)
越智治療院(養父西町。電話857-7835)
池上鍼灸整骨院(養父西町。電話866-5657)
松原鍼灸マッサージ院(東船橋1。電話868-8182)
伊原鍼灸院(楠葉中町。電話855-4716)
みくりや針灸整骨院(楠葉並木2。電話851-9898)
宮本鍼灸整骨院(楠葉並木2。電話850-1088)
斉藤鍼灸院(楠葉並木2。電話855-7495)
中部
歓喜治療院(中宮西之町。電話380-6998)
二葉治療院(宮之阪1。電話898-7575)
三田村鍼灸整骨院(宮之阪1。電話848-8773)
共立鍼灸院(宮之阪3。電話840-0045)
久保鍼灸整骨院(西禁野1。電話805-5210)
おかだ鍼灸整骨院(御殿山町。電話898-8232)
ミウラ治療院(渚元町。電話898-0025)
訪問マッサージ寿指圧鍼灸院(黄金野2。電話828-2966)
マキノ鍼灸整骨院(牧野阪1。電話856-8622)
いおり鍼灸整骨院(牧野阪1。電話894-8988)
治療院きゅう(養父元町。電話845-5357)
西川鍼灸指圧院(招提東町1。電話857-2113)
南西部
久保はり灸院(新町1。電話841-5408)
ウォームスヤマダ治療院(田宮本町。電話841-8090)
唐鍼灸整骨院(川原町。電話841-8803)
ふたば鍼灸整骨院(岡東町。電話845-0009)
はらべ鍼灸整体院(三矢町。電話846-7577)
たいよう鍼灸整骨院(堤町。電話845-5958)
伊原整骨鍼灸院(伊加賀本町。電話841-3209)
南部
奥田六時屋鍼灸治療院(南中振1。電話831-4983)
つぐみ鍼灸整骨院(北中振3。電話835-0293)
西村鍼灸院(香里園山之手町。電話832-1689)
いしはら鍼灸整骨院(山之上2。電話846-3999)
たちばな鍼灸院(宮之下町。電話853-6005)
久保鍼灸整骨院(東香里新町。電話852-8910)
林鍼灸院(高田2。電話853-1012)
大原針灸整骨院(茄子作北町。電話853-2462)
かとう針灸整骨院(香里ヶ丘4。電話853-5550)
そわか鍼灸院(香里ヶ丘12。電話800-6185)
中東部
河野鍼灸院(長尾元町1。電話866-3399)
あやめ鍼灸整骨院(長尾元町6。電話865-4172)
鍼灸院 楓(長尾元町6。電話850-1070)
皆木東洋治療院(長尾谷町3。電話868-6944)
ながおさくら鍼灸整骨院(長尾谷町3。電話855-0337)
すこやか長尾台鍼灸院(長尾台1。電話396-4467)
すこやか長尾台鍼灸整骨院(長尾台2。電話859-5517)
中南部・東部
ふじき鍼灸整骨院(津田駅前2。電話808-0800)
あまみ鍼灸治療院(津田山手1。電話859・4811)
由紀鍼灸院(宗谷2。電話896-1610)

 ※施術の一部を行っていない所もあります。詳細は施術所へ。

人間ドック費用を一部助成

 人間ドックを受診した後期高齢者医療制度の被保険者を対象に、2万6000円を限度として人間ドック受診費用の一部を助成します。▼申込 次の(1)〜(5)を持って市役所別館2階国民健康保険室後期高齢者医療担当へ。(1)受診した人間ドックの領収書の写し(2)検査結果通知書の写し(3)被保険者証(4)通帳など振込先口座が分かるもの(5)印鑑。

 ※年度内1回のみ助成。脳ドックやPET(総合がん検診)、各種がん検診、追加検査等は対象外。

 ※公益社団法人日本人間ドック学会が掲げる検査項目を満たしている必要があります。

 問合せ先、国民健康保険室(後期高齢者医療担当) 電話841-1334、ファクス846-2273

生きがい創造学園

第1回総合講座

 コーラス、ウクレレと講演「外国人が見た日本〜文化や習慣の違い〜」。講師は英語教室主宰のカレン・ジュリア・ウォーターズさん。▼日時など 5月16日(火曜日)午後2時〜4時、市民会館大ホール。無料。当日直接会場へ。

受講生再募集

 いずれも全15回。参加費各2000円。(1)健康と暮らしのガイド 5月25日から第2・第4木曜午後1時30分、輝きプラザきらら。(2)俳句入門 5月19日から第1・第3金曜午前10時30分、楽寿荘。▼申込 往復はがきに住所・氏名(ふりがな)・年齢・生年月日・性別・電話番号・ファクス番号、講座名を書いて〒573-1159車塚1-1-1生きがい創造学園へ。5月6日必着。定員(1)18人(2)2人。定員を超えた場合は5月9日(火曜日)午後1時30分から公開抽選。

 問合せ先、生きがい創造学園 電話・ファクス851-5334

からだスッキリ椅子ヨガ

 高齢者健康づくりプロジェクト。▼日時など 5月26日(金曜日)午後2時〜3時30分、ラポールひらかた。対象は65歳以上。無料。▼申込 はがきに住所・氏名(ふりがな)・生年月日・電話番号を書いて〒573-8666市地域包括ケア推進課へ。5月12日必着。抽選で40人。抽選結果は5月19日以降に郵送。

 問合せ先、地域包括ケア推進課 電話841-1461、ファクス844-0315

まんてん教室

 管理栄養士と歯科衛生士による低栄養改善と口くう機能向上の講義と実習。対象は65歳以上で次のいずれかに該当する人。【A】体重減少を感じている【B】BMI20未満【C】食事の偏りを感じている。▼日時など (1)5月26日(金曜日)(2)6月2日(金曜日)、保健センター。全2回。時間は(1)午前10時〜正午(2)個別相談で後日案内。無料。▼申込 受付中。5月19日までに電話で同センターへ。先着10人。

 問合せ先、保健センター 電話840-7221、ファクス840-4496

ひざ痛教室

 講師は理学療法士。▼日時など 6月6日・13日・20日のいずれも火曜午後2時〜3時30分、保健センター。全3回。対象はおおむね65歳以上。無料。運動できる服着用。▼申込 往復はがきに住所・氏名(ふりがな)・生年月日・電話番号、教室名、応募動機を書いて〒573-1197禁野本町2-13-13保健センターへ。5月15日必着。抽選で15人。

 問合せ先、保健センター 電話840-7221、ファクス840-4496

「はじめての民謡」

 伝統的な音楽・民謡を学びながら仲間づくり。▼日時など 6月10日〜10月28日の第2・第4土曜午前10時40分〜午後0時10分、総合福祉センター。全10回。対象は60歳以上。無料。▼申込 往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号、手話通訳希望の有無、講座名を書いて〒573-0122津田東町2-26-1総合福祉センターへ。5月9日必着。抽選で30人。

 問合せ先、総合福祉センター 電話858-5835、ファクス859-5479