広報ひらかた

お知らせ

福祉

やさしい介護術講座

 介護が楽になるノウハウをヘルパーから学びます。▼日時など 3月23日(木曜日)午後1時30分〜5時、ラポールひらかた。対象は18歳以上。無料。▼申込 往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号、講座名、質問事項、手話通訳希望の有無を書いて〒573-1191新町2-1-35ラポールひらかたへ。3月15日必着。抽選で20人。参加希望者5人以下で中止の場合あり。

 問合せ先、ラポールひらかた 電話845-1602、ファクス843-3320

市営津田元町住宅・津田北町住宅の入居者を募集

 津田元町住宅(津田元町2-60-1)の3階建て2階部分2DK1戸と津田北町住宅(津田北町2-35-1)の5階建て1階部分3DK1戸の入居者を募集。対象は同居親族がある世帯で高齢者世帯・障害者世帯・ひとり親世帯など。入居予定は4月下旬。▼申込 3月13日までに市役所本館3階資産活用室・各支所・各サービスコーナー・市駅市民室サービスセンターにある申込書を資産活用室へ。郵送可(〒573-8666市資産活用室)。13日消印有効。1世帯1件、重複申し込み不可。公開抽選会は3月28日(火曜日)予定。詳細は募集案内参照。

 問合せ先、資産活用室 電話841-1298、ファクス841-3039

手話講習会

 (1)簡単な日常会話までを学ぶ入門クラス(2)聴覚障害者への理解を深める基礎クラス。▼日時など (1)4月12日〜9月6日(5月3日を除く)(2)9月13日〜来年3月14日(12月27日・1月3日を除く)の毎週水曜午後7時〜9時、ラポールひらかた(変更の場合あり)。(1)全21回(2)全25回。対象は4月1日現在18歳以上の初心者〜初級者で(1)(2)いずれも受講できる人。平成28年度以前の手話講習会受講者の連続受講は不可。子ども同伴不可。参加費3240円。▼申込 往復はがきに住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・ファクス番号、講習会名、受講動機を書いて〒573-8666市障害福祉室へ。3月24日必着。抽選で50人。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

特別障害者手当等支給制度

 対象は重度の障害のため日常生活で常時介護(特別障害者手当は常時特別な介護)を要する在宅者で、次の各手当の要件のいずれかに該当する人。支給月は5月・8月・11月・2月(年4回)。

障害児福祉手当(20歳未満)

 月額1万4600円(平成28年4月時点)。▼要件 (1)身体障害者手帳1級・2級程度(2)最重度の知的障害がある(3)常時介護を要する程度以上の精神障害がある。▼支給できない場合 (1)受給資格者かその配偶者または扶養義務者の前年の所得が一定以上(2)施設入所や公的機関の措置で入院している(3)障害を支給事由とする年金給付を受けている。

特別障害者手当(20歳以上)

 月額2万6830円(平成28年4月時点)。▼要件 (1)1級・2級相当の異なる身体障害が重複(2)1級・2級相当の身体障害があり最重度の知的障害がある(3)最重度の知的障害か常時介護が必要な程度以上の精神障害があり、所定の診断書で日常生活での動作および行動が著しく困難な状態にあると判断される(4)1級・2級相当の両上肢・両下肢・体幹機能障害および半身障害があり、所定の診断書で日常生活での動作が著しく困難であると判断される(5)1級相当の内部障害があり、所定の診断書で絶対安静の状態にあると判断される。▼支給できない場合 (1)受給資格者かその配偶者または扶養義務者の前年の所得が一定以上(受給資格者の所得には非課税の障害基礎年金等も含む)(2)施設入所や3カ月を超えて入院している。▼申込 身体障害者手帳または療育手帳・手当認定用診断書(省略できる場合あり)・印鑑・本人名義の金融機関の口座等を持って市役所別館1階障害福祉室へ。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

臨時福祉給付金(経済対策分)

4月10日から受け付け

給付金コールセンター 電話050-5830-6824
午前9時〜午後5時30分(土曜・日曜、祝日を除く)

▼支給額 対象者1人につき1万5000円(1回限り)。▼対象 次の(1)〜(4)全ての要件を満たしている人。(1)平成28年1月1日(基準日)時点で枚方市の住民基本台帳に記録されている(2)平成28年度の市民税(均等割)が課税されていない(3)市町村民税(均等割)が課税されている人の税法上の扶養親族等でない(4)生活保護制度の被保護者等でない。

支給対象見込みの人には4月上旬に申請書を発送

 申請書は4月10日から市役所本館3階福祉総務課、別館1階障害福祉室・2階長寿社会推進室、各支所などでも配布します。

申請期間

 4月10日(月曜日)〜10月10日(火曜日)(消印有効)。

 ※郵送での申請にご協力を。

 問合せ先、臨時福祉給付金課 電話841-1221(代表)、ファクス807-4586

4月から生活困窮家庭の中学生向け学習教室を追加

 4月から、生活困窮で学習環境が十分に確保できない中学生のための学習教室を市内公共施設などに増設し、計2カ所になります。指導は教員経験者。毎週土曜午後2時〜5時。詳細は生活福祉室へお問い合わせを。

 問合せ先、生活福祉室 電話841-1548、ファクス841-4123

府重度障がい者在宅生活応援制度

 支給月は4月・7月・10月・1月(年4回)。▼対象など 居宅で身体障害者手帳1級・2級と療育手帳Aの両方を持つ重度障害者(児)と同居し、重度障害者(児)を介護する人に月額1万円を支給。ただし、重度障害者(児)が施設入所や3カ月以上入院している場合(付添証明があれば対象)や特別障害者手当の受給者は対象外。▼申請など 身体障害者手帳・療育手帳・介護者名の印鑑・介護者名義の金融機関の口座が分かるものを持って市役所別館1階障害福祉室へ。

 ※現在受給中で支給できない場合に該当する人は必ず障害福祉室まで届け出を。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

障害者世帯対象

住宅改造助成事業の利用者募集 前期分

 在宅生活を送る障害者の日常生活動作の改善や、介護者の負担軽減を目的とする住宅改造費用の一部を助成します。助成世帯は抽選で決定し、当選者に順次、相談・訪問・調査を行います。新築・増築や着工・完成済みの工事等は対象外。▼申込 4月3日〜21日に社会福祉協議会地域福祉課(ラポールひらかた内)または市役所別館1階障害福祉室にある申込書・身体障害者手帳または療育手帳の写し・はがき・印鑑を持って同課へ。郵送可(〒573-1191新町2-1-35。4月21日消印有効)。公開抽選は4月28日(金曜日)午後2時、ラポールひらかた。

 ※申し込みは1世帯1通。助成は1回限り。

▼住宅改造助成の対象世帯など
対象世帯((1)〜(4)全ての条件を満たすこと)

(1)イ〜ハのいずれかに該当する人がいる(イ:身体障害者手帳1級または2級、ロ:身体障害者手帳3級の下肢または体幹機能障害、ハ:療育手帳A)。

(2)世帯の中で所得額が最も多い人の平成27年分の所得税額が7万円以下。

(3)住まいが持ち家または借家(借家の場合は家主の改造承認が必要)。

(4)過去に住宅改造助成事業を利用したことがない。

対象工事

便所・浴室・玄関・廊下・階段・台所・居室などの改造に要する費用のうち、障害の状況に応じて必要と認められるもの(訪問調査あり)。

助成額

対象となる工事費(限度額80万円)に下記の補助率を乗じた額を助成(1000円未満切り捨て)。

▼住宅改造助成の補助率

(※各項目、世帯、補助率の順で)

生活保護法による被保護世帯または平成27年分所得税額非課税世帯
1分の1

平成27年分所得税額が4万円以下の世帯
3分の2

平成27年分所得税額が4万1円〜7万円の世帯
2分の1

 ※世帯で所得額が最も多い人の平成27年分の所得税額による。

 問合せ先、社会福祉協議会地域福祉課 電話807-3017、ファクス845-1897

在宅の要介護者に介護用品を自宅に配達

 オムツや介護用品が必要な在宅の要介護者へ月1回、現物を自宅に配達します。対象は市内に住所があり在宅で要介護3〜要介護5の市民税非課税世帯に属する人(入院中・施設入所中は対象外)。▼支給内容 オムツ・介護用品を(1)要介護4・要介護5の人=月額6250円まで(2)要介護3の人=月額5000円まで。▼利用料 利用額の1割負担。▼申込 随時受付。市役所別館2階長寿社会推進室にある申込書と品目申出書(市ホームページから取り出し可)を同室へ。

 問合せ先、長寿社会推進室 電話841-1461、ファクス844-0315

障害者社会参加促進事業 スポーツ講習会

 対象は障害者・児と家族。無料。【かんたん卓球教室】3月11日(土曜日)午後1時〜3時50分・17日(金曜日)午後2時30分〜4時30分・20日(祝日)午前9時〜11時50分・26日(日曜日)午後1時〜3時50分、総合体育館。3月8日(水曜日)・18日(土曜日)正午〜午後2時50分・14日(火曜日)午前9時〜11時50分、伊加賀スポーツセンター。3月21日(火曜日)正午〜午後2時50分、サプリ村野。【フライングディスク】3月11日(土曜日)午後1時〜3時50分、総合体育館(卓球教室と同時開催)。【ボッチャ教室】3月5日(日曜日)正午〜午後2時50分、渚市民体育館。▼申込 開催日の前日までに電話またはファクス(住所・氏名・年齢・電話番号、教室名を明記)で枚方障害者スポーツ連絡会(電話・ファクス896-2861)へ。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

平成29年度福祉タクシー基本料金助成

 身体障害者手帳1級・2級または療育手帳Aを持っている人で、世帯の最多収入者の市民税所得割額が12万円以下の場合、タクシーの基本料金助成利用券を1カ月に2枚を限度に交付します(高齢者の福祉タクシー基本料金助成利用券との併給不可)。▼申込 3月28日から身体障害者手帳または療育手帳・本人および代理人の印鑑を持って市役所別館1階障害福祉室へ。

 ※平成28年1月1日現在、枚方市民でなかった場合は前住所地の市区町村民税課税証明書が必要。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

精神保健福祉推進協議会からのお知らせ

 (1)(2)(3)の場所はいずれもラポールひらかた。当日直接会場へ。(1)心の病の当事者クラブ(ひらりの会) お茶を飲みながらゆっくりしませんか。▼日時など 3月2日・4月6日のいずれも木曜午後2時〜4時。参加費各100円。(2)わかちあおう金曜会・土曜会 ▼日時など 第1金曜=3月3日・第3土曜=3月18日。いずれも午後1時30分。無料。(3)自死遺族わかちあいのつどい「ふきのとうの会」 自死で家族を亡くした人であれば誰でも参加可。▼日時など 3月25日(土曜日)午後2時〜4時。参加費300円。(4)こころの電話相談 苦しいときは一人で悩まずにお電話(電話846-5758)を。秘密厳守。名前を告げる必要はありません。無料。

 問合せ先、精神保健福祉推進協議会(社会福祉協議会内) 電話807-3017、ファクス845-1897

うつ病情報交流会

 当事者や家族、うつ病に関心のある人の情報交換の場。▼日時など 3月25日(土曜日)午後2時〜3時30分、菅原生涯学習市民センター。無料。当日直接会場へ。見学可。

 問合せ先、菅原生涯学習市民センター 電話050-7102-3141、ファクス866-8820

障害者ガイドヘルパー養成研修

 精神障害者の外出を支援するガイドヘルパーの資格を取得しませんか。▼日時など 3月18日(土曜日)午前10時〜午後2時30分・20日(祝日)午後1時〜4時・30日(木曜日)午後2時〜4時、ラポールひらかたなど。研修期間中に精神障害者支援機関での演習あり。対象は講義と実習の全日程に出席でき、市の移動支援事業実施事業所に登録して活動できる人。参加費6000円(学生5000円)。▼申込 往復はがきに住所・氏名(ふりがな)・生年月日・年齢・勤務先または学校名・電話番号(ファクス・携帯電話番号も)・ヘルパー資格の有無(ある場合は資格の内容も)、受講動機を書いて〒573-0011中宮山戸町10-12-105パーソナルサポートひらかたへ。3月10日必着。抽選で20人。詳細はパーソナルサポートひらかた(電話848-8825、ファクス848-7920)へお問い合わせを。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

地域生活支援事業(移動支援等)更新はお済みですか

 市は、障害者(児)の外出を支援する移動支援事業や、保護者の病気や就労のため一定期間通学が困難な障害児を支援する障害児通学支援事業、放課後等に見守り支援を行う日中一時支援事業を実施しています。すでにサービスを利用している人の受給者証の有効期限は3月31日です。更新手続きをお忘れなく。新たなサービス利用の希望や更新案内が届いていない場合は障害福祉室へお問い合わせを。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

介護用品・福祉用具 特別講習会

 オムツのあて方等の実演や排せつ用具の紹介のほか、アドバイザーによる用具の選び方の相談も。講師は(公社)関西シルバーサービス協会の福祉用具相談員。▼日時など 3月9日(木曜日)午前10時15分〜正午、ラポールひらかた。無料。動きやすい服着用。▼申込 3月1日から電話またはファクス(氏名・電話番号、講習会を明記)で長寿社会推進室へ。先着30人。

 問合せ先、長寿社会推進室 電話841-1460、ファクス844-0315

福祉保健サービスの苦情は福祉オンブズパーソンへ

 「サービスが打ち切られた」など市が提供する福祉・保健サービス(高齢者・障害者・児童福祉等)で困ったことがあれば、公正中立に調整する福祉オンブズパーソンへ気軽にご相談を。必要に応じて市に意見表明や提言を行います。担当は種智院大学教授の明石隆行さん、弁護士の永嶋里枝さん。申し込みは福祉オンブズパーソン事務局へ。無料。

 問合せ先、福祉オンブズパーソン事務局(健康総務課内) 電話841-1319、ファクス841-2470