広報ひらかた

伏見市長の情熱日記

暮らしの安心に、健康ほっとライン24!

 春の訪れを感じるようになりましたが、朝夕の冷え込みなどで、体調を崩しやすい季節でもあります。この時期に限らず、なぜか子どもは病院の開いていない夜間や休日に体調を崩すことが多いように思います。

 少し前の休日、私の子どもも熱を出しました。インフルエンザを疑いましたが、いつ病院にかかれば正確な病状判定が出るのか分からず、すぐ休日診療所に連れて行くべきか迷いました。

 そこで利用したのが、昨年開設した、健康や医療に関する24時間対応の電話相談窓口「ひらかた健康ほっとライン24」です。初めての利用でしたが、丁寧で分かりやすい助言のおかげで、適切なタイミングに休日診療所を受診できました。このように、看護師や医師などがいつでも相談に応じてくれる「ひらかた健康ほっとライン24」は力強い味方となってくれます。

 この相談窓口は、子どものことに限らず健康不安や介護など、さまざまな相談を受け付けます。広報ひらかたの裏表紙にもご案内を記載しています。安心して暮らしていただくために、ぜひご利用ください!