広報ひらかた

若い世代へ平和つなぐために

 3月1日は「枚方市平和の日」です。市は、3月を平和月間と位置づけ、今年もさまざまなイベントを開催します。

 問合せ先、人権政策室 電話841-1259、ファクス841-1700

枚方市は平和を願うまち

 戦前、枚方には三つの軍需施設がありました。そのうちの一つ、禁野火薬庫で昭和14年3月1日、作業中のミスがもとで大爆発が発生。火災は3日間続き死傷者約700人、全半壊800戸以上の大惨事となりました。

 終戦から7年後の昭和27年、朝鮮戦争を機に旧香里製造所で火薬を作ろうという動きが起こりました。市民は団結して反対し、製造所跡は香里団地に生まれ変わりました。

 平和を願うまちとなった枚方は昭和57年、大阪府内で初めて「非核平和都市」を宣言。平成元年には、禁野火薬庫が爆発した日であり、第五福竜丸がビキニ環礁での水爆実験に遭遇し被ばくした日(昭和29年)でもある3月1日を「枚方市平和の日」と定めました。

3月1日(水曜日)午後2時45分平和の鐘が鳴ります

 岡東中央公園の平和の鐘「ヒラリヨン」が鳴り響きます。FMひらかたでもヒラリヨンの鐘の音を放送します。

1万個のキャンドル灯る中、平和のこと考えませんか

平和の燈火

3月11日(土曜日) 午後5時30分〜7時30分
岡東中央公園

※荒天時は12日(日曜日)に順延

 恒久平和への祈りと東日本大震災の犠牲者への慰霊を込め、約1万個のキャンドルを灯します。小学生によるメッセージ入りキャンドルや平和をコンセプトにした立体作品も。市内6大学の学生らで構成する実行委員会が企画・運営。市制施行70周年記念プレ事業。

子どもたちに来てもらうアイデア出し合いました

平和の燈火実行委員会委員長 池田将人さん(大阪国際大学3年)

 原爆のことを学んだのは小学生の時、広島への修学旅行でした。その後、平和を意識することはあまりなかったのですが、昨年「平和の燈火」に初めて携わり、改めて平和のことを考えるようになりました。実行委員会では子どもたちにたくさん来てもらいたいと、これまで以上にいろんなアイデアを出し合いました。

 私にとっての平和は「子どもたちや周りのみんなが笑えること」です。ぜひ親子で足を運んでもらい、自分にとっての平和は何か、どうしたら守っていけるのか、考えるきっかけにしてほしいです。

大学生の柔らかな発想を生かして

人権政策室 岩部 智和主任(37歳)

 平和の燈火は今回で6回目ですが、大学生らと運営するようになって5年目を迎えます。どうすれば広い会場を回ってもらえるか、キャンドルの配置の工夫など意見を交わしながら会議を進めています。大学生の発想は柔らかくポジティブで、「T-SITEも会場に」というのも彼らのアイデアなんです。大学生たちは平和の燈火だけでなく、市内の小学校に出向き、平和の大切さを伝える授業も行っています。若い世代へ伝えていく取り組みを進めていきたいですね。

プログラム

午後4時30分

宮城県の郷土料理「はっと汁」の販売

手作りバスボム(入浴剤)教室

キャンドルカップへのメッセージ記入

午後5時30分

オープニング

午後5時45分

点火 誰でも参加できます

午後6時

あかりコンサート

※先着300人に再生キャンドルをプレゼント

※当日、会場で東日本大震災の復興募金も行います

T-SITEで絵本の読み聞かせ

3月4日(土曜日)

(1)午前10時30分 (2)11時 (3)11時30分
枚方T-SITE5階 まなびのひろば

実行委員の大学生が平和についての絵本の読み聞かせを行います。対象者は3歳以上。無料。

原爆の恐ろしさ、決して忘れない。

 昭和20年8月6日午前8時15分、広島市に原子爆弾が投下されました。南中振在住の森容香さん(76歳)は当時5歳。爆心地から1.8キロメートルの自宅で被爆し、その惨状を目の当たりにしました。現在は市内の小学校などで戦争の語り部として活動する森さんに、被爆直後の様子やその後の暮らしについて話を聞きました。

「ピカッ」と光り真っ暗に

 あの日は上の姉が風邪で寝込んでいたため母は仕事を休み、3人の兄姉、1歳の弟と6人で自宅にいました。父は前の年に兵隊として戦争に行っていたのでいませんでした。朝食をとっていると突然「ピカッ」と光り、「ドンッ」という衝撃とともに気絶してしまいました。気付くと目の前が真っ暗。崩れた家の下敷きになっていました。その中から最初に這い出た兄に引っ張られ、家の下敷きになっている母に押され全員がなんとか外へ。周りは鉄筋の建物以外全て潰れていましたが、みんな奇跡的に助かりました。母と兄は、がれきの下から荷物を取り出すためとどまり、私とすぐ上の姉は先に隣のおばちゃんと太田川横の竹やぶに逃げました。道中、柱の下敷きになった人や体中の皮が垂れて水を求める人、親を探して泣く子ども-いろんな人を見ました。本当に恐ろしい光景でした。

はだしで40キロメートル先の父の田舎へ

 別々で避難した母たちと合流し、自宅から約40キロメートルの父の田舎の村へ、着の身着のまま、はだしで向かいました。母の服を握りながらずっと泣いていました。半分もいかない辺りで夜になり、近くの集落でしばらくお世話になりました。そこから村までは車で行くことができました。

お腹空かせた終戦後の暮らし

 村の人が建ててくれたバラックは雨風をしのぐだけの家でしたが、親子6人水入らずで過ごせてホッとしました。母が農家の手伝いをしてもらった1日1升(約1.5キログラム)のお米で生活しました。とても足りなくていつもお腹を空かせていました。学校から帰ると毎日、水を大量に汲んで薪拾い、ワラビやクリ、マツタケを取りに行きました。父と再会できたのは終戦から2年後。大工の父は木の伐採などを行う山師の仕事もして生計を立てました。中学生になる頃にやっと生活が落ち着きました。

子どもたちの感想文は宝物

 時が経つにつれ戦争の語り部が減っています。幼いときの記憶でも伝えていかなければと、2年前に初めて語り部として自分の経験を話しました。子どもたちから「戦争は人が起こしたことだから止められるはず」「聞いた話を伝えていかなければいけないと思った」など、感想文が届いた時は感激しました。宝物として大事にしています。しっかり聞き取ってくれる子どもたちは素晴らしい。これからも語り継いでいかなければと思います。

話し合いができれば戦争は起こらない

 戦時中の生活の辛さは口では言い表せられないほどです。本当に悲惨。戦争は絶対にしてはいけません。平和な世の中を続けるためには国同士でも人間同士でも話し合いができることが大切。相手の話を聞き、自分の意見を言う-。子どもたちにはそんな大人に育ってほしいと願っています。

3月は平和月間です

平和の日記念企画展

枚方に煌めくアール・ブリュットの星座30人
3月3日(金曜日)〜15日(水曜日)午前10時〜午後6時(水曜は午後5時まで)、市民ギャラリー

 市内の障害者支援施設・アトリエで創作活動をするアーティスト30人が、自分の存在や想いを純真な心で表現した絵画など約200点を紹介。美術の枠にはまることのない「生の作品」に触れることで、心の壁や固定観念を取り払い、他者との違いや個性を認め合うことの大切さを考えませんか。無料。

ギャラリートーク

 甲南大学准教授の服部正さんと本展キュレーターが対談します。▼日時など 3月5日(日曜日)午後2時〜4時。無料。当日直接会場へ。

 問合せ先、サンプラザ生涯学習市民センター 電話846-5557、ファクス843-8620

GOSPEL to PEASPEL

キズナのウタコンサート in HIRAKATA 2017
3月11日(土曜日)午後3時30分
市民会館大ホール

 あらゆるジャンルを融合させたオリジナルジャンル「PEASPEL(ピースペル)」の楽曲をお届け。出演はTAEKO GLORYほか。▼チケット 一般3000円(当日3500円)、大学生以下1500円(当日2000円)。全席指定。市民会館(電話843-1122、ファクス843-5062)、ひらかた観光ステーション(窓口のみ)、マイライフ新聞社(電話859-3340)、ローソンチケット(電話0570・000・777)、チケットぴあ(電話0570-02-9999)で販売中。就学前児入場不可。

 問合せ先、枚方市文化国際財団 電話843-1123、ファクス845-1896

平和ライブラリー コンサート

3月12日(日曜日)午後3時〜4時、中央図書館

 枚方演奏家クラブのサクソホン山添悟さん、フルート神野朋子さん、ピアノ大迫朋子さんによるセッション。読み聞かせや詩の朗読とのコラボも。無料。当日直接会場へ。手話通訳あり。

 問合せ先、中央図書館 電話050-7105-8139、ファクス851-0962

平和資料室特別展 

写真家・長倉洋海「地球を生きる子どもたち」
3月4日(土曜日)〜16日(木曜日)午前9時30分〜午後7時、中央図書館(金曜休館、土曜・日曜は午後5時まで)

 難民として生活するアフガニスタンの子どもたちなどの写真約50点。無料。

 問合せ先、人権政策室 電話841-1259、ファクス841-1700

平和映画会「母と暮せば」

3月17日(金曜日)市民会館大ホール
(1)午後2時〜4時10分(2)6時30分〜8時40分

 長崎に原子爆弾が投下された3年後、助産師として働く伸子のもとに原爆で死んだはずの息子・浩二が現れる。主演は吉永小百合、二宮和也ほか。2015年。松竹。130分。無料。当日直接会場へ。全席自由。各先着1400人。日本語字幕付き、手話通訳・補聴システムあり。保育希望者は3月9日までに要申し込み(生後6カ月以上の就学前児・先着10人)。

 問合せ先、人権政策室 電話841-1259、ファクス841-1700