広報ひらかた

市政ニュース

市駅周辺再整備へ 京阪HD、ソウ・ツーと協定締結

活性化協議会もスタート

 市は、枚方市駅周辺再整備の早期実現に向け、10月27日に京阪ホールディングス株式会社、枚方T-SITEを手掛ける株式会社ソウ・ツーと相互協力に関する協定を締結しました。同再整備ビジョンに掲げる拠点に主要な土地建物を所有する両者と市が相互協力して、市駅周辺の再整備の実現を図るものです。

 また、枚方市駅周辺の主要な事業者などによる「枚方市駅周辺活性化協議会」も設立され、会長に北大阪商工会議所の北本明会頭、副会長に伏見市長が選任されました。11月26日にはまちづくりシンポジウムを開催するなど、官民連携した協働のまちづくりを目指したエリアマネジメントを推進します。

 問合せ先、まちづくり推進課 電話841-1479、ファクス841-5101

1月から市役所自動車駐車場が有料に

60分間は無料、以降10分ごと100円

 市は、来年1月から市役所の自動車駐車場を有料化します。駐車料金は平日午前8時30分〜午後6時は10分100円で、その他の時間帯は運営する民間事業者の提案をもとに設定します。市役所への所用の場合は入庫後60分間無料、複数の課での所用などの場合は90分間無料、身体障害者手帳などの保持者は所用に要した時間分が無料となります。車での来庁に際しては駐車料金の負担をお願いする場合がありますのでご協力をお願いします。駐車料金など詳細は今後、広報ひらかた1月号や市ホームページでお知らせします。

自転車・バイク駐車場の利用台数を増加

 来年1月から来庁者の自転車・バイクの駐車台数を増やします(無料)。市役所駐車場の混雑緩和のため自転車や公共交通機関での来庁にご協力を。

 問合せ先、総務管理課 電話841・1323、ファクス841-3039

都市の将来像を示します

都市計画マスタープラン改定と立地適正化計画の作成

 都市計画マスタープランの改定と立地適正化計画の作成に向けて、両計画の素案についての市民説明会と公聴会を開催します。

 マスタープランは都市計画の基本的な方針で、長期的な視点で都市の将来像や実現に向けた取り組みの方向性を示すものです。将来都市像を「まち・ひと・自然がつながり、持続的に発展する都市」とし、4つの基本方針を設定します。

 立地適正化計画は人口減少や少子高齢化が進む中、居住の適正化を図り人口密度を維持するための計画で、交通利便性の高い駅周辺などに商業施設や病院などの都市機能を維持・充実させるため、緩やかな誘導を行うもの。枚方市では医療、商業、子ども・子育て支援、教育・文化などの施設を対象に維持・誘導を図ります。

市民説明会

 (1)12月16日(金曜日)午後7時、メセナひらかた会館(2)17日(土曜日)午後2時、メセナひらかた会館(3)19日(月曜日)午後7時、南部生涯学習市民センター(4)20日(火曜日)午後7時、菅原生涯学習市民センター(5)21日(水曜日)午後7時、楠葉生涯学習市民センター。各日同内容。当日直接会場へ。手話通訳希望者は12月9日正午までに電話または電子メール・ファクス(住所・氏名・電話番号・希望日を明記)で都市計画課へ。

閲覧

▼期間など 12月16日(金曜日)〜1月11日(水曜日)、市役所分館3階都市計画課、同別館6階行政資料コーナー、各支所。市ホームページでも閲覧可。

公聴会

▼日時など 1月21日(土曜日)午後2時、市民会館集会室。各案に対し意見を述べることや意見書を提出することができます。12月16日〜1月11日に市役所分館3階都市計画課にある所定の様式(市ホームページから取り出し可)を同課へ。電子メール・ファクス・郵送可(〒573-8666市都市計画課。1月11日必着)。傍聴希望者ははがきまたは電子メールに住所・氏名・電話番号、公聴会傍聴希望を書いて同課へ。

 問合せ先、都市計画課 電話841-1414、ファクス841-4607、メールアドレス、tosikeikaku@city.hirakata.osaka.jp

算数・数学は良好、国語に課題

平成28年度全国学力・学習状況調査結果

 全国の小学6年生と中学3年生を対象に国が実施した学力・学習状況調査の結果がまとまりました。より分かりやすく伝えるため、今年度から各教科の平均正答率や平成19年度からの全国平均正答率との対比結果も公表します。

▼各教科の平均正答率

(※各項目、小学校、枚方市、大阪府、全国の順で)

国語A
73.3%
71.3%
72.9%

国語B
57.0%
55.4%
57.8%

算数A
80.3%
76.9%
77.6%

算数B
47.5%
45.8%
47.2%

(※各項目、中学校、枚方市、大阪府、全国の順で)

国語A
75.2%
73.5%
75.6%

国語B
65.8%
63.3%
66.5%

数学A
63.7%
61.7%
62.2%

数学B
45.6%
43.1%
44.1%

学力状況

 国語と算数・数学で主に知識に関する問題Aと主に活用に関する問題Bが行われました。小学校では国語Aと算数A・算数B、中学校では数学A・数学Bで全国より高い平均正答率となりました。国語Bの平均正答率は小学校・中学校ともに全国を下回りました。今後さらに、必要な情報を読み取りながら自分の考えを書くといった活用力を身に付けていく必要があります。

生活・学習状況

 「朝食を毎日食べている」「自分で計画を立てて勉強している」「授業時間以外の、1日の読書時間」が小学校・中学校ともに全国より低い割合となりました。詳細は市ホームページ参照。

学校と家庭の連携確立へ

 今回の結果を踏まえ、今後、各学校が行う授業改善のための校内研究や放課後自習教室の充実、家庭学習の定着のための取り組みを進め、児童・生徒の学力向上を図ります。また、生活習慣と学力には相関関係があることから、朝食を毎日食べる習慣や宿題・自主学習の取り組みなどが大切です。家庭と連携して生活・学習習慣の確立にも取り組んでいきます。

 問合せ先、教育指導課 電話050-7105-8052、ファクス851-2187

ふるさと寄附金 返礼品が100種類以上に

「さとふる」からの受け入れも開始

 市は、12月1日受け付け分から個人で1万円以上のふるさと寄附をした人に送付する返礼品を、4段階の寄附額(1万円、3万円、5万円、10万円)に応じて100種類以上に拡充します。返礼品は牛肉や野菜のギフトセット、銘菓などの商品のほか脳ドック受診や淀川舟運などの体験型サービスもあります。また、ふるさと納税サイト「さとふる」からの寄附受け入れも始め、コンビニエンスストアでの寄附金の支払いが可能になるなど利便性の向上を図ります。窓口での申し込みは従来通り各担当課で受け付けます。

ポータルサイトによる申込方法

(1)「さとふる」(ホームページアドレス、http://www.satofull.jp/)または「ふるさとチョイス」(ホームページアドレス、http://www.furusato-tax.jp/)にアクセス。

(2)各ポータルサイトの「枚方市」のページに進み必要事項を入力。

(3)入金確認後、送付される寄附金受領証明書を受け取り確定申告。

 返礼品や申し込み手続き、寄附金の活用事例など詳細は市ホームページまたは市役所本館・別館受付などにあるパンフレット参照。

 問合せ先、政策推進課(返礼品) 電話841-1229ファクス846-5341、税制課(手続き等) 電話841-1314・市民税課(税の控除額等) 電話841-1353、ファクス841-3039

あなたの声を市政に生かします

 市の施策に関する市民の皆さんの意見を募集します。いずれも意見は市ホームページまたは計画案等設置場所の意見回収箱へ。郵送・ファクスも可。計画案等は各実施期間中に市ホームページ参照または各設置場所で閲覧可。

パブリックコメント スポーツ推進計画(素案)

 誰もがスポーツを楽しむことができる環境を推進するための新たな計画素案。▼実施期間 12月1日(木曜日)〜20日(火曜日)。▼案設置場所 輝きプラザきらら4階スポーツ振興課、渚市民体育館、総合・伊加賀・サプリ村野の各スポーツセンター、市役所本館・別館受付、各支所・生涯学習市民センター。

 問合せ先、スポーツ振興課 電話050-7105-8061、ファクス851-9335

公共施設マネジメント推進計画(案)

 公共施設全般に関する総合的・計画的なマネジメントを市全体で推進するための計画。▼実施期間 12月1日(木曜日)〜20日(火曜日)。▼案設置場所 市役所本館3階資産活用室、同別館・本館受付、各支所・生涯学習市民センター。

 問合せ先、資産活用室 電話841-1298、ファクス841-3039

第3次子ども読書活動推進計画(素案)

 全ての子どもたちに読書の楽しみを届けるための計画素案(平成29年度〜33年度)。▼実施期間 12月1日(木曜日)〜20日(火曜日)。▼案設置場所 各図書館・分室、市役所本館・別館受付、香里ケ丘支所、南部生涯学習市民センター。

 ※点訳・音訳あり。

 問合せ先、中央図書館 電話050-7105-8121、ファクス851-0962

文化芸術振興計画(素案)

 文化芸術振興審議会で審議を進めてきた計画の素案。▼実施期間 12月1日(木曜日)〜20日(火曜日)。▼案設置場所 市役所別館3階文化生涯学習室、同本館・別館受付、各支所・生涯学習市民センター、枚方公園青少年センター、市民会館。

市民説明会

 12月17日(土曜日)午後1時、メセナひらかた会館。当日直接会場へ。手話通訳は12月8日までに文化生涯学習室へ要申し込み。

 問合せ先、文化生涯学習室 電話841-1409、ファクス841-1278

障害者計画(第3次)改訂版案

 障害者に関わるさまざまな施策を総合的、体系的に示した計画の素案。▼実施期間 12月19日(月曜日)〜1月12日(木曜日)。▼案設置場所 市役所別館1階障害福祉室、各支所・生涯学習市民センター、枚方公園青少年センター、ラポールひらかた、市内6カ所の障害者相談支援センター。

市民意見聴取会

 1月6日(金曜日)(1)午後1時30分(2)6時30分、ラポールひらかた。当日直接会場へ。手話通訳あり。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

香里ケ丘図書館建替え基本計画(素案)

 地域の魅力向上に寄与するなどの5つのコンセプトと、設計段階からの民間事業者のノウハウ活用などコンセプト実現のための手法を盛り込んだ計画の素案。▼実施期間 12月1日(木曜日)〜20日(火曜日)。▼案設置場所 各図書館・分室、市役所本館・別館受付、香里ケ丘支所、南部生涯学習市民センター。

 ※点訳・音訳あり。

説明会

 (1)12月9日(金曜日)午後3時(2)10日(土曜日)午後7時、香里ケ丘図書館集会所。当日直接会場へ。手話通訳は12月5日までに中央図書館へ要申し込み。

 問合せ先、中央図書館 電話050-7105-8111、ファクス851-0962

りりしい幸村、登場!

ひらかた菊フェスティバル

 ひらかた菊フェスティバルが11月14日まで枚方市駅周辺など市内6カ所で開かれ、多くの市民らが訪れました。市役所前ではひらかた市民菊人形の会が大河ドラマ「真田丸」をテーマに、大坂の陣で赤い鎧を身につけた真田幸村が逃げる徳川家康を追う場面を表現しました。「一体一体の動きや表情にこだわった」と同会会長の滝口博之さん(71歳)。展示に見入っていた70代の男性は「幸村の顔がりりしい。ストーリーがあって面白いですね」と話しました。

 また、岡東中央公園周辺では白、紫、黄色など約2000鉢の菊が並び、東中振の松本多恵子さん(50歳)は「枚方の歴史を感じます。若い人にも見てほしい」と話しました。

 問合せ先、賑わい交流課 電話841-1475、ファクス841-1278

小規模保育を拡充します

平成29年度から公共施設や民間施設などで

 市は、年度途中での待機児童の解消を目指し、特に保育需要が増えている1歳児・2歳児を対象とした小規模保育事業を拡充します。

 平成29年4月から旧枚方区検察庁舎(大垣内町2)、7月から北部支所(楠葉並木2)で、市の運営で実施します(定員各19人)。また、民間施設でも4月からの実施に向け準備を進めています。各施設の名称・所在地や定員、入所申し込みの方法など詳細は、市ホームページ(12月上旬)や広報ひらかた1月号でお知らせします。

 問合せ先、子育て事業課 電話841-1471・保育幼稚園課 電話841-1472、ファクス841-4319