広報ひらかた

平成28年度の枚方市の予算を知ろう!

 こんにちは。ぼく、ひこぼしくん。平成28年度の枚方市当初予算が決まったよ。全ての会計の予算総額は2844億4900万円。予算の仕組みや、3月までの1年間でどんなことにお金を使うのか、担当職員に聞いてみたよ。

Q 予算ってどんなもの?

A

 1年間でどのくらいの収入があって、どのくらいの費用を使うのかを見積もったものです。入ってくるお金には、個人や会社の収入にかかる市民税や持っている家や土地にかかる固定資産税などいろんな税金や、国から支出される収入などがあります。

平成28年度当初予算 一般会計は1394億円

 安全で、利便性の高いまちづくりや、健やかに生きがいを持って暮らせるためのまちづくりなど、バランスよく配分されているよ。

何のために使うの? 目的別グラフ

 平成28年度当初予算は前年度に比べて128億円増となっています。

平成28年度一般会計の内訳

(%は構成比)

歳入(入ってくるお金)
総額1394億円
市税 39.1%
545億1660万円
市民税、固定資産税など市民の皆さんから納付
国庫支出金 19.3%
268億8596万円
保育所の運営や生活保護など特定の事業を行うため国から交付
市債 9.0%
125億4770万円
公共施設などの整備費や地方交付税の不足分を補うため市が借入
府支出金 8.4%
116億4493万円
医療費の助成や統計調査など特定の事業を行うため府から交付
地方交付税 7.8%
108億円
自治体間の不均衡を調整し、全国どこの自治体でも一定のサービスが確保できるよう国から交付
地方消費税 交付金 5.6%
77億8234万円
地方消費税を財源として、人口などに応じて府から交付
その他 10.8%
152億2247万円
歳出(使うお金)
総額1394億円
民生費 46.4%
646億8839万円
子育て支援や高齢者・障害者施策、生活保護費など
総務費 12.6%
175億4217万円
税務、選挙、広報といった市の全般的な管理事務など
土木費 11.2%
156億5271万円
道路・公園などの整備や維持管理など
衛生費 9.3%
129億4493万円
保健所の管理運営や予防接種、ごみ処理など
教育費 8.8%
122億1268万円
学校施設の管理運営、スポーツ振興など
公債費 7.3%
101億4333万円
過去に借り入れた市債の返済など
消防費 3.3%
46億8449万円
消防や防災活動など
議会費 0.5%
7億1757万円
議会の運営など
その他 0.6%
8億1373万円

歳出の性質別グラフ

(〔 〕は昨年度当初予算との比較)

扶助費 24.9%
347億7702万円〔11億5472万円増〕
生活保護費・医療費の助成・児童手当の支給など
物件費 16.4%
229億2884万円〔7億1444万円増〕
消耗品・備品の購入や光熱水費、施設の管理委託料など
人件費 15.6%
217億1999万円〔2億6119万円減〕
職員の給与や退職金、議員の報酬など
投資的経費 10.8%
149億9458万円〔85億6601万円増〕
公共施設の整備費
公債費 7.3%
101億4333万円〔2153万円増〕
市が借りているお金の返済にかかる経費
繰出金 6.2%
87億1758万円〔11億8489万円増〕
特別会計に対して一般会計から支出するお金
維持補修費 1.9%
26億775万円〔4億760万円増〕
公共施設の維持補修費
その他 16.9%
235億1091万円〔10億1200万円増〕

Q 市債って何?

A 市が借りているお金のことです。

 市が公共施設などを建てるためや、本来国から支払われる地方交付税の不足分を補う「臨時財政対策債」の2つがあります。いずれも国や銀行などから借りるものです。

Q どうして借りないといけないの?

A 負担を公平にするためです。

 例えば、道路や学校をつくるために必要なお金をその年の予算だけで支払ってしまったら、他の事業に使うお金が足りなくなってしまいます。また、道路や学校はこれから長い間たくさんの市民が利用するので、今の子どもやこれから枚方市に引っ越してくる人にも公平に費用を負担してもらうため市債を発行して、時間をかけて少しずつ返していく必要があるんです。

 また、臨時財政対策債は地方交付税の不足分を補うための借入金ですので、一定の行政サービスを確保する上で必要なのです。

Q 長い期間をかけて返すと、将来の負担にならないの?

A 計画的に借り入れています。

 財政が苦しくならないように、きちんと計画的に返済しています。また積み立てた貯金(基金)も使いながら市債の発行を抑えています。

全会計の予算総額は2844億4900万円

 お金の使い道が事業ごとに分かるようにするため、行政運営の基本的な経費を計上する「一般会計」のほか、7つの特別会計と3つの企業会計があります。例えば、水道管の整備には市税ではなく、水道料金が使われています。

各会計別予算額

(単位:百万円、金額は十万の位を四捨五入)

(※各項目、会計区分、平成28年度当初予算、前年度比の順で)

一般会計
139,400
12,800

特別会計 国民健康保険
53,926
322

特別会計 土地取得
8,086
7,143

特別会計 自動車駐車場
95
4

特別会計 財産区
59
ー19

特別会計 介護保険
30,014
2,175

特別会計 後期高齢者医療
5,161
105

特別会計 母子父子寡婦福祉資金貸付金
20
ー1

企業会計 水道事業
14,254
1,654

企業会計 病院事業
11,321
849

企業会計 下水道事業
22,113
259

全会計
284,449
25,291

※企業会計の予算は、収入と支出が一致しないため支出額を記載。

平成28年度の主な事業

金額は千の位を四捨五入

 「新しい枚方の創造」に向けた具体的な取り組みを紹介するよ

安全で、利便性の高いまちを築きます

浸水対策の推進(23億1070万円)

 新安居川・溝谷川ポンプ場の排水能力向上に向けた整備や船橋本町雨水支線の整備に取り組むとともに、蹉だ・楠葉排水区の雨水貯留施設等の整備を推進。

京阪本線連続立体交差事業の推進(35億1258万円)

 枚方公園駅付近から香里園駅付近の間の踏切による交通渋滞や事故の抜本的な解消、鉄道で分断された市街地の一体化を図るため、民間機関も活用しながら取り組みを進める。

健やかに、生きがいを持って暮らせるまちづくりを進めます

24時間健康医療相談窓口の設置(3244万円)

 市民の安心を確保するため、医師・保健師・看護師等の専門相談員が24時間対応する電話相談窓口を7月に開設予定。

歯科口腔保健の推進(3226万円)

 府内で初めて歯と口の健康づくりを推進するための口腔保健支援センターを保健センター内に設置。後期高齢者歯科健康診査の無料実施や2歳6カ月児歯科健康診査時におけるフッ化物塗布を実施。

介護予防活動の支援(232万円)

 介護予防を進めるため、「元気くらわんか体操」の普及を促進し、リハビリテーションの専門職が地域における介護予防の取り組みを支援する。

一人ひとりの成長を支え、豊かな心を育みます

妊娠・出産・子育て環境の充実(2045万円)

 妊娠届出時に保健師が全員の面接を実施し、悩みや不安に対する相談に応じるとともに、地域を担当する保健師のPRや母子保健コーディネーターの相談体制を強化する。

学力向上に向けた取り組み(1億1053万円)

 小中一貫教育を円滑に実施するため、全中学校区に専門のコーディネーターを配置するとともに、中学校英語教員による小学6年生を対象とした外国語活動の教科担任制を導入。放課後自習教室の開室日数を拡充し、より多くの児童・生徒の学習機会を提供する。

地域資源を生かし、人々が集い
活力がみなぎるまちづくりを進めます

枚方市駅周辺再整備ビジョンの推進と総合文化施設の整備
(75億2051万円)

 枚方市駅周辺を魅力あふれるにぎわいのある中心市街地とするため、その一環として交通環境の改善に向け外周道路(枚方藤阪線〜京都守口線)等の実施設計を行うとともに官公庁団地エリアについては、国・府と連携・協力しながら民間施設を含む庁舎の一体的整備に向けて効率的・効果的な整備手法を検討する。また、総合文化施設については、枚方市駅周辺の魅力向上につながるよう整備を進める。

特別史跡百済寺跡の再整備(1億2889万円)

 地域住民をはじめ多くの人が、憩いと親しみあふれ、古代寺院の景観を体感できる史跡公園とするため、西面回廊の整備などを行う。

自然と共生し、美しい環境を守ります

東部公園・星ケ丘公園の整備(5億6600万円)

 東部公園は、地域の魅力向上と市民が自然とふれあい親しめるよう緑地整備を実施する。星ケ丘公園は自然環境を生かした開設エリアの拡大に向け、計画的に整備を進める。

効率的・効果的な市政運営を推進します

協働によるまちづくりの推進(5430万円)

 地域課題を把握し、解決を図るため地域へ市職員を配置する「地域担当職員制度」を導入する。また校区コミュニティ協議会への補助制度については、補助対象の拡大など再構築に向けた検討を進める。

生涯学習施設と図書館のサービス向上と効率的な管理運営
(2億89万円)

 蹉だ・牧野の2つの生涯学習市民センターと図書館の複合施設に指定管理者制度を導入し、平成30年度の複合全6施設への同制度の導入につなげる。

 予算は暮らしやすいまちづくりのため、ちゃんと計画的に使われるんだね。