広報ひらかた

まちの話題

話題のニュースやイベントなどを紹介!

サツマイモとれたよ

「収穫の秋 穂谷」に1万9000人

 穂谷地区に広がる3.5ヘクタールの農地で10月11日、自然や農業に触れ合うイベント「収穫の秋穂谷」が開かれ1万9000人でにぎわいました。地元農家が作った野菜が並ぶ朝市には長蛇の列ができたほか、サツマイモ掘りや畜産農家が飼う子牛との触れ合い、ドジョウのつかみ取りなどのイベントも。家族5人で黒豆の枝豆を摘み取っていた北口勝浩さん(39歳)は「甘くておいしいので毎年楽しみにしています」と笑顔で話しました。

よ~く狙って的に当ててね

中学生企画で盛り上がったNPOフェスタ

 9月23日、岡東中央公園周辺でNPOフェスタが開かれ43団体が日頃の活動を紹介しました。東日本大震災の復興支援でマッサージを行った団体はハンドマッサージのブースを出展。桜丘・中宮両中学生の企画による的当てゲームは子どもに大人気で、桜丘中3年の厚見遼也さんは「後輩にも続けてほしい」と笑顔でした。また、40代の女性は「子どもたちがいろんなボランティア活動に触れ合えるのはいいですね」と話しました。

キレのいい踊りにびっくり

メチャハピー祭で26チーム競演

 10月12日、踊りの祭典「大阪メチャハピー祭」が府内7カ所で開かれ、枚方会場の岡東中央公園では26チームが競演しました。枚方からは幼稚園児から大人までの9チームが参加。音楽にあわせて腕を大きく振ったり舞台を走ったり全身を使った激しい踊りに、観客から大きな拍手と「良かったぞ!」と激励の言葉が。6歳の孫を見に来た北中振の中野千恵美(65歳)さんは「みんな動きにキレがあってびっくり」と笑顔で話しました。

王仁プールでカヌー!

小学生や高齢者が初挑戦

 9月27日、初心者でも安心して楽しんでもらおうと王仁公園プールでカヌー体験教室が開かれ、小学1年生から75歳まで42人が参加しました。「がに股で体を支えて」と助言を受け慎重に乗船した参加者は50mプールを自由にこぎまわり、リレーにも挑戦。真っすぐ進むのが難しく参加者同士で「がんばれ!」「左をこいで!」と応援して盛り上がりました。菅原小3年の西嶋桜白さんは「手が疲れたけどすごく楽しかった」と話しました。

皆で歌って元気に

ひとり暮らし老人会「赤いベレー」が25周年

 懐かしの小学唱歌を歌う、ひとり暮らし老人会のサークル「赤いベレー」が25周年を迎えました。11月の記念コンサートに向け、約140人が練習に励んでいます。岡村信子さん(84歳)は「一緒に大きな声で歌うと元気になりますよ」と笑顔です。 ▶25周年記念コンサート 「ふるさと」や「もみじ」など約20曲。11月28日(土)午後1時30分~3時30分、メセナひらかた会館。無料。先着300人。当日直接会場へ。

熱い地元で熱唱

人気バンド「アンダーグラフ」が凱旋ライブ

 メジャーデビュー11周年の枚方出身ロックバンド「アンダーグラフ」が10月10日、蹉跎生涯学習市民センターでライブを行いました。地域住民でつくる同センター活動委員会によるもので、チケット120枚は即完売。南中振出身のボーカル真戸原直人さん(写真中央)は「地元は温かくて熱い」と蹉跎の情景を歌ったヒット曲「ツバサ」等10曲を熱唱。家族で聴きに来た吉川貴教さん(14歳)は「感動した。またライブしてほしい」と話しました。

心一つに奏でたハーモニー

関西創価小合唱団がNHKコンクールで優良賞

 関西創価小ビクトワール合唱団が10月11日、東京で行われた第82回NHK全国学校音楽コンクール全国大会に初出場し、優良賞を受賞しました。参加898校から11校が選ばれた同大会に府内の小学校が出場するのは11年ぶり。メンバー54人は毎朝1時間と週3日の練習で培ったハーモニーで「まいごのひかり」など2曲を披露。部長で6年生の澤津智子さんは「応援してくれた人への感謝を込め心一つに歌いました」と話しました。

楽しんだ! 世界の音楽

ワールドミュージックフェスに400人

 10月3日、世界の民族芸能に触れる「ワールドミュージックフェス」が市民会館大ホールで初めて開かれました。多文化フェスティバルと同日開催で、エジプトのベリーダンスや中国音楽、フィンランドタンゴ、アフリカ音楽など5ステージに約20種類の楽器が登場。フィナーレでは出演者全員で「花」を演奏し、観客約400人は大いに盛り上がりました。80代の女性は「日ごろ接することのない音楽を枚方で聴けてうれしい」と話しました。

チームワークでつないだ得点

ひらしん女子ソフト部が全国大会で健闘

 枚方信用金庫女子ソフトボール部が9月12日~14日、長野県で開催された全日本レディースソフトボール大会に府代表として2年ぶりに出場しました。4年前に優勝経験もある同チームは一人一人がつないで得点する打線を持ち味に初戦を3対1で通過。2回戦で静岡代表に敗れました。ショートの西間綾香さん(29歳)は「堅実な攻めと守りができず力不足でした。もっと練習して来年こそは優勝したい」と話しました。

エラサッサー!

江戸時代から続くふとん太鼓が練り歩き

 10月11日、布団を5枚重ねた形のみこし「ふとん太鼓」が、威勢のいい掛け声とともに太鼓と歌に合わせて枚方市駅周辺を練り歩きました。豊作を祝う秋祭りとして350年の歴史を持ち、現在は岡東町・新町・三矢町・岡本町が伝統を受け継いでいます。うちわで「力風(ちからかぜ)」を送る役を務めた高校1年生の上田有花さんは「江戸時代から続く伝統文化を未来につなげていきたい。来年も楽しみ」と話しました。