広報ひらかた

お知らせ

健康

保健センターのお知らせ
電話840・7221 ファクス840・4496

血糖コントロールセミナー

 対象は空腹時血糖値100㎎/㎗以上、またはヘモグロビンA1c5.6㎎/㎗以上の人とその家族。▼日時など 食事の話=6月18日(木曜日)、運動の話=6月26日(金曜日)、個別相談(1人30分程度)=7月2日(木曜日)のいずれも午後1時30分〜4時。保健センター。全3回。無料。血糖値やコレステロールなど血液検査結果が分かる資料・内服薬一覧持参。▼申込 6月4日〜17日に電話で同センター(専用電話847・3750)へ。氏名・年齢・電話番号、最近の検査結果(空腹時血糖値・ヘモグロビンA 1c値など)・服薬の有無・身長をお尋ねします。

栄養相談

 子どもから大人までの適切な食事について管理栄養士が相談に応じます。予約制。▼日時など 6月10日(水曜日)・6月26日(金曜日)午前9時15分〜正午、6月15日(月曜日)・7月2日(木曜日)午後1時〜5時、保健センター。無料。あれば健診結果・健康手帳・母子健康手帳持参。▼申込 受付中。電話で同センターへ。

健康相談

 保健師が心身の健康や健診結果などの相談に応じます。予約制。▼日時など 6月10日(水曜日)午前9時15分〜11時45分、保健センター。無料。あれば健診結果・健康手帳持参。▼申込 受付中。電話で同センターへ。

健康教室

 いずれも場所は保健センター。(1)40歳からのロコモ体操 6月22日(月曜日)午後1時30分。ロコモティブシンドロームの話と予防の体操。講師は理学療法士と保健師。(2)女性のためのぷよぷよ引き締め教室 7月28日(火曜日)午後1時30分。家庭でできる体操。女性特有の身体の悩み解決も。対象は女性。講師は理学療法士と保健師。(3)お手軽ストレッチ―そろそろ始める運動教室 7月1日(水曜日)午後1時30分。自宅でできる簡単なストレッチ。講師は作業療法士。(4)今すぐできる血管アンチエイジング 7月9日(木曜日)午後1時30分。若くしなやかな血管を目指します。講師は管理栄養士と保健師。あれば健診結果・健康手帳持参。無料。▼申込 (1)6月3日(2)9日(3)10日(4) 11 日のいずれも午前9時から電話で保健センター(専用電話847・3750)へ。先着(1)30人(2)30人(3)40人(4)20人。

健康サポート講演会

◆予防しましょう! 骨粗しょう症 枚方市医師会の高谷泰輔さんが講演。▼日時など 6月9日(火曜日)午後2時〜3時30分。無料。当日直接同センターへ。
◆便秘・痔〜あなどるなかれ〜 原因や症状、予防策等を枚方市医師会の上田さつきさんが講演。▼日時など 6月24日(水曜日)午後2時〜3時30分。無料。当日直接同センターへ。

献血にご協力を 6月分

 16歳〜69歳(65歳以上は60歳〜64歳に経験のある人のみ)。本人確認のため運転免許証などの提示が必要。▼日時など (1)6月8日(月曜日)フレスコ藤阪店前、(2)6月22日(月曜日)樟葉駅前、(3)6月13日(土曜日)サプリ村野、(4)6月18日(木曜日)アル・プラザ枚方店前。(1)(2)午前10時〜正午、午後1時〜4時30分、(3)午前10時〜正午、午後1時〜4時、(4)午前10時〜午後4時
 お問合せ先、市献血推進協議会(社会福祉協議会内) 電話844・2443、ファクス845・1897

元気講座「明るく頭を使って あきらめない」

 歌ったり、指や手を使ったリズム遊び、ジャンケンたすき取り、風船サッカー、シーツ玉入れなどで認知症予防。講師は保健師の野田道子さん。▼日時など 6月28日(日曜日)午後2時、楠葉生涯学習市民センター。無料。▼申込 6月1日午前10時から 電話で楠葉生涯学習市民センターへ。抽選で60人。
 お問合せ先、楠葉生涯学習市民センター 電話050・7102・3131、ファクス855・4971

国保加入者の日曜特定健診

◆日曜に特定健診を実施 対象は40歳(今年度中になる人を含む)〜74歳の市国民健康保険加入者。▼日時など 6月14 日(日曜日)、市民会館集会室。午前中(時間は予約時に案内)。無料。▼申込 平日の午前10時〜午後5時に電話で国民健康保険室(予約専用電話843・0594)へ。先着100人。予約の際、受診券整理番号が必要。
 お問合せ先、国民健康保険室 電話841・1403、ファクス841・3716

こころの健康相談専用ダイヤルを開設

 眠れない、気分が落ち込む、お酒がやめられない、自分を傷つけてしまうなど本人や家族の心の病に関する相談に精神保健福祉士・臨床心理士等が応じます(専用電話845・3177)。平日午前9時〜午後4時。
 お問合せ先、保健予防課 電話807・7625、ファクス845・0685

6月4日~10日は歯と口の衛生週間

よい歯のコンクール
上位4組の親子が枚方地区代表に

枚方地区代表の1位に、招提元町在住の三木賢さん・桜子ちゃん、続いて堂山町在住の荒川武史さん・楓ちゃん、香里ケ丘在住の水口栄子さん・侃ちゃん、養父丘在住の佐藤典子さん・優成ちゃん親子が選ばれました。「メロンやイチゴが大好き」と言う子どもたちの横で、保護者らは「歯磨きと定期的な健診が大事ですよね」と話しました。
 お問合せ先、保健企画課 電話807・7623、ファクス845・0685

8020(はちまるにいまる)運動
80歳で20本以上の健康な歯を

「健康な歯が元気の源」「健康な歯の本数?何本かしら」と笑う伊加賀南町の門野正子さん。食後の丁寧な歯磨きと定期健診で82歳の今も歯と口の健康を保っています。定期的に太極拳やストレッチなどで体を動かし、食事は油が多い物を控えるなど人一倍健康に気を配っており「歯の健康は元気の秘けつ。『健口』だからこそ何を食べてもおいしいです」と話しました。

健康メモ 唾液の役割

 唾液は、歯の表面や口の中を洗浄する自浄作用、歯垢の形成・発育を抑制する抗菌作用、酸性・アルカリ性を中和する緩衝作用、虫歯の進行によって失ったカルシウム・リンを補い、エナメル質・象牙質の再石灰化を促進する作用などがあります。分泌量が多いほど虫歯や歯周病の予防効果は高く、免疫作用、消化作用、排せつ作用、潤滑作用、味覚や水分調節といったさまざまな作用があるため、歯だけではなく全身の健康を守ります。

お問合せ先、枚方市歯科医師会 電話848・1108、ファクス840・7133

歯周疾患検診

 歯の状態を知って歯周病予防。問診、口腔(くう)内診査、口腔衛生指導など。対象は35・40・45・50・55・60・65・70・75・80歳の人。検診料500円(生活保護世帯、市民税非課税世帯は免除。要事前申請)。該当年齢の間に1回受診できます。市内の取扱開業歯科医院へ直接予約を。受診時には健康手帳と健康保険証など住民である証明ができるもの持参。

訪問歯科健康診査

歯科医師が訪問して歯の状態をチェック(治療は実施しません)。対象は40歳以上の在宅寝たきりで通院が困難な人(痛みがある場合や治療中の場合は対象外)。無料。▼申込 随時受付。電話で保健センターへ。

 お問合せ先、保健センター 電話840・7221、ファクス840・4496

介護予防教室

 介護を必要とせず、いつまでも健康でいきいきとした日常生活を送ることを目指し簡単なストレッチなどを行います。▼日時など 7月7日〜9月29日(9月22日除く)の毎週火曜午後1時〜2時、伊加賀スポーツセンター。対象は介護保険の要支援・要介護の認定を受けていないおおむね50歳以上。参加費9300円。▼申込 はがきまたは伊加賀スポーツセンターホームページのメールフォームに郵便番号・住所・氏名・生年月日・性別・電話番号、教室名を書いて同センター(〒573―0066伊加賀西町53 ―2)へ。6月18日必着。抽選で若干名。
 お問合せ先、伊加賀スポーツセンター 電話841・8118、ファクス841・8120、ホームページ http://hirakata-taikyo.org/ikaga/

6月1日~7日はHIV検査普及週間

HIV感染症は若い世代を中心に増加しています。しかし、感染していても自覚症状がほとんどないため、数年後にエイズを発症して初めて感染したことを知るケースがあります。感染経路は性感染が最も多く、他に血液感染・母子感染があります。感染は検査でしか発見できません。検査は保健所で実施しており、匿名で受けることができます。早期発見・治療のため検査を受けましょう。▶申込 毎週火曜午前10時~11時30分。直接枚方市保健所へ。無料。
 お問合せ先、保健予防課 電話807・7625、 ファクス845・0685

食中毒・感染症シリーズ(1)

鶏肉などの肉類は十分な加熱を
カンピロバクター食中毒を防ぐ

 暑くなるにつれて鶏肉の刺身などによる食中毒が増加しています。原因となるカンピロバクター菌は鶏・牛・豚などの腸内に存在しています。特に鶏肉は汚染の確率が高いので、ささみやレバー等の生食は控えてください。子どもや高齢者は感染すると重症化しやすいので、肉を焼くときは中心部まで十分に加熱しましょう。生の肉に触れた箸は口につけないようにし、生の肉に触れた調理器具や手指は、汚染が広がらないよう洗浄・消毒しましょう。
 お問合せ先、保健衛生課 電話807・7624、ファクス845・0685