広報ひらかた

市政ニュース

6月から医療通訳士の派遣を開始

英語・中国語で病状や診察内容などを通訳緊急経済対策のための交付金を活用

 市は外国人も安心して医療を受けられるとともに、コミュニケーションの難しさによる医師の負担やリスクを軽減できるよう、府内で初めて医療通訳士登録派遣制度を創設し、6月から医療機関への派遣を開始します。
 医療通訳士は専門の養成講座を受けたボランティアで、日本語が上手く話せない外国人の受診に立ち会い、病状や診察内容などを通訳します。通訳言語は英語と中国語で、医療機関の依頼に基づき派遣事務局を通して派遣されます。一般の外来診療が対象で、市立ひらかた病院をはじめ、市と協定を結んだ33の病院と診療所で利用できます。料金は無料です。診療予定日の5日前まで(土・日曜、祝日除く)に対象の医療機関への申し込みが必要。医療機関は市ホームページまたは市役所別館2階健康総務課にあるパンフレットを参照してください。
 お問合せ先、健康総務課 電話841・1319、ファクス841・2470

English Interpreter Service at Medical Needs for Foreigners
For foreigners who need medical care, Hirakata City Hall (HCH) starts free Interpreter Service at Medical Needs (ISMN) from June 2015. If applying for ISMN at the designated medical institutions no later than 5 working days before you see a doctor, an interpreter helps your communication with hospital staff.
For further information, see the HCH’s website
(http://www.city.hirakata.osaka.jp/soshiki/ken-soumu/iryoutuuyaku.html)
and a pamphlet about ISMN. The pamphlet is available at Kenko Somuka on the 2nd fl oor of the HCH’s annex building.

派遣中国语的医疗翻译师
 枚方市从6月份开始如有病需要治疗时,可以免费派遣医疗翻译师。对待一般外来检查者。检查预约日期的5天前(星期六,星期日,节日以外)需要与枚方市结有协定的医疗机关预约。
 详细情况请阅览枚方市的网络
(http://www.city.hirakata.osaka.jp/soshiki/ken-soumu/iryoutuuyaku.html),
或者请阅览枚方市役所2楼健康总务课的小手册。

部ごとの重点施策示した運営方針を公開

新行革大綱に基づく「選択と集中」の実現へ

 市は、平成27年度の各部の運営方針を作成しました。新行政改革大綱に掲げる「選択と集中」を実現するため、各部が今年度に取り組む重点施策や行政改革、効率的な予算執行、人材育成などの内容を具体的に示したものです。同方針は、6月上旬から市役所別館6階行政資料コーナーおよび市ホー ムページで閲覧できます。
 お問合せ先、行政改革部 電話841・1228、ファクス841・3039

ネパール地震募金箱

 市は、4月25日に発生したネパール地震の被災地を支援するため、6月30日まで市役所、各支所・生涯学習市民センターなど市内25カ所に募金箱を設置しています。寄せられた救援金は日本赤十字社を通じて、被災地へ届けられます。
 お問合せ先、福祉総務課 電話841・1369、ファクス841・5711

8月 プレミアム付商品券の発行も

 国の交付金を活用し、8月~10月に市内の対象店舗で使用できる「プレミアム付商品券」を発行します。額面6000円(販売価格5000円・プレミアム率20%)で24万冊発行の予定です。詳細は広報ひらかたなどでお知らせします。

 問合せ先、産業振興課 電話050-7102-3209、ファクス846-7952

総合文化施設の設計に着手
平成31年度の開館を目指します

 市は、新たな文化芸術の拠点施設として整備を進める「(仮称)総合文化施設」の設計業者を「株式会社 日建設計大阪オフィス」に決定しました。外部の専門家で構成する選定審査会が一次審査を通過した6者による施設・土地利用計画などの技術提案等を審査し最優秀提案者として選定。ホールや舞台回りの考え方、施設の配置、人の回遊を生み出す動線、コスト縮減案などが評価されました。平成27年度から設計業務に着手し、31年度の開館を目指します。

 問合せ先、文化振興課 電話050-7102-3202、ファクス846-7952

枚方市長選挙立候補予定者説明会

 8月30日(日曜日)に予定している枚方市長選挙の立候補予定者を対象とした説明会を開催します。立候補予定者または代理人は必ず出席してください。▼日時など 7月9日(木曜日)午後2時、市役所別館4階特別会議室。
お問合せ先、選挙管理委員会事務局 電話841・1532、ファクス844・3479

子ども・子育て専門分科会

市民委員を募集

 市は、3月に策定した「子ども・子育て支援事業計画」の進捗管理や保育施設等の利用定員について審議する「子ども・子育て専門分科会」の市民委員を募集します。
 ▼対象など 0歳から小学6年生までの子どもを育てる市民で、児童福祉や子育て支援などに関心があり、他の審議会などの委員を務めていない人を2人。任期は2年間。会議は年1〜2回程度(原則平日)。報酬は日額9500円。
 ▼申込 6月1日から市役所別館5階子育て支援室にある申込書、経歴書、「子ども・子育て支援」をテーマにした小論文(1000字程度)を持って6月12日までに本人が同室へ。書類選考の上、結果は7月下旬に全員へ通知。詳細は募集要項(申込書とともに市ホームページから取り出し可)参照。
 お問合せ先、子育て支援室 電話841・1221代、ファクス841・4319

今年も臨時福祉給付金を今年度も 実施します

 昨年度に引き続き、消費税率引き上げに伴う臨時的措置として、低所得者に「臨時福祉給付金」を、子育て世帯に「子育て世帯臨時特例給付金」を支給します。要件や支給額等は次のとおり。昨年度と異なりますので改めてご確認ください。

子育て世帯臨時特例給付金

 対象児童1人につき3000円(1回限り)。5月末に発送する児童手当の現況届と申請書が一体となっています。6月中に提出を。詳細は16ページへ。
 お問合せ先、年金児童手当課 電話841・1408、ファクス841・3039

臨時福祉給付金

 非課税などの要件を満たす支給対象者1人につき6000円。申請方法・期限などは広報ひらかた7月号でお知らせします。
 お問合せ先、臨時福祉給付金課 電話841・1221代、ファクス841・3039