ページの先頭です
メニューの終端です。

マナビスト講座「仏教と芸術について~仏像からアートへ~」の参加者を募集します!

[2018年12月5日]

ID:22157

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マナビスト講座「仏教と芸術について~仏像からアートへ~」の参加者を募集します!

現在私たちがイメージするいわゆる「芸術」という概念は比較的新しく、明治時代に東京美術学校が誕生し、江戸以来の絵師や仏師、職人らが教授として就任し西洋の概念と共に形作られてきたのである。しかし、人間は古来より言葉を話したり文字を書いたりするのと同じように、絵を描き造形物を作ってきた。

初期のころはアニミズム的なモチーフを元に、宗教が誕生してからはその中で栄華を極めていく。とりわけ日本においては仏教の中で発展してきた。

大学院で文化財保存修復を通じ仏像の古典技術や技法を学びそれを自分自身の作品にどのように展開しているかをふり返りながら仏教と芸術について語る。(吉水快聞)


【日時】
平成31年1月20日(日) 14:00-15:30

【場所】
サンプラザ生涯学習市民センター  視聴覚室

【講師】
吉水快聞氏(彫刻家・工房【巧匠堂】を設立)

【定員】
先着60人

【申込】
サンプラザ生涯学習市民センター窓口にて。電話受付可。(電話072-846-5557/FAX072-843-8620)

手話通訳が必要な場合は申込時にお伝えください。



詳細は、下記のチラシをご覧ください。

マナビスト講座「仏教と芸術について~仏像からアートへ~」チラシ

お問い合わせ

サンプラザ生涯学習市民センター・市民ギャラリー・ふれあいホール(直通)

電話: 072-846-5557

ファクス: 072-843-8620

お問い合わせフォーム


マナビスト講座「仏教と芸術について~仏像からアートへ~」の参加者を募集します!への別ルート