ページの先頭です
メニューの終端です。

文化財連続講座(2)「古墳造営の変遷とその終末の意味するもの」を開催

[2018年9月3日]

ID:20612

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

文化財連続講座第2回

毎年、枚方市の文化財や歴史についてさまざまなテーマで実施する文化財連続講座(全4回)を、今年も開催します!

平成30年度のテーマは「古墳時代が終わる頃」
昨年度、市内で初めて見つかったアゼクラ遺跡の古墳時代終末期の横穴墓群は、ニュースや新聞にも取り上げられ注目を集めました。
横穴墓は、崖面や斜面に横穴を穿って死者を埋葬する施設(お墓)です。

本講座では、横穴墓をはじめ、古墳や市指定史跡でもある九頭神廃寺などについて講演していただきます。
枚方市で今回見つかった横穴墓を契機に、それに続く古代寺院との関連性も視野に入れ、「古墳時代が終わる頃」を考えてみませんか。講師は、第一線でご活躍されている先生方。詳しくはチラシをご覧ください。

第2回「古墳造営の変遷とその終末の意味するもの」は、下記のように開催します。ぜひご参加ください。

文化財連続講座のちらし

文化財連続講座ちらし(PDFファイル)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

文化財連続講座(2)「古墳造営の変遷とその終末の意味するもの」を開催

日時と内容

  • 日時
    平成30年9月22日 土曜日

  • 内容

 第2回文化財連続講座 「古墳造営の変遷とその終末の意味するもの」

午後2時から4時

大阪府立近つ飛鳥博物館名誉館長 白石 太一郎さん にご講演いただきます。

会場

会場:枚方市立メセナひらかた会館 6階大会議室(枚方市新町2丁目1-5)
*京阪枚方市駅より北東へ約400メートル



会場アクセス

参加費

参加費:100円(できるだけお釣りの無いようご協力をお願いします)

申込方法と人数(申込みを締め切らせていただきました)

次のいずれかの方法でお申込みください。
(定員に満たない場合は、事前申込みがない方も、当日ご参加いただけます)

定員: 先着140人

  1. 電話でのお申込み
    枚方市教育委員会 社会教育部 文化財課(電話 050-7105-8058)へ電話でお申し込みください。
    9月3日月曜日 午前9時から9月21日金曜日午後5時30分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)。

  2. フォームからのお申込み
    リンク先の申込みフォームにてお申込みください。
    9月3日月曜日 午前9時から9月21日金曜日午後5時30分まで

*定員に達したましたので、申込みを締め切らせていただきました。
たくせんのご応募ありがとうございました。

*当日参加について
事前申込みのない方については、当日開演までにキャンセルが出た場合に限り、ご参加いただけます。
ただし、開演時点までお待ちいただいても、ご参加できない場合もありますので、ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせ

枚方市教育委員会 社会教育部 文化財課

電話 050-7105-8058
ファクス 072-851-9335


文化財連続講座(2)「古墳造営の変遷とその終末の意味するもの」を開催への別ルート