ページの先頭です
メニューの終端です。

伏見市長の情熱日記「公約の実現に向けて」(平成28年3月)

[2016年3月1日]

ID:17493

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ひらかた平成28年3月号掲載

「公約の実現に向けて」

私は選挙公約の中で、これまでの政策の転換を図るものとして、1年以上も着工できていない美術館の整備を一旦白紙に戻すことを掲げました。市長就任後、寄付者の枚方への思いや市議会での二度の議決の重みを受け止め、市議会の意見もお聞きしながら、寄付者と方向性を見いだすための話し合いを重ねているところです。できるだけ早期に市民の皆さんに方向性をお示しできるよう、力を尽くしたいと思っています。

また、特にスピード感を持って取り組まなければならないと考えているのが市駅周辺の再整備です。現在、同駅前では生活提案型商業施設「枚方T-SITE」の建設が進み、にぎわいや集客効果に期待が集まっています。そうした中、先日、駅前再開発の先進事例である東京の二子玉川駅前を視察してきました。活気に乏しかったエリアに民間事業者や行政、地権者の連携により、駅前ロータリーや高層マンション、オフィス・商業施設、ホテルなどが一体的に整備され、多摩川の豊かな緑を感じる魅力的なまちに生まれ変わっています。スケール感の違いこそあれ、多くの人の熱い思いが結集できれば、まちは変わることを改めて実感しました。

「伏見市長の情熱日記」について

市長コラム「伏見市長の情熱日記」は「広報ひらかた」に連載しています。