ページの先頭です
メニューの終端です。

伏見市長の情熱日記「連携の力で枚方市駅周辺を活性化!」(平成28年11月)

[2016年11月1日]

ID:17485

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ひらかた平成28年11月号掲載

「連携の力で枚方市駅周辺を活性化!」

本市は来年、市制施行70周年を迎えます。それを記念するプレイベントの一つとして、9月にビールの祭典「枚方オクトーバーフェスト」をはじめとする「枚方市駅前大収穫祭」を開催しました。地域のにぎわいや経済を活性化させる取り組みとして、枚方市と経済団体や各事業者等が連携して開催したこのイベントは、期間中多くの方々が訪れ、活気にあふれていました。

今後も、本市の玄関口である枚方市駅周辺を、人が集い、魅力とにぎわいにあふれる場所としていくためには、新たな視点や発想を持って、地域の事業者等と継続して連携していくことが必要です。

そこで、市駅周辺再整備の実現に向けた取り組みの一つとして、10月に、北大阪商工会議所など各関係団体と枚方市で構成する「枚方市駅周辺活性化協議会」を設立し、市駅周辺の更なる活性化に向けた議論を開始しました。11月末には市駅周辺のまちづくりを考えるシンポジウムも開催予定であり、市民の皆さんとともに、より魅力的なまちづくりをスタートさせる機会にしたいと考えています。

「伏見市長の情熱日記」について

市長コラム「伏見市長の情熱日記」は「広報ひらかた」に連載しています。