ページの先頭です
メニューの終端です。

伏見市長の情熱日記「振り向かせる!駅広告で大阪をジャック!」(平成29年8月)

[2017年8月1日]

ID:17446

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ひらかた平成29年8月号掲載

「振り向かせる!駅広告で大阪をジャック!」

住みよい住環境や豊かな自然など、私たちが当たり前に感じている枚方の魅力は市外にどれほど届いているでしょうか。

先日、枚方市に移住してこられた市民から「こんなに住みやすい街とは思っていなかった」という声を聞きました。うれしい半面、枚方市のPRがまだまだ不十分だと痛感したところです。

これはどこか恋愛のようで、「自分の魅力にいずれ相手が気付いてくれる」と待ち続けるのではなく、時には一心不乱にアタックし、思いを伝えることも必要です。

現在、市制施行70周年記念事業の一つとして進めている「駅広告で大阪をジャック」。京阪京橋駅や淀屋橋駅、電車内などで一斉に『枚方』をPRするかつてない取り組みです。枚方の未来を創る新たな出会いに向け、熱烈アピールでたくさんの視線を集めたいと思っています。

昭和22年8月1日の市制施行から70年、市民の皆さんと共に歩んできた豊かな枚方を、「住めばわかる」だけではなく「住んでみたい」と思っていただけるように、全力で魅力を広めていきます!

「伏見市長の情熱日記」について

市長コラム「伏見市長の情熱日記」は「広報ひらかた」に連載しています。