ページの先頭です
メニューの終端です。

教育講演会「レモンさんのWe are シンセキ!~お蔭様とお互い様、みんで育てるみんなのこども~」を開催しました

[2018年2月21日]

ID:17436

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ラジオDJレモンさん、子育てを語る

平成30年2月4日(日曜日)に、メセナひらかた会館で教育講演会を開催しました。

講師は、ラジオDJとしても活躍している「レモンさん」でおなじみの山本シュウさん。

この日も、大きなレモンの被り物で「イェ~イ」と元気よく登場!

「子どもが自分の思いどおりならないとイライラし、時に手を挙げてしまうのは『昭和チップ』が組み込まれているから」など、親が子どもであった「昭和」時代と現在の子どもとの考え方や取り巻く環境の違いをおもしろおかしく伝えてくださいました。

「子どもも、外でのストレスをたくさん抱えて家に帰ってくる。『今日学校どうだった?』と聞いても『フツウ』という返事しか返ってこない。でも、無事に帰ってきてくれるだけでいい。それに、『フツウ』としか答えてもらえないのは、昔、子どもの『今日こんなことがあった』という報告を聞き流したり、自分の意見を押し付けたりした心当たりない?」とハッとさせられることも。

『自分以外、自分の思いどおりにならない』『みんな、自分のことをわかって欲しいと思っている』というのを念頭に、「聞く」「確認」「同調(寄り添う)」がコミュニケーションをとるうえで大切だとお話しいただきました。

講演会の様子
講師のレモンさん

135人の参加者は、レモンさんの熱い講演を熱心に聞き入っていました。

「自分がわからなかったことがわかったように思います」「心がほっとした感じ」「パワフルで元気をいただきました」などの意見をいただくなど、好評に終わりました。



社会教育課では、このほかにもさまざまな講演・講座を開催します!ぜひご参加ください!!

お問い合わせ

社会教育課

電話: 050-7105-8065

ファクス: 072-851-9335

お問い合わせフォーム