ページの先頭です
メニューの終端です。

大人の学校「淀川を知る」を開催しました

[2017年11月9日]

ID:16147

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

秋の図書館まつり2017

大人の学校「淀川を知る」

10月31日、中央図書館にて、大人の学校「淀川を知る」を開催しました。

講師は、国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所調査係長の平山岳弥氏でした。

淀川は自然豊かで、枚方八景の一つにもあげられていますが、過去には大きな水害もありました。今年は大正6年の大洪水「大塚切れ」から100年目に当たります。そこで、親しみがあるけれど、まだまだ知らないことがたくさんある淀川について講演していただきました。

映像を見ながら、洪水、治水工事、毛馬の閘門(こうもん)、堤防のしくみ、など少し技術的なお話もありましたが、いろいろな淀川の姿を知ることができました。10月には2度も台風が来ましたが、台風21号が来た時の堤防の様子なども迫力ある映像でした。

淀川河川事務所では、6月に洪水浸水想定区域を公表しており、防災についてもお話ししていただきました。この洪水浸水想定区域は「想定し得る最大規模」の降雨に対応した新しいものです。淀川河川事務所のホームページから閲覧できます。

講演後は、次々と質問の手が上がり、盛況でした。



大人の学校の会場の様子

淀川浸水想定区域図

淀川河川事務所のホームページから見ることができます。

http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/activity/maintenance/possess/sim/bosai_sonae_01hyo.html