ページの先頭です
メニューの終端です。

教育相談について

[2017年10月2日]

ID:15265

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

児童生徒支援室

いじめ専用ホットライン

  • 専用電話番号
     072-809-7867(なやむな)
  • 相談時間
     月曜日~金曜日(午前9時~午後5時)
  • 年末年始(12月30日~1月4日)は受け付けていません。
  • 一般の相談に関しては、従来の教育相談で受け付けています。

教育相談について

  1. 教育安心ホットライン 専用電話(072-809-2975)
    ・教育についてのご相談をお受けします。
    ・教育相談員が対応します。
    ・必要に応じて面談による相談も可能です。
    お子さまのいじめ・不登校・怠学・進路等の相談(ちょっとしたことでも、不安に感じたら…)
  2. 教職員のメンタルヘルス相談(教職員専用)
     電話または面談で専門のカウンセラーが対応します。
     直通ダイヤル(072-848-2976)
     受付時間 毎週月曜日と金曜日(午後1時~午後5時)

枚方市適応指導教室について

適応指導教室「ルポ」

  • 「ルポ」は「心の居場所」です。
     学校に行けない子どもたちは、自分自身に不安を感じ、自信をなくし、場合によってはどう行動してよいのかわからない状態になっています。
     「ルポ」はそんな子どもたちの「心の居場所」です。
     保護された空間とゆっくり流れる時間の中で、心を休め、元気を取り戻して欲しいと思います。
     子どものあるがままを受け止め、子どもに寄り添い、自立のための援助と指導を行います。
    (枚方市立小中学校在籍の児童・生徒に限ります)
  • 不登校って?
     『何らかの心理的・情緒的・社会的な要因や背景などで、登校しないあるいは、したくてもできない状況にあること。ただし、年間30日以上欠席した児童・生徒の中で病気や経済的な理由を除く。』(文部科学省)
     学校に行けないことで、子どもは「イライラして怒りっぽい、気落ちして何もしない、閉じこもって人と会いたがらない、大人に対しての不信感、否定的なことばかり言う、食習慣や睡眠習慣の乱れ」などの状態が続きます。
     これは、子どもが家族や学校などに、どうかかわったらいいのか、傷つきながらも真剣に悩んでいる姿ではないでしょうか。
     そんな姿を見て,怒ったり嘆いたりしても解決にはなりません
     それには、傷ついた子どもの心を回復させることが第一です。
     そのためには、どのような関わり方をすればよいのか考えていきましょう。
  • (注)1週間のプログラムです。
     (固定ではありません。子どもの状況に応じて柔軟に対応しています。)
1週間のプログラム一覧
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前
10時00分~
12時00分
学習活動
個人活動
学習活動
個人活動
学習活動
個人活動
学習活動
個人活動
学習活動
個人活動
午後
13時00分~
15時00分
グループ活動
個人活動
グループ活動
個人活動
グループ活動
個人活動
グループ活動
個人活動
ミーティング
グループ活動
個人活動
  • 学習活動とは?
     子どもたちの学習意欲に重点を置いた、自主活動です。
     指導員が助言や援助を行います。
  • 個人活動とは?
     子どもたちが自分で決めた活動を行います。
     (注)12時から13時までが昼食時間です。昼食は、家庭でご用意お願いします。
  • グループ活動とは?
     創造活動・スポーツ活動・調理実習・センター外活動(自然体験・社会見学等)など、子どもたちがミーティングで決めたことなどを実施します。
     (注)参加しない子どもは、個人・学習活動を行います。
  • ミーティングとは?
     グループ活動の内容を決める。
     「ルポ」で、困っていることを全員の課題として話し合う機会にします。

(注)どんなところかな?と思ったら、まず、学校を通して見学にお越しください。