ページの先頭です
メニューの終端です。

おおさかふみんネット広域講座「聞く・見る・歩く 北河内パート18」を開催します

[2017年9月1日]

ID:15118

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

おおさかふみんネット広域講座「聞く・見る・歩く 北河内パート18」を開催します

北河内の歴史や文化を学び、あらためて地域の良さを発見してみませんか。

大阪府と北河内7市が協力して開催する、おおさかふみんネット広域講座です。


おおさかふみんネット広域講座「聞く・見る・歩く 北河内パート18」チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

日時・内容

◎第1回 持統天皇と北河内の飛鳥時代(場所:四條畷市)

日時:平成29年10月18日(水曜日) 午後1時30分から午後4時まで ※午後1時15分には集合してください。

講師:四條畷市教育委員会 地域教育課文化財担当職員

集合場所:四條畷市立歴史民俗資料館

内容:

歴史民俗資料館で開催している、持統天皇を中心に据えた北河内の飛鳥・奈良時代についての特別展「鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ)」を解説つきで見学します。カラー冊子がもらえる特典もあります。

見学後、東高野街道や清滝街道を一部歩きながら、正法寺跡、讃良寺跡など当時の寺跡を巡ります。(行程:約4キロメートル)


◎第2回 守口市の文化財と生涯学習事業(場所:守口市)

日時:平成29年11月1日(水曜日)午後2時から午後4時まで

講師:大阪大学・摂南大学非常勤講師 橋本 孝成 氏

会場:守口市生涯学習情報センター イベントホール

内容:

守口市は文化財保護条例が施行されて今年で20周年を迎えました。

この間、旧中西家住宅、梶第2号古墳形象埴輪や、中西家文書などが市指定有形文化財として指定されました。

こうした守口市の文化財を紹介しながら、一方で、市の文化財施策のなかでどのように条例と生涯学習事業が機能しているのかを見ていきます。


◎第3回 「三好政権」の盛衰と下剋上―北河内における戦国武将―(場所:寝屋川市)

日時:平成29年11月15日(水曜日)午後2時から午後4時まで

講師:寝屋川市立中央図書館長

会場:エスポアール 多目的室

内容:

室町幕府の衰微に伴い、戦国大名が勃興します。織田信長・豊臣秀吉に先んじて事実上の権力を手にした三好長慶は、飯盛山(四條畷市・大東市)を本拠としていました。長慶没後は、家臣・松永久秀と三好三人衆が権力を継承しましたが、久秀は信長に敗れてしまい、織田・豊臣の世へ時代は展開します。こうした下剋上のありさまを、宣教師フロイスの記録を交え、北河内の歴史として学びます。


※予備日:平成29年11月22日(水曜日)

対象者

原則として、全3回参加可能な人。※第1回は文化財巡り、第2回・第3回は講演会です。

枚方市在住の人20名。

参加費

無料(交通費等は自己負担)

申込方法

往復ハガキに参加者全員の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号、返信用に代表者名を書いて、

〒573-1159 枚方市車塚1丁目1-1 枚方市教育委員会文化財課へ(1枚につき2人まで申し込み可)

平成29年9月26日(火曜日)必着。

応募者多数の場合は抽選。


おおさかふみんネット広域講座「聞く・見る・歩く 北河内パート18」を開催しますへの別ルート