ページの先頭です
メニューの終端です。

ひらかたまちかど空間アートフェスティバル

[2017年8月31日]

ID:14888

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

トップページへ
出展作家・会場
会場Map

関連イベント

「オリエステルおりがみ」で提灯を作るワークショップ/新町会館

「オリエステルおりがみ」

水に強く、破れにくい、プラスチックでできた新しいおりがみ「オリエステルおりがみ」とペットボトルを使って、提灯を作るワークショップです。 各日先着100名様にLEDろうそくをプレゼント。
「オリエステル」で作った提灯を持って、京街道を散策しよう!!
「オリエステル」でボートも作れます。

〔日 時〕 10月21日(土)、 22日(日)11:00~17:00

〔参加費〕 無料(当日直接、新町会館へお越しください)
500mlの洗ったペットボトルをご持参ください

書道グループSakura書道ワークショップ/新町会館

グループSakura

半紙に好きな文字を書き自分でけしゴム印を作り、作品に押しておみやげとして持って帰っていただきます。
小さなお子様から、お年寄りまで家族揃ってお楽しみいただけます。

〔日 時〕 10月21日(土)、22日(日)13:00~17:00

〔参加費〕 無料(当日直接、新町会館へお越しください)

枚方工芸会 展覧会/岡本町会館

枚方工芸会 展覧会

「枚方工芸会」は今年で発足53年目となります。
本会は、会員の創作美術工芸の振興に努めており、毎年市民ギャラリーで「ひらかた工芸展」を開催しております。
今回、会員が作品を持ち寄り、岡本町会館で展覧会を開催します。
ワークショップも企画しておりますので是非ご来場ください。

■ 展覧会

〔日 時〕 10月20日(金)12:00~17:00                 
            10月21日(土)11:00~17:00
            10月22日(日)11:00~17:00

〔入場料〕 無料

■ ワークショップ

・布で作る絵手紙体験
・ハンカチに簡単な型染(ステンシル)体験
・初めての抹茶体験

〔日時〕 10月21日(土)、22日(日) 11:00~12:00・14:00~15:00

〔参加費〕 無料(当日直接、岡本町会館へお越しください)

日本舞踊・上方舞鑑賞会/鍵屋資料館

日本舞踊・上方舞鑑賞会

吉村舞踊協会の吉村昂扇氏・吉村なを氏により「上方舞」をご披露いただきます。
また、当日の鍵屋資料館の大広間床の間には、池田方彩氏の木彫書「円相 無」と青銅壺も展示します。
あわせてお楽しみください。

上方舞とは
宮中舞を源として能や人形浄瑠璃、歌舞伎の要素を加味し、座敷舞として発展したものです。

■ 「日本舞踊・上方舞鑑賞会~池田方彩天門美術館長の木彫書と吉村舞踊協会の地唄舞~」

〔日 時〕 10月21日(土)13:30~ ・ 15:30~(2部制)

〔鑑賞料 〕無料(ただし、鍵屋資料館入館料として大人200円、小中学生100円が必要となります。)

■ 上方舞ワークショップ/鍵屋資料館

浴衣を着て、礼儀作法や立ち振る舞い、舞のお稽古を体験していただきます。

〔日 時〕 10月21日(土) 10:30~

〔指 導〕 吉村昂扇氏、吉村なを氏

〔対 象〕 小・中学性

〔参加費〕 無料(ただし、鍵屋資料館入館料として大人200円、小中学生100円が必要となります)

〔申し込み・問い合わせ〕
電話、ファクスまたは、電子メールに、住所・氏名(フリガナ)・学年・電話番号・「上方舞参加希望」と明記のうえ枚方市役所文化生涯学習室へ。
申し込み専用メールアドレス bosyu-bunshin@city.hirakata.osaka.jp
電話 072-841-1409 ファクス 072-841-1278

関連ページ/外部サイトへ

まちかど空間アートツアー

現代美術に精通したライターが、ガイドとしていっしょに会場を巡る「作品鑑賞ツアー」です。歴史
薫る京街道枚方宿に出現する現代アート空間で、「過去」と「現在」の出会いをお楽しみください。

〔日 時〕 10月21日(土)、 22日(日)両日とも 11:00~ ・ 14:00~(2部制)

〔集合場所〕 京阪枚方市駅 東改札口前(小雨決行)

〔参加費〕 無料

・当日自由参加です。開始時間までに集合場所にお越しください。

・開始時間になればツアーは出発します。

・ツアーは約90分程度、距離は約1.5kmとなります。
歩きやすい靴・服装でお越しください。また、水分等もご準備ください。

ガイド・ライター 藤田千彩氏プロフィール

大学卒業後、OLを経て、一般・美術専門を問わず、雑誌やウェブサイトに美術を書く・伝える仕事をしています。

「関西アートビート」http://www.kansaiartbeat.com/(別ウインドウで開く)などの執筆、大阪成蹊大学非常勤講師