ページの先頭です
メニューの終端です。

先輩職員からのメッセージ(岡崎 楓)

[2017年8月22日]

ID:14826

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子育て運営課1

所属:子ども青少年部 子育て支援室 子育て運営課
氏名:岡崎 楓(おかざき かえで)
職種:保育士
入職:平成29年度

私の職場はこんなところです

保育所は大切な命を預かり、子どもたちの人間として人格形成の基礎を育む大切な時期に関わる現場です。私たちは子どもたちの安心・安全を第一に、一人ひとりの個性を伸ばし、友達と関わりながら育ち合うことを大切に、職員全体で考え取り組んでいます。子どもたちの笑顔を引き出し、成長を皆で見守り、喜ぶ場だと感じており、いつも子どもたちに元気をもらっています。

また保護者の方が安心して子どもを預けられるよう、保護者の方とお話する時間など関係作りを大切にしています。あわせて、地域の方も気軽に相談や遊びに来ていただける取り組みも行っています。

仕事の魅力・やりがい

私は子どもの自然な笑顔を見られた時、成長を身近に感じられた時にやりがいを感じます。

その為にまず自分が笑顔を絶やさないことを心がけています。子どもは本当に素直で“初めて”の体験をたくさんします。大人にとって些細な事でも、子どもにとってはとても大きい経験であることも多いです。そんな子どもたちの経験・気持ちに一喜一憂し、共感することで、子どもたちが感性豊かに笑顔で楽しく過ごせることを大切にしています。

子どもと信頼関係を築くことはもちろん、保護者の方からも話しやすい・相談しやすいと思ってもらえる保育士になりたいと思っています。

枚方市・枚方市役所のいいところ

散歩をしている子どもたちにも、枚方に住み始めてすぐの私にも、温かく挨拶をしてくださったり、見守ってくださる方が多い素敵な街です。職場の先輩方もいつも気にかけてくださり、楽しく仕事ができていると実感する毎日です。色んな場面で人の繋がり、温かさが感じられるのが枚方だと思います。

枚方市をめざす皆さんへ

子育て運営課2

私は地方出身者で、就職にはとても悩みましたが、枚方で働きたいと決めてからは枚方のことをたくさん調べました。採用試験では2度不合格を経験した私ですが、その2年間は任期付保育士として現場で働くことで、枚方で働きたい思いが更に明確なものになり、“絶対受かる!”という気持ちで試験勉強に臨むことができました。
コツコツと毎日決めた時間は集中すること、枚方のことを知ること、そして1番は諦めないことが夢に繋がると実感できました。

ある日のスケジュール

スケジュール
時間内容
午前8時45分朝のミーティング
午前9時朝の会・おやつの介助
午前9時45分主活動(水遊び・感触あそび・運動あそびなど)
午前10時30分離乳食の介助
午前11時給食の介助
正午休憩・連絡ノート、保育日誌の記入・午後の準備
午後2時30分離乳食の介助
午後3時おやつの介助
午後4時午後の活動(室内あそびなど)
午後5時夕方のミーティング
午後5時15分業務終了