ページの先頭です
メニューの終端です。

5月の市民ギャラリーの展覧会

[2017年4月21日]

ID:11427

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

5月の市民ギャラリーの展覧会詳細
期間展覧会名称内容展示室主催者
5月5日~10日第12回美写クラブ写真展写真第1美写クラブ
5月5日~10日中国水墨画枚方墨友会20周年記念展掛軸・額縁・色紙第2中国j水彩画枚方墨友会
5月12日~17日第20回遊墨展パネル・軸・額全室紫扇書院
5月19日~24日

宮崎晴美古布キルト展
~日本の布・時をあつめて~

タペストリー第1・第2宮崎晴美
5月26日~31日第3回枚方フォト16写真展写真第1枚方フォト16
5月26日~31日田渕先生と彩月会(第16回)の絵画展水彩・日本画第2彩月会

開館時間:午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)

主催者の皆さんからのメッセージ

5月5日(金)~10日(水)第12回美写クラブ写真展【第1展示室】

薫風に誘われ屋外の薫香に心揺さぶられるこの時期に、老境にある私共「美写クラブ」のメンバーが一年をかけて求めていた、見たもの、見るものを心に描写・主張・心身の健康を写し撮った写真(作品)展出来ました。カメラを相棒に日々を大切に、健康であるからできる楽しい苦しみを成果に結び付けた作品。振り返りますと「図鑑のような花」「絵はがきにも及ばない絵はがき的な風景写真」見たものをカメラが映すからの始まり、見たものを心で画像化しカメラに転写する作品作りを目指してまいりました。今回は十二支のトリにあたる区切の写真展、各自のモチーフは異なる集大成の作品を揃えました。鞭撻、高評のお言葉を糧にして、新たなスタートにしたいと思っています。
ご来場をお待ち申し上げます。

美写クラブ
会員一同

5月5日(金)~10日(水)中国水墨画枚方墨友会20周年記念展【第2展示室】

私達は中国水墨画のもつ幽玄の世界に魅せられ、陳允陸先生のご指導を仰いで勉強を続けてまいりました。この度、墨友会結成20周年を記念して会員による作品展を開きます。水墨画グループ(墨彩画を含む)は画歴1年の初心者から、20年のベテランまでの11名です。水墨画あり、墨彩画あり、また山水画、花鳥画、人物画など自由に描いています。今回は水墨画と併せて、篆刻グループ2名の作品も展示致します。
ご高覧賜りますようご案内申し上げます。

出展作品

5月19日(金)~24日(水)宮崎晴美古布キルト展~日本の布・時をあつめて~【第1・第2展示室】

30年余り古布を使ってパッチワーク・キルトを続けてきました。古布に出合い、その魅力に惹かれて作品を創り続けています。古布はそれぞれの歴史を持っています。どのように作られどのように使われて、そして今に生きる私達に届けられたのか。その独自に持つ布の歴史が風合いとなって、私の創作に何かをプラスしてくれているように感じます。今回の個展では、オリジナル創作品を30数点展示します。主に海や空などの自然からイメージを頂いた創作です。加えて日本の古布を中心にした展示も行います。受け継がれた伝統に則って作られた多くの布、そして長き年月を経て今に至ったその布。30数年間に集めた布の一部をご紹介致します。作品と共に多数の方にご覧いただければ、と願っています。
ご来場をお待ちしております。

出展作品(竹取物語2)

5月26日(金)~31日(水)第3回枚方フォト16写真展【第1展示室】

私達は「枚方市生きがい創造学園入門」で共に学んだ仲間で発足し、写真を趣味に写真を通じて親睦を深めています。私達サークルは、一年間の活動計画を基に自然に触れ、自由で和やかな雰囲気を目指し、感性と感覚を大切にして、撮り方、撮影スタイルは自由、気の向くまま被写体を追いかけて作品作りに取り組んでいます。今回、ご指導頂いております広瀬先生の講評を得ながら、第三回の写真展開催の運びとなりました。まだまだ未熟でございますが、皆様方にご高覧頂き、ご意見ご感想を賜れば幸いと存じます。
会員一同ご来場心よりお待ち申し上げます。

5月26日(金)~31日(水)田渕先生と彩月会(第16回)の絵画展【第2展示室】

彩月会は生きがい創造学園のOBを母体に 初心者・愛好者・多彩なメンバーが参加しお互いに刺激しあって創作活動を行っているグループです。指導は田渕美智子先生です。 先生は生きがい創造学園で5年間 講師を務められ その後“生きがい”を実践する場として いくつかのグループを創設し、その指導に当たってこられました。先生の指導は懇切丁寧 快活で さらには創作意欲を高めるため 毎回 斬新な課題を提案してくださり そのための教材準備や写生地の選定など 熱心に取り組んでこられました。長年 メンバーに深い思いを寄せ活動してこられた先生が 残念ながら都合により本年度限りで引退される事になりました。そこで今回は“彩月会”定例の作品展に併せて先生の作品を特別に多数出展いただく事になりました。
この機会に是非ともご高覧下さいますようご来場をお待ちいたしております。