ページの先頭です
メニューの終端です。

ピロリ菌検査

[2017年7月1日]

ID:10869

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ピロリ菌検査受診券の送付について

500円でピロリ菌検査を受けることができる受診券を下記の対象者に6月末頃個別に送付しました。

受診券がない方はピロリ菌検査は受診できません。

ピロリ菌とは
 ピロリ菌は、正式には“ヘリコバクターピロリ”という細菌で胃の粘膜表面や細胞の間に入り込んで炎症を起こします。ピロリ菌が胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの原因になっていることがわかっています。また、胃がん患者の多くがピロリ菌に感染していることもわかってきています。

ピロリ菌は、主に幼年期までに経口感染すると考えられています。昔に比べて衛生環境がよくなっていることにより、高齢の人のほうが感染率は高くなっています。ピロリ菌に感染している期間が長くなると、胃がんの発症リスクを上げると言われています。高齢の人は感染している期間が長いと思われますので、年に一度の胃がん検診をおすすめします。ピロリ菌の感染がなくても胃がんにかかることはありますので、ご自身の胃の状態を知るために、胃がん検診を受けるようにしましょう!

対象

平成29年4月1日時点で枚方市民であり、下表の生年月日に該当される方
ピロリ菌検査受診券対象者一覧
年齢生年月日
35歳昭和56年(1981)4月2日~昭和57年(1982)4月1日
40歳昭和51年(1976)4月2日~昭和52年(1977)4月1日
45歳昭和46年(1971)4月2日~昭和47年(1972)4月1日
50歳昭和41年(1966)4月2日~昭和42年(1967)4月1日
55歳昭和36年(1961)4月2日~昭和37年(1962)4月1日
60歳昭和31年(1956)4月2日~昭和32年(1957)4月1日

受診券をお持ちでも、体調等により検査の対象外となる人がいます。

※ピロリ菌検査受診券を紛失された方、上記の対象者で他市から転入された方は、受診券の再発行ができますので、保健センターまで問い合わせてください。

  • 検診内容
     問診、血液検査(ピロリ菌抗体検査)
  • 検診料
     500円(受診券がなければ受診できません)
     ただし、生活保護受給者、市民税非課税世帯、中国残留邦人等支援給付者は検診料が免除されます。検診・予防接種等の検診(接種)料金免除方法の変更についてをご覧ください。
  • 利用できる医療機関
     「枚方市胃がん検診・ピロリ菌検査取扱医療機関一覧」をご参照ください。予約が必要な医療機関もありますので、あらかじめ医療機関にご確認ください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ピロリ菌検査への別ルート