ページの先頭です
メニューの終端です。

便からの寄生虫卵検査

[2017年5月16日]

ID:10665

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

便からの寄生虫卵検査

受付

受付について
 検査受付 受付時に必要なもの

 毎週 月・火・水曜日

午前 9時30分~11時30分

 保健所2階にて受付
 (1)手数料 552円(同月内、2回目以降は280円)

 (2)便(親指第一関節程度の大きさのもの)

 (3)依頼書(受付で記入することもできます)

 (4)成績書を郵送希望の場合は切手

 (普通郵便:82円切手、速達郵便:362円切手)

  ただし、祝日、年末年始等は受付日が変更となる場合があります。

  検査受付日カレンダーでご確認ください。

検査受付日カレンダー

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

依頼書

Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

検査内容

回虫(かいちゅう)、鉤虫(こうちゅう)、鞭虫(べんちゅう)などの寄生虫卵

主な寄生虫とその特徴

主な寄生虫
虫の種類 大きさ  症状 感染源潜伏期間  主な分布

塗まつ

(検査法)

集卵

(検査法)

 回虫

(かいちゅう)

 約15~30cm

通常は症状なし。 

まれに発熱、咳、ゼーゼーする、嘔吐など。

 野菜など 約2~3ヶ月 全世界(以前は国内でも多く見られたが、現在は激減) ◎ 〇

 鉤虫

(こうちゅう)

 約1cm

悪心、嘔吐、貧血、だるい、 頭痛など。

 野菜(特に葉野菜)など

初期症状:約2~3日 

後期症状:約1~2ヶ月

アジア 

アメリカ

 〇 〇

 鞭虫

(べんちゅう)

 約11cm

軽度の場合症状なし。

大量の成虫が体内にいる場合、腹痛、食欲低下、下痢など。 

小児の場合、下痢、体重減少、貧血など。

 野菜など 約3ヶ月 全世界(熱帯、亜熱帯地方に多く、特に国内では沖縄、奄美地方等に多い) ◎◎ 

   ◎:最もよく用いられる方法、〇:ときに用いられる方法

採便容器

9時~17時30分(土・日・祝日および12月29日から1月3日までを除く)に

枚方市保健所 保健衛生課 検査グループにて配布しています。

(または自宅にあるシール容器、小ビン等の漏れない容器でも可)

採便方法

親指第一関節程度の大きさの便を紙などで包まず、じかに容器に入れる。

(少なすぎると検査できません。)

成績書発行

3日後よりお渡しできます。

9時~17時30分(土・日・祝日および12月29日から1月3日までを除く)

陽性の場合はこちらから連絡します。

*直接お受け取りの方は、受付時にお渡しする検査結果の引換証をお持ちください。

*成績書の再発行は原則行っておりません。大切に保管してください。


便からの寄生虫卵検査への別ルート