ページの先頭です
メニューの終端です。

携帯・スマホアンケート結果(平成28年12月実施分)

[2016年12月20日]

ID:8739

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

問1.枚方市では、7月から市民を対象に、健康や医療に関する相談を、看護師や医師らが通話料・相談料無料で対応する電話相談窓口「ひらかた健康ほっとライン24」(24時間年中無休)を開設しました。利用をしたことがありますか。

利用したことがある
162
知っているが、利用したことはない
7342
利用したことはない(知らない)
538

問2.あなたが枚方市内で最もよく利用する駅はどれですか。

樟葉駅
88
牧野駅
77
御殿山駅
22
枚方市駅
3535
枚方公園駅
77
光善寺駅
33
宮之阪駅
11
星ケ丘駅
22
村野駅
11
長尾駅
88
藤阪駅
11
津田駅
55
その他
22

問3.問2で回答された駅および駅周辺の利用頻度はどれくらいですか。

週5回以上
2020
週3、4回程度
77
週1、2回程度
1717
月1、2回程度
1616
月1回未満
2222

問4.駅施設についてお聞きします。問2で回答された駅施設全体のバリアフリー化について、以前に比べてバリアフリー整備が進み、利用しやすくなったと感じますか。

とても感じる
66
ときどき感じる
2323
あまり感じない
3131
まったく感じない
1313
わからない
99

問5.駅周辺道路(※1)についてお伺いします。問2で回答された駅周辺道路について、以前に比べてバリアフリー化整備が進み、利用しやすくなったと感じますか。(※1 駅周辺道路とは、駅から徒歩圏内の周辺施設までの経路となる道路のことを指します。)

とても感じる
66
ときどき感じる
1515
あまり感じない
3333
まったく感じない
2222
わからない
66

問6.バリアフリー意識の向上や介助といったソフト面での「心のバリアフリー」を進める上での取り組みについて、重要であると考えるものはどれですか。(あてはまるものを3つまで選んでください)

自転車や車のマナー向上に関する意識向上
4545
学校などでのバリアフリー教育、ボランティア学習の取り組み
3737
交通機関、公共施設等でのPRによる意識向上、啓発
3636
市のバリアフリー施策の取り組み状況に関する情報発信
2727
障害者への声かけ、手助けを行うボランティアなど人材育成
2323
市広報誌、ホームページでのPRによる意識向上、啓発
1919
駅等での介助体験イベントの開催など学習機会の提供
1919
各交通事業者、施設管理者への教育の充実、接客サービスの向上
1818
その他
77

問7.ご自身の地域の避難所をご存知ですか。

知っている
6565
知らない
1717

問8.枚方市では、昨年5月に「枚方市防災マップ」を改定し、全戸配布を行ないました。防災マップをご覧になったことはありますか。

見たことがある
4747
見たことはないが、防災マップは知っている
1717
見たことがない(知らない)
1818

問9.「枚方市防災マップ」を使って、地域やご家族で防災訓練や避難方法の話し合いをしたり、災害に対する日ごろの準備等をしたりしましたか。

準備等をした
1717
準備等はしていないが、今後する予定である
4141
準備等はしておらず、今後する予定もない
2424

問10.枚方市では、「枚方市防災マップ」の見方について、地域の自主防災訓練や出前講座などで説明会を実施しています。説明会に参加したことはありますか。

参加したことがある
77
参加したことはないが、説明会は知っている
1111
参加したことがない(知らない)
6464

問11.お住まいの地域や災害の種類によっては、避難所に行くより自宅に留まる方が安全な場合があり、このことを「在宅避難」といいます。在宅避難についてご存知ですか。

知っている
5050
知らない
3232