ページの先頭です
メニューの終端です。

子どもの生活に関する実態調査について

[2017年5月1日]

ID:7634

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「子どもの生活に関する実態調査」の概要

本調査は、子どもやその家庭が抱える課題に対する今後の効果的な支援策につなげるため、枚方市内の小学5年生および中学2年生とその保護者の皆さんにご協力いただき、子どもの生活実態や学習環境を把握するために実施しました。あわせて、保育所(園)や幼稚園、小・中学校、NPO法人、主任児童委員などの子どもに関わる支援機関等にもお願いし、支援上での課題等を把握するための調査を行いました。
調査については、枚方市を含む大阪府内13市町(※)が大阪府と共同で実施したほか、13市町を除く地域に対しても大阪府が調査を行いました。

今後、取りまとめた調査結果をもとに、支援を必要とする子どもやその家庭に対する効果的な支援策の検討をすすめていきます。

※大阪府と共同実施している13市町

大阪市、豊中市、枚方市、吹田市、八尾市、泉佐野市、柏原市、門真市、交野市、富田林市、大阪狭山市、和泉市、能勢町

調査方法(子ども及び保護者向け調査)

調査対象

  • 小学5年生とその保護者 2,264世帯
  • 中学2年生とその保護者 2,052世帯

合計 4,316世帯

※市立全45小学校と全19中学校の約半数のクラスに対し、学校での配付、郵送による回収を行いました。

調査期間

平成28年9月5日(月曜日)から9月26日(月曜日)

配付数・回収数(回収率)

  • 小学5年生
     配付数 2,264件
     回収数 1,075件(回収率 47.5%)
  • 小学5年生の保護者
     配付数 2,264件
     回収数 1,077件(回収率 47.6%)
  • 中学2年生
     配付数 2,052件
     回収数 906件(回収率 44.2%)
  • 中学2年生の保護者
     配付数 2,052件
     回収数 909件(回収率 44.3%)

子どもの生活に関する実態調査 調査結果

子ども及び保護者からの回答内容について、生活の困窮度などを基にクロス集計を行い、家庭の経済状況などが、健康面や学習面にどのような影響を与えているかを分析しました。また、支援機関等への調査により、支援上での課題を把握しました。その上で、抽出した課題を踏まえ、支援を必要とする子どもやその家庭に対する今後の支援策の考え方を、以下のとおりまとめました。