ページの先頭です
メニューの終端です。

市制施行70周年記念式典を開催しました

[2017年11月13日]

ID:7030

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多彩な企画で70周年をお祝いしました!

枚方市は平成29年8月1日に市制施行70周年を迎えました。
11月8日に枚方市市民会館大ホールで開催した記念式典には、市民や関係者約1千人の方々に来場いただき、皆さんと一緒に70周年をお祝いすることができました。


第1部は市政に貢献された方々に対する表彰式など

第1部では、オープニングに枚方市PR大使の能楽師の辰巳満次郎さんに、能楽「高砂」を披露していただきました。

能楽師・辰巳万次郎氏による能楽「高砂」
国歌・市歌の斉唱のあと、市内中学生による市民憲章の朗読、伏見市長の式辞、福留市議会議長の挨拶に続いて来賓の方々からの祝辞をいただきました。
伏見隆市長による式辞

市政に貢献された方々に対する表彰式では、前市長や元市議会議員など9人の有功者、562人と109団体の市政功労者、4人の特別功労者を表彰しました。
第1部の最後では市のキャラクター「ひこぼしくん」に魅力発信のリーダーとして枚方市をPRするよう辞令を交付しました。

市のキャラクター「ひこぼしくん」への辞令交付

第2部は舟唄に合唱、PR大使の爆笑地元トークも

第2部では、江戸時代の舟唄を保存・普及する活動を行う大塚保存会が、大阪府指定無形民俗文化財である「淀川三十石船舟唄」を披露。
大塚保存会による「淀川三十石船舟唄」

続く「枚方もんトークショー」では枚方市PR大使の足立真梨子さん(元トライアスロン ロンドン五輪選手)、たけうちちひろさん(イラストレーター・切り絵作家・絵本作家)、辰巳満次郎さん(能楽師)、真戸原直人さん(ロックバンド「アンダーグラフ」ボーカル)、森脇健児さん(タレント)の5人が登場。伏見市長も加わり、司会のタージンさん(タレント)の進行で、それぞれの貴重な所蔵写真をスライドに写しながら子ども時代の遊び場や初デートの場所など、枚方愛にあふれた地元トークが繰り広げられました。

「枚方もんトークショー」の様子
最後は枚方市少年少女合唱団とシャイニーキッズが「枚方音頭」など枚方の四季をテーマに5曲を合唱。会場の皆さんも一緒に「故郷(ふるさと)」を歌って締めくくり、多彩な企画で70周年をお祝いしました。

市制施行70周年記念式典を開催しましたへの別ルート