ページの先頭です
メニューの終端です。

転出入について

[2017年4月1日]

ID:6607

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(1)転入手続き(市外~市外)

従前居住地の市町村で転出届をし、従前在学校に届出をする。(このとき、従前学校では、「在学証明書」「転学児童生徒教科用図書給与証明書」の交付を受ける)
          ↓
保護者が市役所市民課で転入手続きをする。
          ↓
市民課で交付された「住民異動届」(学校用)と従前校で交付された「在学証明書」「転学児童生徒教科用図書給与証明書」を転入校へ提出する。


(2)転出手続き(市内~市外)

保護者が市役所市民課で、あらかじめ転出の手続きをする。
          ↓
市民課で交付された「住民異動届」を、在学校へ提出する。
          ↓
在学校で、「在学証明書」「転学児童生徒教科用図書給与証明書」の交付を受ける。
転入先の市町村で転入届をし、指定された学校へ行く。


(3)転居手続き(市内~市内)

市内転居の場合も転出入と同じ手続きをする
市民課への転居届けは、転居後でないとできない。
市外異動と違い前もって手続きはできないことになっている。


(4)土日祝日等に転居した時の手続き

転居・転入異動届けは事実発生後14日以内に届出と規定されているため、異動後の休日明けの手続きになります。
転入先の学校へ、転校に必要な「在学証明書」「転学児童生徒教科用図書給与証明書」は即日提出する事を申し出て転入受け入れをしてもらう。
保護者は、従前校へ行き、「住民異動届」を提出、「在学証明書」「転学児童生徒教科用図書給与証明書」の交付を受ける。
従前校の「住民異動届」を提出、「在学証明書」「転学児童生徒教科用図書給与証明書」を転入校へ届ける。