ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方の見どころ紹介―東部地域の里山

[2015年12月24日]

ID:4682

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東部地域の里山(とうぶちいきのさとやま)

「にほんの里100選」にも選ばれた原風景

尊延寺の里山の写真

尊延寺の里山風景

氷室(杉・尊延寺・穂谷地区)や津田といった市東部地域には、日本の原風景ともいえる里山が今も残されており、訪れる人をどこか懐かしい気持ちにさせてくれます。
里山とは、棚田やため池、雑木林など長い年月をかけて人々の暮らしと自然とが関わり合ってできたものです。
その中で、穂谷の里山は、平成21(2009)年に、「にほんの里100選」に選ばれました。
枚方市では、里山保全基本計画を策定し、東部地域に残るこの里山の豊かな自然環境を市民全体の貴重な財産として、次世代に残していくため、地権者・市民・行政が協力して保全の取り組みを行っています。
市内では、6つの里山ボランティア活動団体が竹林の整備や人工林の間伐、下草刈りなどを実践しているほか、津田国見山のおおさか環状自然歩道 国見山自然巡回緑道においては、市がデッキや案内板を設置したり、事故予防のパトロールをするなど、市民の皆さんが気軽に散策できるスポットになるよう維持管理を進めています。

  • 「にほんの里100選」とは
     朝日新聞創刊130周年、(財)森林文化協会30周年記念事業として、人々の暮らしによって育まれてきた、すこやかで美しい里を100箇所選んだものです。
     穂谷は、市民からの推薦で候補地として申請され、全国約4,500箇所の候補地から現地調査などの選考を経て、その1箇所として選定されたものです。
東部の位置を表した図

東部の位置図

東部地域の里山 概要
所在地氷室地域(杉地区・尊延寺地区・穂谷地区)、津田地域
アクセスJR片町(学研都市)線「津田駅」より徒歩または京阪バスで穂谷方面へ
備考東部地域の見どころや散策ルートを掲載した「東部の緑と里散策マップ」を市役所本館・別館受付、各支所、各生涯学習市民センターなどで配布しています。