ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方市都市再生整備計画事後評価について

[2012年3月28日]

ID:4430

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

都市再生整備計画事後評価について

市では、平成19年度より都市再生特別措置法に基づく「都市再生整備計画」を作成し、都市再生整備計画事業によるまちづくりに取り組んできました。
この制度では、計画の目標となる数値指標を事業実施前の計画段階で設定し、事後評価においてその達成状況の確認等を行うこととなっています。 又、事業がもたらした成果等を客観的に診断・分析し、今後のまちづくりを適切な方向に導く事を目的としています。
市で実施した事業のうち、「枚方南地区」および「長尾・藤阪地区」の2地区については平成23年度に、「長尾地区」については平成26年度に最終年度を迎えたことから、各地区の事後評価を行っています。
事後評価にあたっては、合理性・客観性を担保するために、市民や学識経験者で構成された枚方市都市再生整備計画事業評価委員会で、事後評価全般にわたる評価作業の適切性の確認を受けています。
なお、事後評価結果作成時に効果の測定が難しく、見込み値で評価を実施した指標については、確定値を測定できる適切な時期にフォローアップ(再評価)を行いました。