ページの先頭です
メニューの終端です。

建築物の解体工事の事前周知について

[2017年3月31日]

ID:4385

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

建築物の解体工事の事前周知について

「枚方市建築物の解体工事に伴う事前周知等に係る指導に関する要綱」を制定しました。

解体工事を行うときは、事前に周辺への説明を!

枚方市では、解体工事による紛争を未然に防止するために、「枚方市建築物の解体工事に伴う事前周知等に係る指導に関する要綱」を平成20年10月1日から施行しています。

対象となる解体工事を行う場合には、標識の設置と説明資料の配布など周辺住民への事前の周知をお願いします。主な内容は次のとおりです。

1.対象となる解体工事

建築物の解体工事で、

  1. 解体床面積の合計が80平方メートル以上のもの または
  2. 特定建設作業実施の届出を伴うもの

2.標識の設置

  • 設置時期 解体工事着手前のできるだけ早い時期から解体工事の完了時まで
  • 設置場所 建築物の敷地内で公衆の見やすい位置

3.事前周知の措置

  • 周知の時期 解体工事着手前のできるだけ早い時期に
  • 周知の対象 解体建築物の敷地に隣接する土地に居住する者または事業を営む者(注1参照)
  • 周知事項
    (1)工事期間・1日の作業時間
    (2)作業の方法
    (3)騒音・振動、粉じんの防止方法
    (4)工事関係車両の出入口・通行経路
    (5)周辺への安全対策
    (6)石綿含有建築材料(アスベスト製品)の有無(注2参照)
    (7)その他
  • 周知の方法
    次のいずれかの方法で周知を行ってください。
    (1)説明資料の配布
    (2)戸別訪問による説明
    (3)説明会の開催

注1:解体床面積の合計が500平方メートル以上の場合の周知の対象は、敷地境界線から30メートル範囲の住民等になります。
注2:石綿含有建築材料が使用されている場合は、その除去工事に関する事項を含みます。

4.事前周知の措置等の報告

標識の設置および周知措置の実施内容について、解体工事着手前に、すみやかに環境指導課へ報告してください。

5.標識設置および報告の様式例

6.要綱・リーフレット

関連リンク


建築物の解体工事の事前周知についてへの別ルート